【30代未経験】WEBマーケティング業界へ転職はできる?

Webマーケティングスクール
GoogleショッピングはGoogleから検索から検索した後の画面から入れます

新型コロナウイルスの流行により、リモート勤務が推奨されるなど、働く環境は大きく変化しています。

そして環境の変化に伴い、注目される職種・業界が増えているのも事実です。中でも、ネットのあらゆるチャネルを活用し集客し、売上に貢献するWebマーケティングは人気を集めています。

しかし「30代未経験で転職は出来るのか?」「30代でキャリアチェンジ出来るのか?」と不安を抱える人も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では上記の悩みについて、Webマーケター養成スクールを運営する弊社が解説します。

30代未経験でもWebマーケティング業界への転職は可能!

スーツの前ボタンを閉める男性

結論として、30代職種未経験でも転職は可能です。筆者も別職種ではありますが、30代未経験での転職をしたので、不安はわかります。もちろん簡単なものではありませんでしたが、とりわけ門戸が狭いという印象はありませんでした。

確かに年齢は転職にあたり、企業が重視する条件ではありますが、絶対条件ではありません。それよりも、人柄や仕事への熱意、将来性が重視されると考えた方が良いでしょう。

以下ではどのような準備が必要か、そしてなぜ転職が可能なのかを説明していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

30代未経験でも諦めてはいけない

「30代職種未経験での転職」というと、難しいイメージを持つ人も多いでしょう。同じ30代でもなるべく若い方が良いという考え方は間違いないです。

30代前半は、プロ野球でいえば「育成枠」が使えるギリギリの年齢。つまり、実績はなくても「ポテンシャル」に投資をしてくれる限界点です。

ただし、Web関係の仕事は制作からライティング、更にマーケティングなど個人でできる活動の幅が広いため、実績を作ることは決して難しい話ではありません。

副業が盛んに取り上げられるようになったこともあり、従来の転職活動と違って、クラウドソーシングサイトなどのプラットフォームを活用することで、ポートフォリオや実績に繋げやすくなっているといえます。

もちろん、「誰でも簡単に」という話ではなく、以下のような一般的な転職活動と同じ準備は必要です。

  • キャリアの棚卸し
  • 転職理由・職種志望理由の明記
  • 今後の意気込み・採用のメリット

上記は経験・未経験問わず必要な準備となりますので、転職を考える際は、あらかじめまとめておくと良いでしょう。

Webマーケティング業界への志望動機をまとめる方法については、WEBMARKS内の別記事でまとめてますので、ぜひ参考にしてみてください。

30代未経験でも転職可能な理由

では、上記を踏まえて30代未経験でも転職可能といえる理由を説明していきます。主な理由は以下の2点です。

  • 業界が右肩上がりに成長
  • 業界の成長と裏腹に、人材の不足

以下2つの調査結果を用いて、業界の成長について述べていきます。

株式会社矢野経済研究所の調査結果では2023年度まで右肩上がりの推移を見せており、新型コロナウイルスによる生活変化を踏まえても、決して誇張した数字とはいえないことがわかります。

また、大手広告代理店である株式会社電通の調査によれば、テレビや新聞を中心とした所謂「※4マス」の広告費を、ネット広告費が上回るなどWebマーケティング業界は成長を続ける一方です。

※4マス:テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の4媒体のこと。

上記調査結果からわかるように、Webマーケティング業界の成長は右肩上がりです。市場の成長に伴い人材への需要が高まることが考えられるため、比較的転職しやすいといえるのではないでしょうか。

では続いて、Webマーケティングの概要やメリット・デメリットについて見てみましょう。

Webマーケティングとはそもそも何か

WEbカメラの付いたパソコンの前で手ぶりをする男性

今までの説明から、業界の成長とそれに伴う人材の不足について理解できたと思います。情報を得る手段が従来のようなテレビ・新聞からインターネットへ移行しており、非対面での営業活動が求められる昨今において、Webマーケティングの重要性は増すばかりです。

以下では、Webマーケティングの概要及びその重要性について述べていきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、Webサイト・Webサービスにより、多くの消費者をインターネット上で集め、売上に繋げるための一連の活動です。

一言でいえば、SNSやブログ・広告などを用いて、マーケティング活動をしていくことを指します。ただし、Webマーケティングといっても、以下のように目的によって手法や役割が違います。

  • SEO(検索エンジン最適化)→集客
  • リスティング広告(検索連動型広告)→集客
  • バナー広告→集客・リピート
  • SNS運用→集客・リピート
  • メールマガジン→リピート

上記は各種施策の一例であり、一口にWebマーケティングと言っても扱う対象は非常に広いです。一連の施策を一気通貫で請け負う会社もあれば、SEOや広告に特化した会社もあり、それぞれの特徴を持っています。

応募する際は、自身ががどのようなスキルを磨いていきたいのか、またはアピールしていきたいのかを踏まえて検討していきましょう。

Webマーケティングの重要性

新型コロナウイルスの流行に伴い、企業のマーケティング活動は展示会やイベントの中止、更に商談数の減少など大きなマイナス影響を受けています。一方で、感染対策として「オンラインセミナー活用」が効果を発揮しました。

今後も各種MAツールを活用したリード顧客の獲得や、更なるツールを活用した営業・マーケティング活動のデジタルシフトが進み、Webマーケティングの重要性は増していくことは間違いありません。

マーケティング部隊・ツールと一体となったデータドリブンな営業活動が主流になることで、今後Webマーケティングに関わらず、あらゆる職種が果たす役割も変化してくるのではないでしょうか。

30代未経験がWebマーケティング業界へ転職するメリット

メリットと書かれた単語帳

なぜ「30代未経験でもWebマーケティング業界へ転職は可能」といえるのか。広告市場の動向から、新型コロナウイルスの流行に伴うWebマーケティングの需要の高まりについて理解できたと思います。

以下では、実際に30代未経験からWebマーケティング業界へ転職した際のメリットについて説明していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

専門スキルを身につけることができる

Webマーケティングは目的によって施策が異なり、様々なスキルが必要とされる仕事です。総合的に請け負う会社から専業会社まであることからわかるように、扱う商材は多岐にわたります。

いずれの施策であっても専門的な知見やスキルは必須です。3年程しっかりと業界で仕事をすれば、業界や業種の仕事の流れは一通り理解できます。

その経験が自身の次なるキャリア形成の「武器」となるのは間違いありません。市場動向や重要性でも触れたように、今後もますます必要とされるスキルであることから、専門スキルを持つ人材の価値は高まることでしょう。

だからこそ、自身が「どのような施策を行い、顧客に価値を生めるのか」をよく考えた上でスキルを選び、極めていくことが大切です。

副業に役立つ

副業については、キャリア形成や自己実現に有効であるという見解から、政府が公式に副業を推進しています。

Webマーケティングは副業との親和性が高く、スキルを身につけることで副業へも応用・展開することが可能です。

広告運用を本業にしていれば運用をコンサルティングしたり、SEOを学んでマーケティングや各種施策の案件へ参加、更にブログ運用など、さまざまな副業が考えられます。

多様な働き方に対応

Webマーケティングを仕事にするにあたり、必要なものはパソコン一台です。各種施策の企画や実行、更に効果測定など全てがパソコン一台で完結することもあり、働く場所に囚われないのは大きなメリットです。

顧客との業務だけでなく、日々のコミュニケーションはZoom等各種会議ツールやチャットツールを用いて行うことで可能であり、自身の好きな場所で働くことも決して夢ではありません。

30代未経験がWebマーケティング業界へ転職するデメリット

水色の背景に虫眼鏡

ここまで30代未経験からWebマーケティング業界へ転職するメリットやその可能性について述べてきました。ただし、Webマーケティング業界への転職はメリットばかりではありません。

以下では未経験で転職するからこそ生じるデメリットについて述べていきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

年収が下がる

どの業界へチャレンジするにしても、業界や職種未経験で転職する場合は年収が下がる可能性が高いです。

もちろん基礎知識などを独学で勉強し、一通りの知識を身につけていても、企業が求めるのは実務経験であり、どうしても未経験者への評価は低くなります。

これに対しては将来性があると考えて割り切るか、今までの経験スキルと掛け合わせ(営業×WEBマーケティング)て年収を維持するなどの工夫が必要です。

ただし年収だけでは企業の価値は測れないことがほとんど。就業にあたり雰囲気や教育体制、福利厚生なども踏まえ総合的に判断していきましょう。

最新知識・トレンドのキャッチアップが必要

Web業界に限らず、IT関係の業種は知識やトレンドの変化が非常に早いです。「数年前の流行=時代遅れ」となっていることもあります。

自身のやり方や経験に固執せず、常に新しい知識や手法をキャッチアップし、理解していくことが求められます。

知識だけでなく各種ツールについても同様であり、日々勉強する内容は多岐に渡るため、日々インプットとアウトプットを意識して行動する必要があるのです。

売上に直結するため、プレッシャーが大きい

Webマーケティングの顧客にとって、重要なのは施策ではなく「売上を出すこと」です。売上を伸ばすこと=顧客の企業活動、更にその先にある従業員の生活に直結するといっても過言ではありません。

営業職も同様ですが、結果が出なければ切り捨てられる厳しい世界でもあることから、見返りが少なく感じることもあるでしょう。

リモートの働き方が主流になるからこそ、上記のようなプレッシャーへの耐性や感情面のマネジメントも考えておくと良いでしょう。

30代未経験からWebマーケティング業界へ転職するために

階段を上る足

30代未経験でWebマーケティング業界へ転職するにあたり、どのようなメリット・デメリットがあるかを見てきました。

以下では転職をよりスムーズに行うため、そしてさらに自分の可能性を高めるためにどのようなことが必要かを解説していきます。

全てが必須ではないですが、一連の流れを把握して「未経験」というハンディギャップを跳ね返しましょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

関連書籍を読む

Webマーケティングに必要な知識を習得するにあたり、関連書籍を使って勉強する方法があります。

広告やSEOなど領域に特化した書物から、Webマーケティング全般の体系的な書物まで各種豊富にあります。インターネットで検索すればたくさんの記事が溢れており、知識の習得には困ることはないでしょう。

事なのは数ある領域の中から自身が注力する領域を選定し、勉強をしていくことです。

ブログ開設・SNS開設と運用

個人でWebマーケティングを学ぶ手段の一つに、ブログ運用があります。ブログのテーマ選定や、対象読者のターゲティング、そしてキーワード選定などを通して、SEOの施策を体感することができます。

また、日々の勉強のアウトプットとして活用することで、自身の学習内容を整理することもできるため、一石二鳥です。

そしてブログ運営と並行して行いたいのは、SNSの開設と運用。Webサイトへの集客にあたり、SNSから流入する流れが注目を集めており、特定のSNSを運用するノウハウを持つ人材への評価も高まっています。

日々のアウトプットとしても有効活用しつつ、SNS運用のノウハウを学びましょう。

スクールで学ぶ

「書籍やWebページなど、独学では限界がある!」という方におすすめなのが、スクールの受講です。講義の中でアウトプットを促されることで、知識の整理・理解につながります。

Webマーケティングの注目度が高まるに伴って、実務経験者からノウハウを得ることができるWebマーケティングスクールも注目を集めるようになってきました。

ただし、一口にスクールといっても、講座の内容や形式はそれぞれ違います。何を学ぶのかを明確にした上で、学習形式や費用面など諸条件を考慮して決めていきましょう。

学んだ内容で、副業案件へチャレンジ

上記の流れで基本的な知識や用語の理解ができたら、実際に各種クラウドソーシングサイトを活用し、副業案件へチャレンジしましょう。

実績がない状態でのスタートのため、最初は満足いく金額や内容の案件に出会えることが少ないかもしれません。しかし継続することで、納得感のある案件に出会える可能性が高くなります。

何より実務未経験の状態から、「経験あり」としてアピールできる経験を手に入れることができるため、ぜひ活用していきましょう。

Webマーケティング業界転職後のキャリアプラン

ソファーに座ってノートパソコンを見る男性

ここまでWebマーケティング業界へ転職するために必要なことについて解説してきました。以下では、実際にWebマーケティング業界へ転職した後、どのようなキャリアプランを積めるのか説明していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

企業のマーケターとして経験を積む

1つは企業へ転職したのち、マーケターとして数年間勤務し、メンバーからマネージャー・ディレクターなどへ昇進していくパターンです。

数年間Webマーケティングの職種に従事し結果を残すことによって、収入面でも安定し、年収アップも期待できます。何より共に働くメンバーからも、専門的な知見や経験を学べるのは大きなメリットです。

昇進・昇給に伴い生活が豊かになることと同時に、最終的にCMOなどの役職も視野に入ってくることでしょう。

副業で収入を得る

次に本業として勤務を続ける傍ら、副業してWebマーケティングの各種案件に入り、収入を得ていくパターンです。専門知識を持つ人材が不足していることもあり、経験と実績を持つマーケターの存在はとても貴重なものとなります。

「副業で実績を作る→SNS・ブログへ発信→更に集客が可能になる」という好循環が期待でき、副業への工数次第ではかなりの収入が期待できます。

起業やフリーランスとして独立

数年間事業会社での勤務を経て、フリーランスとして独立をするというのも一つの手です。場合によっては会社員時代より収入を得ることも可能であり、専門スキルを手に入れれば、より生活の自由度が高まる可能性も少なくありません。

また専門知識を身に付けることで、個人として会社を立ち上げることも可能です。業界や市場の成長に人材の供給が追いついていないこともあり、会社を軌道に乗せることも夢ではありません。

転職してキャリア・収入アップを実現

事業会社で数年経験を経たのち、役職や収入アップを狙って転職するのもおすすめです。
平均年齢の若い会社が多いWeb企業では、どうしても収入が頭打ちになったり、上限金額が低かったりする可能性があります。

Webマーケティングにこれから注力しようとしている大企業に転職することで、キャリアアップと収入アップを実現できます。マネジメント経験を身に付ければ、更に市場価値をあげることができます。

未経験からの転職を実現するために、一歩を踏み出そう

30代未経験からのWebマーケティング転職について解説してきました。年齢を考えて躊躇することも多いかもしれませんが、知識のインプット・アウトプットのサイクルがあれば、決して難しいことではありません。

むしろ副業によって実務経験を積むことができるという点と、市場の成長を考えると、転職の難易度は決して高くないといえます。

いずれにしても大切なのは、本記事を「読むだけ」ではなく、読み終わった後の「行動」へ繋げていくことです。

今後のキャリアの選択肢を増やすために、小さくても確実な一歩を踏み出しましょう。

この記事を書いた人
出口貴也
出口貴也
大学卒業後、鉄道会社にて勤務。駅員→車掌→運転士と経験し、大手Sierに転職。鉄道会社向けのAI導入を提案しつつ、自身の体験をブログに綴ったことをきっかけにWEBマーケティングやライティングに興味を持つ。現在はWEBライティングをメインに、SEOを学んでディレクションやマーケターとしてのキャリアを模索中。
このライターの記事を見る
TOP