Webマーケティングは大変?やりがいは?初学者が徹底解説!

Webマーケター
SEOの重要性

「Webマーケティングってどのくらい大変?」

「正直しんどい?」

「魅力とやりがいが知りたい!」

「どんな仕事が大変だったのか具体的に知りたい」

Webマーケティング業界は華やかなイメージが強く、働き方も自由な印象が多いため、憧れる人や働きたい人が多い職業です。

一方で「業務量が多く大変」、「結果が出なくてしんどい」などの声も多く耳にします。

そこで今回はWebマーケティングスクールで学び、実際のマーケターから直接話を聞いた私が、Webマーケティング業界で大変なことややりがい、魅力をお伝えしていきます。

Webマーケティング業界に挑戦しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

この記事の結論は、以下のとおり。

  • Webマーケティング業界は大変だけどやりがいや魅力の方が大きい
  • Webマーケティングは将来役に立つスキルが多く身につく夢がある職業

本記事でわかることは、以下のとおりです。

  • Webマーケティングの大変なこと・しんどいこと
  • Webマーケティングのやりがい・魅力
  • Webマーケターになる方法

Webマーケティングとは?仕事内容を紹介

印刷されたグラフを指し示すまずWebマーケティングの仕事内容を簡単に紹介します。そもそもマーケティングとは何を指すのでしょうか?ウィキペディアでは以下のように説明されています。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す

引用元:Wikipedia

つまり顧客が求める商品やサービスをつくり、その情報を的確に顧客へ届け、顧客が価値を適切に得れる環境を作るということです。

ではWebマーケティングの仕事の種類には、どんなものがあるのか説明していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングの仕事の種類

  • SEO対策
  • MEO対策
  • Google、Yahoo!のキーワード広告
  • Google、Yahoo!のディスプレイ広告
  • SNS広告
  • SNSアカウントに記事投稿

上記のとおり、Webマーケティングの仕事は多岐に渡ります。主流なところでは「SEO対策」「広告運用」がマーケティングの大きな柱になります。

Webマーケティングの仕事内容に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

Webマーケティングの仕事内容

マーケティングの仕事は「集客・分析・改善」の3つに大きく分かれます。ここではホームページの集客・分析・改善を例にしてみましょう。

ホームページに集客する

私たちが普段目にするホームページは、記事を投稿したり、作成しただけでは見られることはありません。集客して初めて見てもらえて、サービスを認知してもらえるようになります。

多くの人にサービスや商品を知ってもらい、購入・お問い合わせをしてもらうための手段を講じ、売上を立てていきます。

ホームページを分析する

ホームページに人が集まりすぐに商品を購入してくれればいいですが、多くの場合、最初はうまくいきません。初期段階ではホームページにアクセスされても何も行動せず、離脱していくことが圧倒的に多いのが実情です。

考えられる原因は主に以下のとおり。

  • ホームページが使いにくい
  • 商品に関する情報が乱雑していてわかりにくい
  • 他の商品と検討中なので今は購入しない
  • 商品自体を魅力に感じなかった など

せっかくホームページに来訪してもらえたのに、注文に繋がらず離脱されてしまった、ということもしばしば。そんな悲劇を減らすため、サイトを分析して改善点を見つけていきます。

ホームページを改善する

たとえばアクセス数を変えずに「注文率」を改善すると以下のような効果が出ます。

改善前改善後
アクセス2000人2000人
注文率2%5%
注文数40件100件

アクセス数は同じですが、注文率を改善することで注文件数は倍以上になりました。

このように分析で見つけた改善ポイントに施策を行なっていきます。広告費をたくさん使っても、ホームページが改善されなければ結果につながりません。

集客した後はホームページを日々改善し、売上を上げる仕組みづくりが必要です。

Webマーケターの詳しい仕事内容に関しては以下の記事をご覧ください。

Webマーケティングで大変なこと・しんどいこと

パソコンに向かいながら電話をかける男性

ここからはWebマーケティング業界の大変なこと、しんどいことを5つ紹介していきます。

正直、Webマーケティング業界は大変です。習得する技術レベルも高くしんどいことも多いため、一人前のマーケターになるには相応の覚悟が必要です。

強いプロ意識を持って楽しみながら仕事ができないと、Webマーケターとして仕事を続けていくことはできません。しかしこの壁を乗り越えると、Webマーケターとして明るい未来が見えてきます。それでは1つずつ紹介していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

100%の正解がない

そもそもWebマーケティングに確実な正解はありません。それはマーケティングの外部環境が変化したり、自社の内部環境やステージによって抱える課題が変化していくからです。

たとえば、外部環境の変化例は以下のとおり。

  • Google検索順位を決めるアルゴリズムの変化
  • Google広告、Yahoo!広告でできる施策の変化
  • SNSの仕様変更

内部環境では、以下のような変化があります。

  • マーケティングにかける費用が変更になった
  • 新事業をスタートするためホームページを刷新する
  • 自社Webチームに人事異動があり体制が変わった

このような目まぐるしい変化の中でWebマーケターとして最善を尽くし、正解を導き出す。それがWebマーケターの仕事であり醍醐味でもあるのです。

思うような成果が出なくてしんどい

Webマーケティングは、目標が数値で明確に決められていることがほとんどです。良くも悪くも数字となって可視化されます。

予想していた成果が出ないと、当然ながら叱咤されたり、詰められるケースもあります。最悪の場合クライアントからの信頼を失い、担当変更や代理店変更が求められるケースも。

そもそもマーケティング施策には短期で成果を出すものと、長期で成果を出すものに分かれます。

短期で成果を出す代表例は、広告出稿です。お金を払ってすぐに効果を実感できるものがほとんどで、短期で成果を出したいときに有効といえます。

長期で成果を出す代表例は、SEO対策です。検索結果の上位表示を狙うために、半年以上しっかり積み上げていく施策がほとんどで時間がかかります。

このように中長期的に見ると、クライアントの資産となる施策が多いため、成果をせがまれるケースも多いでしょう。短期的な施策か、長期的な施策かクライアントと認識を揃えておく必要があります。

情報のキャッチアップが大変

Webマーケティング業界は、日々新しい技術やサービスが誕生しています。トレンド変化も早いため「数ヶ月前まで有効だった手法が、今は使えない」というケースもあります。

Webマーケターとして業界の最新情報を取得し、自分で積極的に調べていく姿勢がないと、精度の高い施策が実施できなくなってしまうことにもなりかねません。

たとえば、少し前まではGoogleなど検索エンジンを使用して調べる方法が主流でした。しかし近年の若い世代は、TwitterやInstagramなどのSNSを使って検索する方法をメインとしているデータがあります。

このようにトレンドが変化すると、SEOの知識だけでなく、SNSマーケティングの知識も、Webマーケターに求められるようになります。

作業量が多く大変

Webマーケティング業界は作業量が多く大変な職業です。下記は一例ですが、このような業務があります。

  • Webサイト制作管理
  • サイトのデザイン構成構築・打ち合わせ
  • SEO、広告出稿、SNS対策などの集客施策
  • 市場調査、仮説検証、アクセス解析などの分析作業
  • 顧客リスト管理、戦略立案
  • 特定商取引法、個人情報保護法などのコンプライアンス対応
  • サイト管理、保全対応

何社もクライアントを担当し、進捗管理やレポート作成、依頼対応など次から次へと仕事が出てきます。

がむしゃらに仕事に取り組んでいるだけだと仕事が溜まり、あっという間に時間がなくなります。いかに効率よく業務を行うか、改良し続ける必要があります。

ちなみにWebマーケターにとってExcelやPC操作スキルは必須項目。ショートカットキーの活用やエクセル関数が、一定程度身に付いていないと仕事になりません。ぜひ習得しておきましょう。

数値管理や分析が難しい

Webマーケティングでは数値管理、数値分析が必須です。数値で相手を説得する場面も出てくるので、数字に対する苦手意識があるなら、早めに慣れておきましょう。

数値で説明する例は、以下のとおり。

  • Twitter経由でサイトにアクセスしてきた人はどのくらいいる?
  • Google検索からサイトにアクセスしてきた人はどのくらいいる?
  • サイトを閲覧した人が新商品を購入した人はどのくらいいる?

数値で説明することにより、説得力が数倍にもなるのです。なお、数値の分析力をつけるには業界必須ツールのGoogleアナリティクスから勉強するのがおすすめです。

Googleアナリティクスに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

Webマーケティングは大変だけどやりがいがある

パソコンに向かいながらメモを取る男性

Webマーケティングは大変な面もありますが、やりがいや魅力がとても大きい仕事です。ここからは仕事のやりがいや魅力について紹介していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

業界に将来性がある

Webマーケティングでスキルを身につけて活躍できると、明るい未来が待っています。
具体的には以下のとおり。

  • 市場価値が高いので年収が高く、年収1000万超えも十分狙える
  • 副業で稼ぐことができる
  • フリーランスになって活躍することができる
  • 在宅ワークやアドレスフリーなど場所に縛られない働き方ができる など

Webマーケティング市場は年々拡大しており、今後も増加していくと予測されています

またIT人材は不足の見込みが大きく、今後も人材需要が高い状況が続くと見られています。

常に人材が不足していて、市場の伸びも早いため、スキルを身につければ早期で活躍できるチャンスが無限に広がっています。

結果が出たときの達成感がすごい

施策が結果に繋がったときの達成感は格別です。数字で結果がわかるWebマーケティングは客観的に評価をしてもらえます。そのため、やりがいも達成感も感じやすいのが特徴です。

「なんか頑張ったね」「なんかよくなってきたね」などやんわり評価されるのではなく、「前年比で〇〇%も改善されているね」「アクセス数が前月比で〇〇%改善したね」など数字で評価されるので、客観的に効果が出たことがわかります。

規模にもよりますが、1%改善するだけで売上が数百万、数千万と変化することもあります。会社や事業に大きなインパクトを与えることができるのも、Webマーケティングの醍醐味です。

キャリアアップしやすい

Webマーケティング業界は独立する人も多いため、常に人材不足な業界です。企業やチームにおいて、Webマーケターが不足しているというデータがあります。

不足分を補うために次々と新しい人材が入ってくるので、在籍期間が短くても、早くからチームマネジメントに参画するチャンスも出てきます。

マネジメント経験とスキルを活かして成果を上げれば、どんどんキャリアアップも可能。ほかの業種よりも昇給・昇格がしやすいのもこの業界の魅力です。

また転職してキャリアアップを狙う場合も、目的を持って転職を続けると大手の広告代理店やコンサル会社、外資系企業に数年で転職することも可能になります。

働き方が自由に選べて魅力的

働き方が柔軟に選べるのも特徴の1つ。会社に出勤せず、在宅ワークで仕事をこなすWebマーケターも多いです。

オンライン会議や電話会議なども浸透してきたため、オンライン完結の流れはWebマーケティング業界にも積極的に取り入れられています。

出勤時間をなくして、家族との時間や自己研鑽の時間に当てることもできるため、憧れている人は多いのではないでしょうか。

パソコン1台でどこでも自由に働ける環境に憧れて、この業界に入ってくる人が多いのも頷けます。

スキルを活かして副業できる

独立できるスキルが身につくことも、大きなメリットです。Webマーケティングのスキルは汎用性の高いスキルといえます。さらに分析力や資料作成スキルなども身につくので「会社に依存しないスキル」を磨けます。具体的には以下のとおり。

  • コミュニーケーション力
  • 論理的思考力
  • 業務効率化スキル
  • 交渉力
  • マネジメントスキル
  • 資料作成スキル
  • Excelスキル など

スキルの専門性や掛け合わせ次第では、他に代替がいないプロフェッショナルになることも可能でしょう。

また在職中にお客様と関係性を築くこともできるので、フリーランスとして独立した後も関係性を保つことができるなど有益なことも多いです。

未経験からWebマーケターに転職する3つの方法

水色の背景に置かれた虫眼鏡

最後に未経験からWebマーケターになる方法について解説していきます。未経験からWebマーケターになるには、下記3つの方法がおすすめです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

いきなり就職・転職する

Webマーケティングは専門的なスキルが必要なので、難しさを感じることが多いでしょう。しかし、未経験でも積極的に採用してくれる会社が多く存在することも事実です。

1〜2年業務を通して学ぶことができれば、市場価値の高い人材になることができます。Webマーケティング会社に就職するためのノウハウは以下の記事で解説しています。

副業をはじめてから就職・転職する

会社に通いながら、Webマーケティングを学び副業を始めるパターンもあります。具体的には以下のとおりです。

  • 会社に通いながらブログを始めてみる
  • 趣味でなんとなく運用していたSNSを本格的に仕事として運用してみる など

副業で始めるには、確保できる時間が限られているため、いかに効率よく知識を習得していけるかがポイントとなります。

副業の始め方に関しては以下の記事で解説しています。

スクールで学んで就職・転職する

いきなり就職や転職ではなく、しっかりと知識をつけてから挑戦したい方にはWebマーケティングを勉強できるスクールがおすすめです。

せっかく時間を費やすなら、費用がかかってもより効率的に学びたい。質の高い場所で一緒に勉強する仲間と頑張りたい。転職や就職を視野に入れて勉強したい。など、独学で勉強する際に陥る悩みや不安を払拭できるのが、スクールに通うメリットです。

Webマーケティングスクールにはカリキュラムがあり、卒業後の転職・就職サポートや面接練習まで行ってくれるスクールもあります。

また、分からないことを講師にすぐ質問できたり、課題の提出やフィードバックを得て高いレベルで学び続けたりすることができます。仲間がいるため挫折しにくいというメリットもポイントです。

スクールに通ってWebマーケターを目指す方法はこちらの記事で解説しています。

Webマーケティングは大変だけど夢がある!

山に向かって続く道今回は、Webマーケティングの大変な点や魅力について解説してきました。本記事の要点は、以下のとおりです。

  • Webマーケティング業界は業務量が多くプレッシャーもあり大変な職業
  • 一方で、Webマーケターになるメリットは計り知れないほど大きい
  • コツコツ頑張り続けると、数年で明るい未来が見えてくる

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングは夢がある職業

Webマーケティング業界は大変でしんどい面が多いのも事実です。その一方で、身につけたマーケティングスキルは一生使うことができ、「好きを仕事に」することもできます。

スキルは会社以外でも通用するため、独立・起業・副業しやすくなる点も魅力的です。
私の知人は、コーヒーが好きで将来お店を出したいなと考えており、未経験からマーケティングの知識を学びスキルを活かすことで、自分のお店をオープンしました。

仕事を楽しみながら、どの業界でも役立てる知識やスキルを身につけたいなら、Webマーケティング一択です。

最後に

私はWebマーケティングに魅力を感じて、Webマーケターとして仕事をするべく学んでいます。SEO知識に関しては、SEOに特化したWebマーケティングスクール「WEBMARKS」で学びました。

「WEBMARKSってどんなスクールなの?もっと知りたい」という方はぜひこちらの記事もご覧ください。

この記事を書いた人
藤池徹
藤池徹
GAIQ、ウェブ解析士取得者|新卒で東証一部上場企業に入社し、年間売上3億円を超える店舗でマネージャーを経験|その後Webマーケティングに興味を持ち、WEBMARKS第4期生として受講開始|知人ブログでSEO施策を担当し、月間8万PV、検索上位を複数獲得|現在は上級ウェブ解析士取得に向けて挑戦中
このライターの記事を見る
TOP