Webマーケティングに向いてる人の特徴7選!向いてない人の特徴も解説

Webマーケター
SEOの重要性
  • 「Webマーケティング職に挑戦してみたいけど自分は向いているのか?」
  • 「Webマーケティング職に向いている人ってどんな人なのか?」

そういった方向けに、Webマーケティングに向いている人、向いていない人の特徴を紹介していきます。この記事を読めば、あなたがWebマーケティングに向いてるかどうか判断できます。

そもそもWebマーケティングとは?

パソコンに向かう黒人男性

Webマーケティングとは、Webを中心に行うマーケティング活動のことを指します。Webサイトに人を呼び込み、サイト上に掲載されている商品やサービスの購入を促すための活動です。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングの仕事領域

Webマーケティングの仕事領域は非常に広いです。Webサイトを通じて商品やサービスの購入につなげるために、さまざまな施策を行うことがWebマーケティングの仕事の核となります。

具体的には下記のような仕事があります。

  • Web広告を使ってWebサイトへの流入を増やす
  • Webサイトを訪れる人がすぐに内容を理解できるように情報を最適化する
  • Webサイトに訪れている人のデータを分析する

このように、Webマーケティングの仕事は多岐にわたります。Webマーケティングの仕事内容の詳細は、以下の記事も参考にしてみてください。

Webマーケティングに向いている人の特徴7選

パソコンに向かう男性

Webマーケティングの仕事内容は多岐にわたりますが、Webマーケティング職に興味がある、または挑戦してみたい人にとって、自分はWebマーケティングに向いているのかどうかは気になるはずです。

そこで、Webマーケティングの仕事内容や業務の性質を踏まえ、Webマーケティングに向いている人の特徴を7つにまとめました。

  • 論理的思考(ロジカルシンキング)ができる人
  • PDCAを回すことができる人
  • 人の行動心理に興味が持てる、気遣いができる人
  • データ分析など数字が好きな人
  • 自分で考えて主体的に行動できる人
  • 地道なことにも粘り強く取り組める人
  • コミュニケーション力・調整力がある人

それでは、なぜこれらの特徴が重要なのか、Webマーケティングの仕事内容についても触れながら詳しく解説していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

1.論理的思考(ロジカルシンキング)ができる人

普段から論理的、ロジカルに物事を考えるのが得意な人はWebマーケティングに向いています。

たとえば、クライアントから「Webサイトからのお問い合わせ内容を増やしたい」という依頼があった場合、「Webサイトからの問い合わせが少ないのはなぜか? 」「どこを改善したらお問合せが増えるのか? 」というように、筋道を立てて考えることが必要となります。

現状の課題を的確に把握し、それを改善するための改善策を立て、それらを順序立てて考えていくことがより良い施策に繋がるのです。

2.PDCAを回すことができる人

PDCAを回していくのが苦痛でない人、常に改善意識を持っている人はWebマーケティングに向いています。Webマーケティングの仕事は基本的にPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の繰り返しです。

常に論理的に物事を考えることが重要ですが、改善策を考えて終わりではありません。大事なのは改善策を実行し、客観的に評価をし、更なる改善を図ることです。

3.人の行動心理に興味が持てる、気遣いができる人

人の行動心理に興味が持てる人や、常に周りの人に気遣いができる人はWebマーケティングに向いています。PDCAを実施する時に大事なことが「人の行動心理に寄り添うこと」です。

自分が本当に求めている情報が得られる、価値の高いWebサイトにユーザーは集まります。

Webサイトを訪れる人はどんな悩みを抱えていて、何を知りたいのか、いかにユーザーの目線に立って考えられるか、ニーズに合った情報を届けられるかがポイントとなります。

4.データ分析など数字が好きな人

データ分析が好きである人や、結果を目に見える形で残したい人はWebマーケティングに向いています。

Webマーケティングの仕事はWebサイトへのアクセス数やユーザー数がどのくらい増えたのか、CTR(クリック率)やCVR(購入率)がどのくらい改善されたかなど、常に数字が関係します。

蓄積されたデータを分析したり、自分が行ったことがダイレクトに数字で出てくる方が良いという人は、Webマーケティングと相性が良いです。

5.自分で考えて主体的に行動できる人

受け身ではなく、自ら考えて動くことができる人はWebマーケティングに向いています。Webマーケティングの仕事はカバーする領域も広いため、振られた仕事だけではなく自ら考え、主体的に提案・行動していく必要があります。

たとえば、Web広告やSNS広告などは、自分で実際に運用・検証をしていくことが求められます。そのため、主体的に行動していくことはマストでしょう。

6.地道なことにも粘り強く取り組める人

地道なことに対しても粘り強く取り組める人はWebマーケティングに向いています。Webマーケティングは一見華やかに思えるものの、実はかなり地道な仕事だからです。

結果が出るまで少しずつ改善を続けたり、長時間データと向き合うことも多かったりします。

6.コミュニケーション力・調整力がある人

人とのコミュニケーションが上手な人、調整力がある人はWebマーケティングに向いています。Webマーケティングでは、多くの人と連携してプロジェクトを進めていくことも多いです。

たとえば、小規模なキャンペーンであっても、複数の人が関わっていることがよくあります。特別にコミュニケーション力が高いという必要はありません。

しかし、周りの人やクライアントの意見を読み取って施策に反映する能力や、方向性を調整していく能力は求められます。

Webマーケティングに向いてない人の特徴3選

椅子に座り足元を見る女性

あなたがWebマーケティングに向いているかどうか、参考になりましたでしょうか。続いては、Webマーケティングに向いていない人の特徴を解説します。

今まで説明したように、Webマーケティングは、常に新しいことに取り組んだり、新しい知識を学んでいく必要があります。もし、あなたがこのような性格に当てはまらなければ、Webマーケティングに向いていないかもしれません。

それでは、Webマーケティングに向いていない人の特徴を3つご紹介します。

  • ずっと同じ作業をしていたい人
  • スキルアップに興味がない人
  • SNSなどインターネットにまったく興味がない人

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

1.ずっと同じ作業をしていたい人

何も考えずにできる単純作業を好む人は、Webマーケティングは向いていません。Webマーケティングの仕事は、改善策を考えて実行することの繰り返しです。

また、仕事内容が多岐にわたるため、さまざまな業務をマルチタスクでこなし、変化にも臨機応変に対応していく必要があります。

同じ作業や単純作業の繰り返しが好き、深く考えるような仕事をしたくない人にはWebマーケティングは合わないでしょう。

2.スキルアップに興味がない人

前述の通り、Webマーケティングの領域は幅広く、必要なスキルも日々変動していきます。そのため、日々学び続けるという覚悟が必要です。積極的に勉強をしたり、常に情報をインプットをしていくことに抵抗がある人は、Webマーケティングには向いていません。

3.SNSやWebサービスにまったく興味がない人

SNSやIT、Webサービスなど、インターネットにまったく興味がない人だと、Webマーケティングの仕事をしていくのは難しいでしょう。

もし興味があれば、自分でも積極的に情報を取り込むことができ、仕事の成果にもつながるでしょう。しかし興味がなければ良い施策も思いつきませんし、仕事のモチベーションにも関わります。

未経験からWebマーケティングに挑戦する方法

リュックを背負って川辺で深呼吸する女性

あなたがWebマーケティングに向いているかどうか、少しでも参考になりましたでしょうか。では次に、未経験からWebマーケティングに挑戦する場合に、どのような方法があるのかご紹介します。

  • 所属している会社のWebマーケティング部門に異動をする
  • Webマーケティング会社に就職・転職をする
  • Webマーケティングのスクールに通う

下記の記事にも詳しい方法が書いてありますので、ぜひ参考にしてください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

まとめ:Webマーケティングに向いている人とは?

Webマーケティングに向いている人の特徴を、改めて確認しましょう。

  • 論理的思考(ロジカルシンキング)ができる人
  • PDCAを回すことができる人
  • 人の行動心理に興味が持てる、気遣いができる人
  • データ分析など数字が好きな人
  • 自分で考えて主体的に行動できる人
  • 地道なことにも粘り強く取り組める人
  • コミュニケーション力・調整力がある人
  • 論理的に考えること、主体的な姿勢が大切!

論理的に考える能力と主体的な姿勢が、Webマーケティングの仕事をする上で欠かせない要素です。

ユーザーの目線に立ち、本当に必要な情報は何かを考える。そして、ユーザーために主体的に取り組んでいく姿勢があれば、あなたはきっと素敵なWebマーケターになれるはずです。

Webマーケティングは今後も伸びていく業界であり、多くの企業でも人材が求められています。実際、未経験からWebマーケティングに挑戦する方もとても多いです。

そのため、あなたがWebマーケティングをやってみたい、または自分に向いてそうだと思ったならぜひ挑戦してみてください。

この記事を書いた人
川田夏希
川田夏希
言語聴覚士として医療機器メーカーのマーケティング部に5年間在籍。販促イベントや動画制作などの販促企画に従事しつつ、講師として延べ200回以上の講演を実施→30歳で未経験からWebマーケティング会社に転職。WEBMARKS 「Webマーケター養成スクール」第4期生としてWebマーケティングを学ぶ。
このライターの記事を見る
TOP