未経験からWebマーケターになれる?徹底解説【転職・フリーランス】

5期生

Webマーケターとはどのような職種なのでしょうか?未経験や異業種の方からはまだあまりなじみがなく、実際の業務などはイメージしづらいのではないでしょうか。

本記事では、これからWebマーケターを目指したい方、興味はあるが何から始めればよいか悩んでる方に向けて、未経験からWebマーケターになる方法を解説しています。

将来Webマーケターに転職、またはフリーランスとして活躍したい方は、必見です。

Webマーケターとは?未経験でも可能?

マーケティング戦略と書かれた紙

Webマーケターは、オンラインの媒介を活用してマーケティングを行う人を指します。Wikipediaによると、マーケティングが示す意味は以下の通りです。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である。また顧客のニーズを解明し、顧客価値を生み出すための経営哲学、戦略、仕組み、プロセスを指す。

引用:マーケティング|Wikipedia

つまり、顧客が求める商品を的確に作成・情報提供を行い、効果的に価値を提供することです。

Webマーケターはこの作業をWeb上で行うことで、商品やサービスの販売、売り上げ拡大やブランドの認知度向上を目指します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターの魅力

インターネットが普及した現在、Google広告などに代表されるインターネット広告業界は今後ますます拡大すると予測されています。

引用:インターネット広告市場に関する調査を実施(2019年)|矢野経済研究所

実際に2019年にはインターネット広告費がTV広告費を上回りました。

引用:2019 日本の広告費|電通

スマートフォンやリモートワークの普及によりWebの重要性が高くなるのに伴い、Webマーケターの需要も今後益々増加していくでしょう。

未経験でもなれる

需要のある職種とはいえ、全くの未経験でWebマーケターになれるのか不安です。結論からいえば、未経験でもWebマーケターになることは可能です。

Webマーケティングを理解し、実践で使いこなせるようになれば、誰でもWebマーケターにはなれます。問題は、どのように何を学んで、どう実践を積んでいくかです。

次章からは未経験の方にもわかりやすくWebマーケターになる方法、仕事内容について解説します。

未経験でもわかりやすい!Webマーケティングの種類

パソコンを見て悩む女性

一言でWebマーケティングといっても、その内容はさまざまです。今回は大きな4つの分野に分けて説明します。

  • SEO対策
  • SNS運用
  • Web広告
  • LPO

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

SEO対策

SEO(Search Engine Optimization)では、Webサイトを検索結果上位に表示するための手法です。

検索エンジン最適化とも呼ばれ、GoogleやYahoo!のような検索エンジンのルールに最適化したWebサイトを作成し、上位表示させることでサイトの訪問者数の増加を狙います。

近年はGoogleのアップデートに伴い、よりユーザビリティの高いサイトが評価されやすくなっている傾向があります。

SEOについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

SNS運用

近年盛り上がりを見せるInstagram、Facebook、TwitterやLINEなどのSNS運用もWebマーケティングのひとつです。

企業は自社の商品やサービスをSNS上で発信しユーザーの認知度や拡散力を高めることを目的としています。

各SNSによって主要ユーザーや特徴が異なるため、自社の商品やサービス、ターゲットユーザーにあったSNSを使用することが重要です。

Web広告

Web広告は、サイトや検索ページなどインターネット上の様々な媒介に掲載される広告です。ターゲットユーザーに対して適切に広告を掲載できることや、短期間で成果が出やすいことなどが利点です。

例として、Web広告の一つであるリスティング広告はユーザーの検索キーワードに関連した広告を検索結果に表示するものです。

ユーザーが知りたい情報に関連しているため、リンクをクリックしてくれる割合の向上や商品やサービスを購入してくれることも期待できます。

Web広告について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

LPO

LPO(Lanning Page Optimization)とは、ランディングページ最適化といいます。

ランディングページ(LP)は広告や検索結果を通してユーザーが最初に訪れるページをいい、ページをユーザーにとって最適化し、商品やサービスの成約率の向上を目指します。

LPOについてより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

Webマーケターの仕事内容

大勢の中の1人

上記で述べたように、Webマーケティングの種類は数多く、Webマーケターの仕事内容は多岐に渡ります。その中でも特に重要なのが以下の2つです。

  • 集客施策を打つ
  • アクセス解析を行う

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

集客施策

まずWebマーケターに求められるのは、Webサイトに多くのユーザーを集客することです。

Webサイトは作成しただけではユーザーにみられることはありません。また、成約に繋がらないユーザーを集客するだけでは不十分です。

コンバージョンが見込めるユーザーの集客が求められ、そのためにユーザーにとって最適なサイトの構築や適切なコンテンツを作成する必要があります。

アクセス解析

アクセス解析では、Webサイトに訪れたユーザーの情報を取得して、その後の行動等を分析します。

一般には、Googleが提供しているGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを導入。

その後、ページの直帰率や離脱率、ユーザーの滞在時間などサイトに対して行われたユーザーの行動をベースに解析します。

この解析結果をもとに、更なるユーザビリティを求めたWebサイトへ改善を繰り返します。

未経験からWebマーケターになる方法4選

プロセスと書かれたipadを提示する男性

Webマーケターと一口にいっても、上記のように使用するツールや求められるスキルが多く、一体どうすれば未経験でもWebマーケターになれるのか」悩みますよね。

しかし、正しい手順を踏めば未経験からでもWebマーケターになることは可能です。具体的な方法は、以下の通りです。

  • 独学で学ぶ
  • 転職・就職する
  • サイトを運営する
  • スクールに通う

4つの方法について、メリット・デメリットを解説していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

独学で学ぶ

まずは0から自分で勉強を始めることです。現在ではYoutubeをはじめ多くのツールでWebマーケティングについてのコンテンツが多く公開されており、無料で気軽に触れることが可能です。

また知識を体系的に学ぶ際には、書式による学習が効果的です。数多くのWebマーケティング書籍の中からはじめははなにから学べばいいの?と悩んでいる方はこちらの10選をご覧ください。

しかし、なじみのない分野の独学は難易度が高く時間がかかります。それに加え実務経験がなく、知識ベースのスキルでは実績を残すのは困難といえます。

転職・就職する

次に考えられる方法が、実際にWebマーケティング職へ転職・就職することです。はじめに述べたように、Webマーケティング業界は成長市場のため未経験でも積極的に採用する企業も多くあります。

ここで気を付けたいことが、験でWebマーケティング職へ転職・就職できたとしても、必ずしもWebマーケターになれるわけではないということです。

Webマーケターとして活躍できるかは企業によってばらつきがあり、スキルも信頼も構築できていない初期の段階では、状況に応じた業務につく可能性もあります。

すぐにWebマーケターとして働き始める保証はなく、実績を積むのに長い時間がかかるリスクを考慮する必要があります。

サイトを運営する

自身でウェブサイトを製作・運営することは実務を経験できる一番の近道でしょう。

実際にサイト運営していることでクライアント側に評価され、案件の獲得や発注に繋がりやすくなります。

しかし、実際にWebサイトを立ち上げても給与が発生するケースは全体の数%ほどで、その段階にいくまでに早くて半年程かかります。

サイト運営で結果を出すには長い時間がかかること、再現率が低いことは念頭に置くべきでしょう。それほどサイト運営で実績を出すにはハードルが高く、実現には強い覚悟が必要となります。

スクールで学ぶ

上記3つを踏まえたうえで、未経験でWebマーケターを目指すならスクールが確実です。

現在はWebマーケターを育成するWebマーケティングスクールが数多く存在します。また、情報の移り変わりが激しいWebマーケティング市場について、自分だけでは網羅しきれない知識も体系的に学ぶことができます。

スクール毎に就職保障やマンツーマン指導などが個別サポートが充実しており、未経験でも最短期間でWebマーケターになることが可能です。

【まとめ】未経験でWebマーケターを目指すならスクールがおすすめ!

「結局、未経験でもWebマーケターへ転職、フリーランスになれるの?」と気になっている方も多いでしょう。

結論として、未経験でWebマーケターを目指すならスクールの受講をおすすめします。転職保証やフリーランス育成プログラムが組み込まれたスクールを受講し、正しい知識を無駄なく体系的に学べば、最短でWebマーケターになれます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

3カ月でWebマーケターへ!WEBMARKSのスクールについて

WEBMARKSでは現在、Webマーケター育成スクールを運営しています。

プロの現役マーケターによる直接指導の元、未経験でも3カ月でWebマーケターを目指せるプログラムとなっております。

また、WEBMARKSには以下の特徴があります。

  • 業界初、SEO特化型スクール
  • 転職・就職のための面接対策等を全面サポートする「就職保証」付き
  • 営業方法からポートフォリオの作成まで、案件獲得まで育成する「フリーランスマーケター育成コース」

さらに他スクールにはないサポートも行っています。未経験で実際に転職、フリーランスになれるか不安を感じている方におすすめです!

もっと詳しく話を聞きたい、スクール卒業後の進路をまだ迷っているという方にむけて、無料カウンセリングも行っております。ぜひ一度、ご連絡いただけると幸いです。

この記事を書いた人
Misa
Misa
現役大学生|都内スペシャリティコーヒーでバリスタ勤務→店舗の他に本社オフィスにも関わりweb集客の重要性を痛感→在学中にwebマーケターを志す|webマーケティングスクールWEBMARKS 5期生
このライターの記事を見る
TOP