【やめとけ】Webマーケティング職に未経験で就くのが厳しい理由6つ

7期生
フリーランスの仕事がハードな理由と記載した図
  • Webマーケティングがオススメって聞いたけど未経験だと転職厳しいってホント?
  • いきなり転職活動を始めても大丈夫?…努力がムダになったって思いたくないなあ…
  • 未経験だと厳しいならどうすれば転職できる?副業から始めるのはアリ?

そういった疑問やお悩みを持つ方向けに、Webマーケティング職に未経験の方が転職・副業・独立するのは厳しいのかどうか【ホントのところ】をお伝えします。読了後には未経験でもミスマッチなく高確率で希望のWebマーケターになれる【最短ルート】が分かる内容となっています。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング未経験者の転職が厳しい理由

仕事に就けない理由を示した図

Webマーケティング未経験者の転職が厳しい理由結論からいえば、Webマーケティング職に全くの未経験で転職するのは厳しいといえます。

Webマーケティングについてあまり知識を持たずに転職活動をしても期待通りの成果を出せず、「時間をムダにしてしまった…」と後悔する可能性が高いです。

特に第二新卒ではない20代後半以降の方は未経験募集と書いてあっても厳しい環境といえるでしょう。

ではなぜ未経験の方だとWebマーケティング職に転職するのが厳しいと言われているのでしょうか。

専門性の高いスキルが求められる

理由の1つは、技術職のように専門性の高いスキルが求められるためです。Webマーケティングのスキルは様々ありますが、中でもWeb広告運用、SNS運用、SEO対策、アクセス解析のスキルは専門性が高く、全くの未経験だと戦力として活躍できるまでに時間がかかってしまいます。

雇用する企業としても教育にコストをかけるよりは経験者を採用した方が時間も費用もかけずに利益を生んでくれるため、未経験者の採用は慎重になってしまうでしょう。

特にWebマーケティング業界は資金に余裕のないベンチャー企業も多く、教育にコストをかけられないという現実的な理由もあります。

実績が求められる

「ブログやSNSを運用し、月に○○円稼いだ経験がある」というような実績が求められることも未経験での転職が厳しい理由の1つです。

仮にWebマーケティングに関する資格を取ったり、独学で勉強し知識があることを証明してもそれが仕事に活かせるかどうかは別と見られてしまいます。

知識があるかどうかも重要ですが、知識によって生み出した「成果」がないと転職は厳しいでしょう。とはいえ、資格を持っていれば一定の評価には繋がりますので、始めの一歩として資格取得を目指すことはオススメです。

Webマーケティングに限らず未経験は厳しい

そもそもの話ではありますが、コロナ禍もあり採用を控えている企業はWebマーケティング業界に限らず多いため、未経験での転職は厳しいといえます。

最近ではじわじわと回復しつつある有効求人倍率ですが、依然としてコロナ禍前の水準には戻っておらず景気は後退したままです。

未経験のポテンシャル採用でも20代前半の方や前職での経験が活かせる方、または基礎能力が高い方でないと選考をくぐり抜けることは難しいといえるでしょう。

また未経験者を積極的に採用している場合、人員が足りていないために極端に残業時間が多いこともあり注意が必要です。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング未経験者の副業・独立が厳しい理由

フリーランスの仕事がハードな理由と記載した図
  • Webマーケティング未経験者の転職が厳しいのは分かったけど、それなら副業から始めるのはどうなの?
  • 転職が無理なら思い切ってフリーランサーになるのは?
  • いっそのことブロガーやアフィリエイターとして独立するのは?

転職が厳しいことを知り、そのように考える方もいることでしょう。確かに正社員採用よりもコスト面で企業の導入ハードルが下がるために、(驚く方もいるかもしれませんが)副業・独立=業務委託を請け負うフリーランサーの方が実は未経験でもWebマーケターになりやすいというのは事実です。

その理由は後述するとして、未経験で副業Webマーケターまたはフリーランサーとして始める場合も転職とは異なる厳しい側面があります。まずはWebマーケティング未経験者の副業・独立が厳しいと思われる理由を見てみましょう。

仕事がとれない

まず一つは、営業をかけても仕事が取れないことが挙げられます。Webライティングなど単価の安い仕事であれば獲得できる可能性は高いですが、Webマーケティング業務ではやはり実績がないとなかなか仕事に結びつかないことも多いでしょう。

また、自分で営業をかけていくことになるため、精神的にも厳しい状況といえます。そのため、仕事を獲得するためには単発のライティング案件の受注経験や自分のブログやSNSの成果など小さな実績からコツコツと積み上げていくことが必要となります。

実績を作るのに時間がかかる

しかし、コツコツと実績を積み上げようにも未経験だと時間がかかってしまうのが辛いところです。単発のWebライティング案件やブログで記事を投稿しても検索順位が上位に上がってくるまでには時間がかかりますし、ノウハウがないとなかなか上位を取ることも難しいです。

SNSでフォロワーを集めるのにもノウハウが必要ですし、時間もかかります。特に副業で始める場合、本業の傍ら未経験かつ独学で実績を作るのは時間がかかりすぎてしまい途中で諦めることになりかねません。

資金繰りが厳しい【独立の場合】

では「フリーランサーとして独立すれば時間もできるし、なんとかなるのではないか」と言われれば、今度は資金繰りの問題が出てきます。Webマーケティングはネット環境とPCさえあれば仕事ができるため、最小限のコストで始められるビジネスです。

しかし、独立しても、所得税、住民税、国民年金や国民健康保険などの支払いは必要です。独立して収入がない状態でも問題ないほどの資産があれば別ですが、そうでなければタイムリミットがある中での活動となるため、未経験で独立するのはリスクがあり厳しいといえるでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングは【完全】未経験だと厳しい

経験を積めば仕事が取れることを記載した図

ここまでご覧になった方は「え…それじゃWebマーケティング職は第二新卒でない未経験者にとっては転職も副業もフリーランサーとして働くことも全部厳しいってこと!?」とお考えになるかもしれません。

しかし、「全くの」未経験でなければ希望はあります。つまり、Webマーケティングについて専門知識を学び、それを元に実践した経験を「少しでも」積むことさえできれば、上記の厳しい条件はクリアできるということです(詳しい方法は後述します)。

実は【完全】未経験でさえなければ、Webマーケティング業界は他の業界と比べて圧倒的に転職・副業・独立がしやすい業界なんです。特に独立=フリーランサーを目指す場合はかなりの高確率でWebマーケターになれるといえます。

Webマーケティングの需要は高い

他の業界との大きな違いはWebマーケティングの需要は高く、その上拡大し続けていることです。テレビCMなど他のメディアからインターネット広告へのシフトが進んでおり、インターネット広告の市場規模は2020年度の約2.1兆円から2024年度には約3.3兆円まで拡大すると予測されています。

つまり、Webマーケティングによる売上アップを求める企業は多くおり、今後さらに増えていくことが予測されているということです。では、Webマーケティングの需要が高く、さらに拡大し続けるとどうなるのでしょう。

Webマーケティング職は人材難

需要が急激に高まると業界全体で人材不足に陥ります。人材不足になれば当然企業は採用に力を入れます。しかし、正社員採用はリスクがあり、未経験の方を多く採用すれば人件費に加えて教育コストがかかってしまいます。

採用に失敗すれば教育コストや人件費がかかるだけでなく、採用した人物が取引先企業に貢献できないことで、信頼関係に影響を与えてしまうかもしれません。結果として、「全くの」未経験者の採用はリスクがあり、どうしても採用までの道のりが厳しいものになってしまいます。

そこに、少しでも「成果」のある、社会人として経験もある人材が応募してきたとなればどうでしょうか。企業の採用ハードルは一気に下がるはずです。これが「全くの」未経験でなければ圧倒的に転職しやすい理由です。

一方、Webマーケティングを導入したいと考える企業側は、内製化したり、新たに正社員のWebマーケターを採用するリスクを負うことなく、より安い費用で導入する方法はないかと考えています。

結果として多くの企業が外部委託をすることを選びますが、全ての企業がWebマーケティング会社を選ぶ訳ではなく、比較的安い料金で1社に時間をかけて仕事をしてくれるフリーランサーを選ぶ企業も多くいます。

すると個人のフリーランサー(あるいは副業Webマーケター)のうち実績のある人材に依頼が集中するということが起きます。依頼が集中しても、個人でできる仕事量にも限界があります。

そこで、多少見劣りする実績でもそこそこの成果を上げているフリーランサーや副業Webマーケターにも十分に案件が回ってくるということです。その上、転職の場合はまずは書類審査があり、多いときで4回、平均して3回ほど面接を乗り越え、しかも最終面接の相手は重役だったりと何かとハードルが高くなりがちですが、業務委託の場合、企業の担当者と1回面接を行い、そこで問題なければ契約締結となることが多く、転職よりも非常にハードルが低いといえます。

これが「全くの」未経験でなければ副業・独立がしやすい理由です。「でも、その少しの実績の作り方が分からないから困ってるんだけど…」「さっそく経験を積むための行動を始めたいんだけどどうすればいいの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

実績を作るためには、まずWeb広告、SNS、SEOから専門領域を定める必要があります。しかし、ここで一つ注意点があります。それは各種Webマーケティング業務とのミスマッチです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

【ズレ】Webマーケティングに未経験だと仕事が厳しい

ミスマッチに注意と記載された図

Webマーケティングの業務内容について詳しく知らずに未経験で就職し、働き出してからミスマッチだったと感じる場合、多くの方はその後の仕事が厳しいものになります。特に未経験の方の場合、部署を選べず希望の職種に配属されなかったり、知識がないために細かい職種を選ばず「Webマーケティング全般」にむやみに応募するケースがあります。

仮に未経験のまま転職活動を始めるとしても、自分の身を守るためには正しい知識を得て、希望の職種を定めてから活動することをオススメします。また、副業や独立をする上でも専門領域をどこに定めるのか、自分に向いている専門性を身に付けることで成果を出すまでのスピードが大きく変わるでしょう。

実績を出すための方法について知る前に、まずはご自身がどのWebマーケティング手法に向いているのか、またはミスマッチが起きやすいのかを見定めましょう。

営業職採用のリスク

そもそもの話になりますが、Webマーケティング職を希望していても営業職として採用される可能性があることに注意してください。「Webマーケティング」「業種・職種未経験OK」で求人を探しているとよく見るのは営業職採用の求人です。

「Webマーケティング」のカテゴリに入っていながら営業職採用として求人を出していたり、あとからWebマーケティング施策の実行部署に異動できると謳っている求人も多いです。

未経験で転職活動が上手くいかない場合、だんだんと気持ちが沈んでしまい、「営業から入ってもあとから部署異動できるならそこに賭けてみようかな…」と少し外れた道を選んでしまう方もいるかもしれません。

しかし、会社に自分の命運を託す選択は避けた方が無難でしょうし、少なくとも年単位で異動の辞令を待つことになります。一歩ずつでもWebマーケティングの経験を積み上げる方が結果として最短ルートになるため初心を忘れないようにしましょう。

Web広告運用業務とのミスマッチ

プライベートを大事に、仕事はそこそこ頑張りたいと考えている方はWeb広告運用業務とミスマッチを起こす可能性が高いです。

Web広告運用はクライアント企業から広告予算を預かり、預かった予算を使ってクライアント企業の商品やサービスの広告を出稿し、広告をクリックしたユーザーにその商品やサービスを購入してもらうことで売上を増やすビジネスです。

Web広告運用業務の特徴は瞬く間に広告費が減っていくために、PDCAを素早く回すことが求められることです。広告費用に対していくら売上があったか、数字ではっきりと示されるため非常にシビアな世界といえます。

極端な話ですが、100万円を使って100万円しか売上がなかった場合、企業からするとコストがかかる分マイナスになるためすぐに契約打ち切りということにもなるでしょう。

とにかく毎日が改善の繰り返しになるため、高い要求を満たすための日々の努力が苦ではない方や多少の忙しさもはねのけるバイタリティーがある方でないと厳しい労働環境となってしまうでしょう。

逆を言えば、忙しくとも日々の成長を楽しめる方やバイタリティーに自信がある方にとっては大きく稼げる可能性もあり向いていると考えられます。

SNS運用業務とのミスマッチ

最新のトレンドを日々追いかけるのが苦手な方や印象管理が苦手な方はミスマッチを起こす可能性が高いでしょう。SNS運用業務は、SNSを利用し、商品・サービス・ブランドのファンを獲得する仕事です。

フォロワーを増やすために、「いいね!」をもらいやすい投稿を考え、商品やサービスを宣伝するために拡散力のある情報発信を行います。時には自社のイメージにあったインフルエンサーを探し出し、自社の宣伝に協力してもらえるよう交渉することもあります。

フォロワーを増やすためには常に最新のトレンドを追いかけ、日々の更新に活かすことが求められます。また、フォロワーとのやり取りや投稿をする際に不用意な発言で企業のブランドイメージを損ねることがあってはいけないため、印象管理能力が必要不可欠です。

SNSが元々苦手だったり、あまり利用したことがない方にとっては向いていないと感じてしまうこともあるでしょう。一方で普段からSNSに慣れ親しんでおり、すでに個人アカウントでフォロワーが多数いるような方にとっては天職といえる仕事となるかもしれません。

SEO対策業務とのミスマッチ

学び続けることが苦手な方、細かいことにこだわれない方、コミュニケーションが苦手な方、保守的だったり変化がキライな方はSEO対策には向いていないかもしれません。

SEOといえば今の主流はコンテンツマーケティングです。コンテンツマーケティングでは企業のオウンドメディア(企業ブログなど)を一緒に育てていきます。具体的には、商品やサービスの購入につながる内容で検索順位の上位を取れる記事を納品しオウンドメディアによる集客力を向上させ売上に貢献します。

毎日のように更新されていくGoogleのアップデート情報や最新のWebマーケティング手法について学び続けることが必要とされ、常に変化する状況に対応する姿勢が求められます。また、検索結果からユーザーの心理を見抜くスキルが求められるため、細かなニュアンスの違いなどにこだわれる方が向いています。

加えて、企業と一緒にサイトを育てていくことになるため、担当者とコミュニケーションを取り、相手の意図を汲み取り、うまくこちらの意図を伝えるスキルが必要です。好奇心旺盛で成長や変化を楽しむことができ、細部にこだわりつつも、バランスを考えてうまくコミュニケーションが取れる方にはピッタリな仕事といえるでしょう。

自分に向いているWebマーケティング業務が見つかれば、あとはどう実績を積み上げていくかを理解して行動あるのみです。では、未経験からWebマーケティングで成果を出すためにはどのような方法があるのでしょうか。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング未経験者が厳しい環境を覆す方法

未経験者が厳しい環境を覆す方法を示した図

ここまでWebマーケティング未経験者にとって現在の環境がなぜ厳しいのかについて解説してきました。「業務内容の詳細を知ることでミスマッチをなくし、希望のWebマーケティング手法で少しでいいから成果を出すことが重要」だと理解していただけたかと思います。

ここからはその厳しい環境を覆す、実績を積み上げるための方法をご紹介します。

独学で知識をつける

まずはとにかく知識が必要です。ブログやSNSでいきなり実践する前にノウハウを知ることで効率的に成果を出せます。主な方法として関連書籍を読んだり、セミナーに参加することなどがあげられます。どちらも比較的安く始めることができるため、実績作りの準備として最適でしょう。

ブログやSNSで実践してみる

知識やノウハウを吸収したら、あとは実践あるのみです。Webマーケティングのいいところは個人で経験を積むことができるところです。ブログは安く済ませればドメイン代やサーバー代のみで始めることもできますし、SNSは無料でアカウントを作れます。

SEOに興味のある方はブログで記事を作成し、検索結果の上位を獲得する経験を重ねましょう。または、PV数を増やしたり、アフィリエイトで稼いだ経験があれば十分に「実績」として認めてもらえることでしょう。

SNSマーケターを目指す方はフォロワー数を増やし、まずはナノインフルエンサーレベルの1000人を目指すとよいでしょう。Instagramなどでジャンルを特化し、フォロワー数を増やすことができれば商品提供のみの場合もありますが、PR案件を依頼されるようになります。

それなりの時間はかかりますが、トライ&エラーを繰り返し毎日コツコツと努力すれば着実に成果を出すことができるでしょう。

Webマーケティングスクールに通う

ブログやSNSで実績を作るためには、試行錯誤が必要なためある程度時間が必要ですが、Webマーケティングスクールに通えば3か月程度の短い期間で知識を吸収し、ノウハウを元に一気に実績を作ることが可能です。

特にWeb広告運用はブログやSNSのように個人で実績を作ることが難しいため、広告運用に興味がある方はWebマーケティングスクールに通うべきでしょう。また、SEOに特化したスクールの場合、早い人だと講義期間中に実績を作り転職や独立に成功している人が多いです。

  • とにかく早く転職(独立)したい
  • お金がかかっても最短ルートがいい

こんな方は、希望のWebマーケティング手法について学べるスクールに思い切って通ってみることをオススメします!

思い切って転職活動をしてみる

未経験でもいっそのこと転職活動してみるという方法もあります。業務内容についてあまり知らずに飛び込むことになるため、ミスマッチがあったり、なかなか内定が取れず時間をムダにするなどのリスクがありますが、第二新卒の方や20代前半の方などまだポテンシャルで採用してもらえる可能性のある方は思い切って転職活動をしてみるのもよいでしょう。

一方で、リスクを避け着実に可能性を上げてから行動したい人にはあまりオススメできない方法です。書籍やセミナー、ブログ、スクールで学習し、少しでも実績を積んでから転職活動を始める方が無難といえます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

【40代でも】未経験でも転職できるスクール紹介!

パソコンでWebマーケティングをする男性

ここまでご覧になった方の中には以下のようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

  • 未経験でも最短で転職できる方法はないかな?
  • 場所も時間も選ばず自由に働くことに憧れる!
  • 将来が不安…年収を上げる方法は何かないだろうか

結論、未経験でも、どの年代の方でも、高収入で自由なWebマーケターへの転職、フリーランスへの転身は可能です。WEBMARKSの講義を受講すれば、最短3か月で【未経験から】Webマーケティング会社への転職が実現できます!

またSEO特化型スクールであるWEBMARKSでは、未経験から始めて卒業後には安定して収入を得ているフリーランスのWebマーケターを続出させています!大学生の方、30代の方、40代の方、それぞれみなさん卒業後にご活躍されています。

WEBMARKSでは、未経験から独立し今では複数の大手クライアント案件を担当している代表の鈴木が、みずから教鞭を取り少人数制で講義を行います。

>>WEBMARKS代表・鈴木のプロフィール

少人数制だからこそ分からないことがあってもすぐに解決でき、卒業するまではもちろんWebマーケターとしての転職や案件獲得までの道のりを徹底的にサポートします。まずはSEO特化型WebマーケティングスクールのWEBMARKSが、どのように未経験から「転職できる」「稼げる」マーケターを輩出しているのかご覧ください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

この記事を書いた人
TerayamaYuki
TerayamaYuki
UCSDに留学経験のある日英バイリンガル|大手教育関連会社で営業・企画・生徒指導など多岐にわたる業務を経験|一度しかない人生を会社員で終わらせたくないと考え独立を志す|SEOに強い中小企業診断士としての独立を目指し、資格の学習と並行してWebマーケティングを学び始める|WEBMARKS第7期生
このライターの記事を見る
TOP