【必見】Webマーケティングに必要なスキル11選をやさしく解説!

7期生

「Webマーケティングには特別なスキルが必要なのかな。」

「Webマーケティング職に転職するなら今の自分じゃスキル不足?どう学べばいいんだろう…」

そういった方向けに、Webマーケティングに必要なスキルを下記の【11個】にまとめ、やさしく解説していきます。

必要なスキル応用編 必要なスキル基本編

本記事ではWebマーケティングのスキルについて基本編と応用編に分けて詳しく解説していくほか、Webマーケティングの仕事内容や資格、どのように学べばいいかをお伝えします。

未経験でもWebマーケティング業界に転職したい方やどうすればWebマーケターになれるのか悩んでいる方は本記事を参考にスキルアップやキャリアチェンジに活かしてください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングの仕事内容

デスクで考え事をする女性

Webマーケティングの仕事は「Webを通じて商品やサービスが売れる仕組みを作ること」です。売れる仕組みを作るための業務は大きく4つに分けられます。

  • Webサイトへの集客
  • Webサイトからの購入を促す
  • リピーターの獲得
  • アクセス解析

順番に解説していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webサイトへの集客

Webサイトを作るだけでは「Webでモノを売る仕組みを作る」ことはできません。商品やサービスを購入してくれる顧客を自社のWebサイトに集客することが必要です。Webサイトへの集客方法は「SEO(Search Engine Optimization)」と「Web広告」の大きく2つに分けられます。

SEO(Search Engine Optimization)

SEOとは検索エンジン最適化とも呼ばれ、GoogleやYahoo!の検索結果画面の上位に自社サイトが位置するように様々な施策を実施することを言います。施策の結果、検索結果画面の上位を取れると多くの人が自社サイトに流入してくれるようになります。

SEO対策は様々ありますが、一般的にはユーザーの悩みを解決するような記事を投稿したり、ユーザーにとって使いやすいようにサイト全体の仕組みを改善したりすることで検索結果上位を狙うことを表しています。

Web広告

Web広告はWeb上の様々なメディアの広告のことを指します。Google、Yahoo!などの検索結果画面に「広告」と表示のあるリスティング広告や画像や動画などのディスプレイ広告、Twitter、FacebookなどのSNS広告などがあります。

広告を見た人に自社の商品やサービスをアピールすることでクリックする人を増やし、自社サイトへの流入を増やします。

Webサイトからの購入を促す

サイトに人を集めたら、今度はより購入を促すように商品やサービスを買ってもらう道のりを整えます。具体的には、ユーザーにとって分かりやすく使いやすい商品やサービスの紹介ページになるように作り変えます。

例えば、ユーザーの視線の動きに合わせてサイトのデザインを変更したり、キャッチコピーを変えてみたり、トライ&エラーを繰り返します。

リピーターの獲得

商品を購入してくれたユーザーにはもう一度商品を購入してくれるよう促すことやファンとなってもらい他のユーザーに紹介してもらうことを促します。リピーターの獲得方法は下記の3つが代表的です。

  • メールマガジン
  • LINE
  • SNS

メルマガやLINEの登録を促進し、登録してくれたユーザーに定期的に配信し続けることで次の購入や紹介に繋がります。

サイトに訪れたユーザーが商品やサービスの購入に至るまでの導線を整えるだけでなく、メルマガなどの登録を促し、LTV(顧客生涯価値)向上のための導線を作ることもWebマーケティングの仕事内容の1つです。

アクセス解析

集客、購入促進、リピーター作りのために必要な情報を収集・分析をするための仕事がアクセス解析です。集客からリピーター作りまで、いずれのプロセスにおいても思いつきで施策を検討することはありません。

サイトに来訪したユーザーのデータを様々な角度から検証し、仮説を立て、次の打ち手を決めていきます。アクセス解析のためのツールは多くありますが、基本的にアクセス解析といえばGoogleアナリティクスを解析することを言います。

Webマーケティングに必要なスキル【基本編】

基本的なスキル

Webマーケティングに必要な基本のスキルは下記の5つです。

必要なスキル応用編

業務に直結するスキルではなく、Webマーケティングで結果を出すための原動力や根幹となるスキルです。スポーツで言えば、サッカーや野球をするための「筋肉」のようなイメージをすると分かりやすいかもしれません。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

マーケティング全般の知識

マーケティング全般の知識とはマーケティングに関連する専門用語のことです。マーケティングに正解はありませんが、先人たちが見つけ出した基本的な法則やルールは存在しています。

Webマーケティングは売上やブランディングに関わるため、取引先企業の担当者や事業部長の方など様々な関係者とコミュニケーションを取ることになります。共通言語としてマーケティング全般の知識があるとコミュニケーションを円滑に進めることができます。

論理的思考力

論理的思考力とは因果関係を言語化し導きだす能力のことをいいます。論理的思考力が高いということは「原因と結果のつながりを推定する力」が高いということです。例えば、Web上の集客は上手くいっていてもなかなか商品の購入に結びついていないとします。

ここで「それは商品が悪いからだ!」と決めつけてしまうとそれは論理の飛躍となります。
一方で、アクセス解析をし「どうやらクリックした先のページのさらに先の申込ページで購入をやめてるぞ、購入ページになにか不具合でもあるのかもしれない」と仮説を立てることができれば論理的に思考できていることになります。

このように、Webマーケティングではアウトプット(事実・結果)からインプット(手段)を推定し、また反対に、インプットからアウトプットを推定するスキルが必要です。

コミュニケーション力

コミュニケーション力とは相手の意図を聞き出し、こちらの意図を伝えるスキルのことです。Webマーケティング施策を実施する際に、取引先企業の担当者から誰にどの商品をどう売りたいのかなどを聞き出します。

そこで得た情報を元に施策を考え、さらにできることやできないことなど期待感の調整をしていきます。このコミュニケーションに食い違いが生じると全体の施策に影響が出るためコミュニケーション力は根幹のスキルといえるでしょう。

情報収集・分析のスキル

情報収集・分析のスキルとは、「日々アップデートされていくWebマーケティングに関する情報を収集し自分の中に落とし込むスキル」と「Webサイトのアクセスログを精度の高い切り口で収集・分析していくスキル」のことです。

Webマーケティング業界ではGoogleのアップデートが日々繰り返され昨日まで常識だったことが覆されることがよくあります。そこにキャッチアップするべく正しい情報を収集し自分のものにする力が求められます。

また大量のアクセスログに対して、課題解決の糸口となるような情報を精度の高い切り口で収集・分析し次の打ち手に活かしていくスキルも重要です。

GoogleWorkplaceやOfficeの基本操作スキル

GoogleWorkplaceやOfficeの基本操作スキルとはGoogleWorkplaceやOfficeのドキュメント(ワード)、スプレッドシート(エクセル)、スライド(パワーポイント)をある程度使いこなすスキルのことをいいます。

Webマーケティングの施策の提案をする際に提案書をスライドで作成し、構成案をスプレッドシートでまとめ、投稿する記事や広告をドキュメントで提出することが多くあります。

アプリケーションの使い方が分からないと、分かりやすく自分の言いたいことを伝えられないことにも繋がるため重要な基本スキルといえるでしょう。

Webマーケティングに必要なスキル【応用編】

応用編のスキル

Webマーケティングに必要な応用のスキルは下記の6つです。

必要なスキル基本編

業務に直結するスキルであり、実際にアウトプットしながらでないと学ぶのが難しいスキルです。スポーツで言えば、サッカーや野球をするための「技術」のようなイメージをすると分かりやすいかもしれません。

Webマーケターは6つの応用スキルのうち全てを持っていることは少なく、どれか一つのスキルに特化したり、または掛け合わせて仕事をしていることが多いです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング戦略を立案するスキル

Webマーケティング戦略を立案するスキルとはクライアント企業から聞き出した課題などに対して適切な戦略を立案するスキルのことです。WebマーケターはSEOに強いマーケター、Web広告に強いマーケター、SNS運用に強いマーケターなど得意な分野が分かれています。

Webマーケターは自分にできる分野で課題解決に繋がる方法を検討し提案していきます。

SEO対策に必要なスキル

SEO対策に必要なスキルとは検索順位の上位を自社サイトが獲得するために必要な知識を運用するスキルのことです。Googleのアルゴリズムに対する一定の知識やユーザーの検索意図(ニーズ)の把握などコンテンツマーケティングの知識などが求められます。

Web広告に必要なスキル

Web広告に必要なスキルとはリスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告などのインターネット広告を運用し売上を伸ばすスキルです。どのターゲットに、どの広告を、どのように打ち出して、どこに誘導し、どのように購入してもらうのかデータを分析しながら仮説を立て商品やサービスに合った施策を実行していきます。

SNS運用のスキル

SNS運用のスキルとはTwitter、Instagram、Facebook、TikTokなど人気のSNSにおいてフォロワー数を増やし、ブランディングの醸成や顧客ロイヤリティの獲得で売上に貢献するスキルです。

SNSで検索し直接購入するユーザーも多くおり、SNS運用により大きく売上に貢献することもできます。

アクセス解析スキル

アクセス解析スキルはGoogleアナリティクスなどアクセス解析ツールでデータを分析し、仮説を立て、Webサイトの改善などの提案をするスキルのことを言います。解析ツールには大量のデータがあるため、闇雲に調査するのではなく感度の高い切り口から分析するスキルが求められます。

また、自分だけが理解できるだけでは意味がありません。関係者にも分かりやすいように、分析結果や仮説、さらに次の施策の提案まで分かりやすくレポートするスキルも重要です。

基本的なHTML・CSSの知識

Webマーケティングには基本的なHTML・CSSなどのプログラミング言語の知識もあるとよいでしょう。とはいえ、本格的に学ぶ必要はありません。あくまでもエンジニアの方とコミュニケーションを取るときに困らない程度の基本的な知識で十分です。

HTML・CSSの知識を身につけておくとWebマーケティング施策を提案する際に柔軟な対応が可能になります。

Webマーケティングスキルをアピールする資格

knowladgeと書かれた本とマグカップ

Webマーケティングのスキルをアピールできる資格の中でも特にオススメの資格はウェブ解析士とGoogleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)です。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

ウェブ解析士

ウェブ解析士とはアクセス解析やWebマーケティングの知識を一定以上保有していることを証明する資格です。アクセス解析だけにとどまらず、マーケティング全般の知識や解析士としての心構えなど多くのことを学ぶことができます。

Webマーケティングについて未経験の初学者にとっても網羅的に知識を習得できる点でオススメの資格といえます。また、ウェブ解析士資格を保有していることで一定以上の知識があると企業の担当者にも認めてもらえるでしょう。

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)とはGoogleアナリティクスに関する専門用語や操作方法の知識を一定以上保有していることを証明する資格です。

Googleアナリティクスはほとんど全ての企業サイトで導入されており、またどのWebマーケティング手法においても最終的に企業サイトに集客をすることになるため、Googleアナリティクスに関する知識はWebマーケターにとって必要不可欠といえます。

いつでも無料で受験ができ、学習もWeb上で完結するため未経験の方でも挑戦しやすい資格です。

Webマーケティングスキルを学ぶ方法

Webマーケティングを学ぶ方法

Webマーケティングに求められるスキルを学ぶ方法は大きく分けて4つあります。導入や継続の難易度と高価か安価かに焦点を当ててご紹介します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

独学でインプットする

独学で知識をインプットする主な方法には書籍を読むことやセミナーに参加することがあげられます。セミナーは無料で参加できることが多いですし、書籍も比較的安く購入できるため、金銭面から検討すると導入しやすい方法です。

一方で独学の場合は一人で疑問を解決しなければならないことや情報を共有しあえる仲間が作りづらい点において継続が難しいといえます。また書籍の場合は最新の情報に弱いというデメリットがあります。

独学でスキルを得たい場合にはSNSで情報共有ができるアカウントを作ることも検討するとよいでしょう。

ブログでアウトプットしながらスキルを磨く

ブログでアウトプットしながら実践的なスキルを磨く方法もあります。安く済ませればドメイン代やサーバー代のみで始めることもできます。一方で独学に比べると導入が難しく、また導入したものの記事を投稿しても成果が出ずに継続ができないということもあります。

独学である程度知識をインプットした後にアウトプットする場としてブログを始めてみることをオススメします。

スクールで即戦力のスキルを学ぶ

Webマーケティングスクールに通うことで即戦力のスキルを学べます。カリキュラムに沿って学ぶことでWebマーケティングに必要な一連のスキルセットを得ることができます。疑問があっても講師がいればすぐに解決できるのでモチベーションも維持しやすいでしょう。

また、スクールによっては学友と切磋琢磨することで、今後Webマーケティングで仕事をする上で有益な人脈を築くこともできるでしょう。金銭面での負担が大きいことがネックとなりますが、未経験でもWebマーケターに転職するにはスクールに通うことが最短ルートといえます。

「WEBMARKS」転職・副業で仕事をしながらスキルを得る

転職・副業で仕事をしながらスキルを得る方法もあります。未経験でも転職できる企業を探して思い切って転職したり、ブログで成果を出してクラウドソーシングで副業するのも一つの手です。

ただし、実績を重視するWebマーケティング業界では未経験の場合だと最初から転職や副業をするのはハードルが高いと感じるかもしれません。書籍やセミナー、ブログ、スクールで学習し、少しでも経験を積んでから転職活動をすれば内定をもらえる可能性が大きく上がるでしょう。

未経験でも転職できる!WEBMARKS紹介

「未経験でも転職できるのだろうか」「人生を変えたいと思っているけど自分にできるのだろうか」「年収を上げる方法は何かないだろうか」など、お悩みの方はいませんか。結論、未経験でも高年収のWebマーケターへの転職、フリーランスへの転身では可能です。

大学生の方、30代の方、50代の方、それぞれみなさん卒業後にご活躍されています。現役で大手クライアント案件を担当しているWEBMARKS代表の鈴木がみずから教鞭をとり、少人数制で講義を行います。

>>WEBMARKS代表・鈴木のプロフィール

少人数制だからこそ分からないことがあってもすぐに解決でき、卒業するまではもちろんWebマーケターになるまでの道のりを徹底的にサポートします。まずはSEO特化型WebマーケティングスクールのWEBMARKSが、どのように未経験から「転職できる」「稼げる」マーケターを輩出しているのかご覧ください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

この記事を書いた人
TerayamaYuki
TerayamaYuki
UCSDに留学経験のある日英バイリンガル|大手教育関連会社で営業・企画・生徒指導など多岐にわたる業務を経験|一度しかない人生を会社員で終わらせたくないと考え独立を志す|SEOに強い中小企業診断士としての独立を目指し、資格の学習と並行してWebマーケティングを学び始める|WEBMARKS第7期生
このライターの記事を見る
TOP