【卒業生インタビュー】Webマーケタービビりさん

Webマーケティングスクール

こんにちは!WEBMARKSスクール運営スタッフです。

今回はWEBMARKSの講座を受講された、Webマーケターのビビりさんにお話をうかがいました。

ビビりさんの現在の活動とこれまでの経緯

――自己紹介をお願いします

ビビりという名前でサイトを運営させていただいています。以前は病院関係の仕事を5年ほどやっておりました。

その仕事をやりつつ、個人でアフィリエイトブログを2年半ほど運営していまして。そこからマーケター職への転職を考えたのですが中々転職がうまくいかず、実績を積むためにWEBMARKSに入らせていただきました。

 

――Webマーケターになろうと思ったきっかけは?

当初はWebエンジニア職を目指して1年ほどプログラミングを学び、スクールにも入って転職活動をしていました。

しかし、その中でやっぱり自分がやりたいのはマーケターだと気付きました。そしてWEBMARKSに入った次第です。

WEBMARKSの講座について

――WEBMARKSを選んだきっかけは?

たまたま1期生の方のブログを拝見して、WEBMARKSに入ろうと思いました。

ブログは「未経験でSEOの知識もほぼない状態だったにも関わらず、2~3ヶ月Webマーケティングを学んで案件獲得までできた」という内容。

それを読んで「自分ももしかしたら短期間で案件獲得できるかもしれない」と感じ、WEBMARKSに入りました。

 

――学習で工夫したことはありますか?

カリキュラムはとにかく前倒しで、常に早く終わらせようとしていました。離職していて時間はあったので、最初の2週間くらいで全カリキュラム終わったと思います。その分早めにアウトプットしたり、案件獲得に動き出す準備を進めていました。あと資格を取得したり。

特にアウトプットは重要だと思います。自分はブログ運営や、案件を通してアウトプットを意識的に実践しました。

WEBMARKSの教材や講師陣による講座が素晴らしいのはもちろんですが、やはりインプットだけでは案件獲得まで至らないと思います。自分で行動することはもちろん、講師の先生にどんどん質問したり、攻めの姿勢で臨んだ方が良いですね。

 

――WEBMARKSを受講して良かったところは?

1つは、他の受講生と交流できて、いい仲間と出会えたことです。今もtwitterでつながっていて、zoomで会話したりしています。同じ方向性(仕事)の仲間ができたことは心強いですね。

もう1つは、ブログの執筆をはじめとする行動が習慣化されたことです。今もブログは続けていますし、自分の中でブログ運営やSEOが当たり前になった点については、受講して良かったなと思います。

現在の仕事について

――フリーランスをやめて転職活動をしようとした理由は?

最初はフリーでやっていこうと思っていました。ですが、金銭的にも時間的にも余裕がなくなってきたため、いったん職に就いてスキルを磨く方にシフトしました。

 

――WEBMARKSの講座をどのように活かして内定を獲得しましたか?

内定の出た職種は、セールスライター職でした。その会社の選考では、実際の商品をPRするライティング課題が出たんです。

商品をセールスするライティングはまさに今まで自分がずっと実践してきたことだったため、WEBMARKでの経験が活かせたと思います。

また、WEBMARKSでは記事の設計書を作る工程からライティングまで、しっかり学べます。こうした学びの経験があったことも、ライティング課題にあわてず落ち着いて向き合えた1つの要因だと思いました。

これからスキルアップや転職を考えている人へのメッセージ

――これからフリーランスマーケターになりたい人へのメッセージ

個人的に、就職は自己分析が大切だと思います。なぜWebマーケターになりたいのか、なった後にどうしたいのか、といったことはどの会社でも聞かれました。

これには自分が納得できるような、一貫した答えを見つける必要があると思います。あきらめず、自分に「なぜ」を問い続けてしっくりくる答えを見つけてみてください。頑張ってください!

 

――これからWEBMARKSを受講するか検討されている方へのメッセージ

Webマーケターになる覚悟と行動し続ける意志は、受講前の大前提です。こうした前提のある方にとって、WEBMARKSは全面的にサポートしてくれる良い環境だと思います。

ぜひ恵まれた環境をフル活用してください。僕も今頑張っている最中ですので、どこかでお会いできたらうれしいです。

 

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

TOP