育成プログラム

【未経験者向け】Webマーケティングの仕事内容とは?

【未経験者向け】Webマーケティングの仕事内容とは?

Webを使ったサービスが増えてきている昨今、Webを活用したマーケティングか欠かせなくなってきています。

それに伴い、Webマーケターの需要も右肩上がりです。

しかし、一口にWebマーケティングと言っても仕事内容の幅が広く、未経験者にとっては想像しにくいかもしれません。

「Webマーケティングの仕事内容がよく分からない」

「Webマーケティングの仕事の種類が知りたい」

と疑問を抱えている方もいるのではないのでしょうか。

今回の記事では、Webマーケティングの種類から、仕事内容まで幅広く解説していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングの種類

Webマーケティングの種類

Webマーケティングの種類は大きく分けて以下の4種類です。

  • SEO
  • 広告運用
  • SNS運用
  • LPO

どれか1つだけを行うのではなく、一緒に行うことで相乗効果が生まれ、大きく集客できるようになります。

Webマーケティング全般に必要なスキルはクライアントの課題を理解して、解決することです。各種類がどのようなことを行っているか学んでいきましょう。

SEO

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジンで検索を行った際、自社のサイトが競合よりも上位に表示されるように、Webサイトを作成・調整することです。

以前は、他のWebサイトからたくさんのリンクを貼ってもらう被リンク対策が有効でしたが、近年はユーザーにとって有益なコンテンツを作成することがSEOにとって重要になってきています。

Webサイトに検索キーワードを多く登場させるだけでは、Webサイトは高評価を得られません。

ユーザーにとって見やすい、使いやすいWebサイトが高評価を得られます。

広告と比較した際のSEOのメリットは、予算をかけずに施策を行えるということです。

広告運用

Webサイトの流入を増やす施策として広告の運用があります。

代表的なものがリスティング広告と呼ばれる、検索結果のページに表示される広告です。

検索結果に関連した広告を、検索結果の上下に表示されているのを見たことある方もいると思います。

検索キーワードにマッチした広告が表示されるため、購買意欲のあるユーザーを効率よく掲載元のサイトへ誘導することができます。

マーケティング担当者は、「どのキーワードで設定していくか」「リスティングにどれくらいの予算を割けるか」「広告の効果はどのくらいか」データを元に施策を実行していく必要があります。

SNS運用

LINE、Instagram、Facebook、TwitterなどのSNS運用もWebマーケターの仕事です。

企業はSNS上で自社のサービス情報を載せたり、イベントの告知や、特定のメディアの記事をシェアしたりなど、SNSを使ってユーザーにアピールをします。

例えば、「特定のハッシュタグをつけてツイートすれば何名様に商品があたる」などのように、ユーザーが参加してプレゼントをもらえるような企画を展開することがあります。

プレゼント企画のようなキャンペーンを行うことで、企業の集客率が上がるだけでなく、企業の認知を上げることができます。

LPO

LP(Landing Page)とは、検索結果のやWeb広告を経由してユーザーが最初に訪れるページです。

LPを最適化することをLPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)といいます。

ランディングページを改善して、ユーザーの離脱率を下げたり、成約率を上げることがLPOの目的です。

LPOを行うことで、「商品の購入数を増やしたい」「登録者数を増やしたい」などの悩みを解決できます。

LPOの一般的な改善としてファーストビューの改善であったり、ユーザーが目的のページにたどり着くように改善したり、などがあります。

LPOの改善は効果測定が大事です。いくら良いページに改善できたとはいえ、成約率が下がっていては意味がありません。

そのため、データを元に指標を立て、もっとも成果の施策を記録していくことが重要になります。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングの仕事内容とは

Webマーケティングの仕事内容とは

Webマーケティングの仕事内容は、集客施策を立てるところから、リピーターを獲得するまでです。

仕事内容の幅が広いため、今回は大きく分けて以下の3つを紹介します。

  • 集客施策の提案と実行
  • アクセス解析を行う
  • 新規リードの獲取得とリピーターの取得

集客施策の提案と実行

集客と一口に言っても、顧客にはまだ存在を知らない潜在顧客、これから商品を買ってくれそうな見込み顧客、初めて利用してくれる新規顧客や、何度も利用してくれているリピーター客がいます。

Webマーケティングでは多くのユーザーを集める集客が非常に重要です。

例えば、SEOであれば、キーワードを調査したり、競合分析をした上でコンテンツを制作したりなどの集客施策の提案と実行を行います。

アクセス解析を行う

Webマーケターとしてマーケティングの業務を行う場合、アクセス解析のスキルが必須です。

Googleアナリティクス(GA)などのアクセス解析ツールを利用して、定期的にユーザーのアクセス状況や、サイトの離脱率・直帰率、コンバージョンの経路を確認します。

WebマーケターはGAのアクセス解析から得られた情報から改善案を考え実施し、改善後どのような効果が得られたかデータで確認する必要があります。

新規リードの取得とリピーターの取得

リードとは、見込み客そのもの、見込み客がもつ情報のことを指します。

リードを獲得することを、リードジェネレーションと表現し、多くの企業はリードの獲得を目標に掲げています。

ビジネスを成長させるには、より多くの新規顧客を獲得することが重要だからです。

いくら素晴らしい製品を開発しても、買ってくれる顧客がいなければ意味がありません。そのため、企業はリードを獲得する必要があります。

さらに、獲得した顧客が一度しか商品を購入してくれないのであれば、永遠に新規顧客やリードを獲得し続けなければなりません。より効率的に売上を伸ばすため、ユーザー満足度を上げ、リピート率を上げることも重要になります。

ユーザーの満足度が上がれば、口コミなどで人気が広がり、新規リードの獲得にもつながります。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング職に向いている人

Webマーケティング職に向いている人

Webマーケティングの仕事内容をふまえて、向いている人の特徴を紹介します。

マーケティングの仕事は自分で能動的に活動していくスキルが求められます。

言われたことだけをやっていたいタイプの人には向かない仕事でしょう。

3.1.論理的思考力

論理的に考えられるかどうかは、Webマーケティングにおいて重要な項目です。

なぜなら、Webマーケティングは以下ような流れで仕事を進めることが多いためです。

  1. 課題分析
  2. 仮説構築
  3. 施策立案
  4. 検証
  5. 改善
  6. 再検証

なぜ、課題が発生しているか、どのようにすれば改善できるのかなど、データを元に論理的に改善していく必要があります。

「なんとなくこう思います」、「なんとなく改善しました」ではなく説得力のあるロジックが必要です。

コミュニケーション能力

Webマーケターは1日中パソコンに向かって作業していると思われがちですが、クライアントとのコミュニケーションを円滑に図るためのコミュニケーション能力が必要です。

クライアントの抱えている問題から、どのような施策が適しているか見極めて、提案していきます。

相手の意図をくみ取り、伝えるコミュニケーション能力もWebマーケターには欠かせません。

商品を買ってくれるのも、サイトに訪れてくれるのも、すべて人です。

どのようにしたらユーザーがサイトを訪れたくなるか、使いやすくなるかなど、ユーザーの心理や行動を考える人がWebマーケターには向いています。

情報収集力

Webマーケティングは変化の激しい業界です。

Webマーケティングの最新の手法は日々アップデートされており、日頃から新しい情報を意識的に取り入れておく必要があります。

世間のトレンドや新しいことに敏感であったり、新しいことに挑戦するのが好きな好奇心旺盛な人が、Webマーケターに向いています。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングに必要なスキルを取得するには

Webマーケティングに必要なスキルを学ぶ’方法は、以下の3つがあります。

  • 書籍を読む
  • 自分のメディアを運営する
  • Webマーケティングスクールに通う

インプットした知識はどんどんアウトプットしていくことで、定着率が高くなります。

身につけた知識は自身のブログなどで積極的に活用していきましょう。

書籍を読む

書籍で学ぶと体系的に学習することができ、情報量に対してのコストパフォーマンスが高いのもメリットです。

Webマーケティングはまったくの初心者という人は書籍から勉強していくことがおすすめです。

しかし、「Webマーケティングに関連する書籍が多くてどの本を選べばよいかわからない」という方は、こちらの記事を参考に選んでください。

自分のメディアを運用する

Webマーケティングスキルを早く身につけたいなら、ブログなどのメディアを運営することがおすすめです。

なぜなら、メディアを運営することがそのままWebマーケティングの仕事内容に直結しているからです。

どのようにブログのアクセス数を増やすのか、どうすれば検索順位を上げられるのかなど、ユーザーの反応をみながらメディアを改善していくサイクル自体が、Webマーケティングの仕事内容そのものと言えます。

Webマーケティングスクールに通う

自分1人ではどうしても学習が難しい、モチベーションを維持することができないという方は、Webマーケティングスクールで学ぶのも1つの選択です。

スクールに通うとある程度のコストは必要ですが、Webマーケターに必要な知識を短期間で効率的に学ぶことができます。

効率的にスキルを身につけたい方は、スクールで身につけた基礎知識を、自身のブログなどで活かしていきましょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

まとめ:未経験でもWebマーケティングの仕事内容を経験できる

Webマーケティングとは、Webで物が売れ続ける仕組みを作ることです。とても地道でコツコツやっていく仕事です。

しかし、成果が数字で見えておもしろさややりがいを感じられる仕事でもあります。

自分のメディアを運営することで、Webマーケティングの一連の流れを学習することはできますが、成果が出るのに時間がかかります。

そこで、弊社ではSEOのスキル・知識を身に付け、完全未経験から就職・フリーランスを目指せるオンラインスクールを運営しています。

未経験・初心者から3ヶ月で案件を獲得できる方法なども提供しています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

「【おすすめ】Webマーケティングスクール!未経験・初心者から3ヶ月でWebマーケター!」

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

TOP