【新常識】Webマーケティングがノマド向けな理由4選

7期生
ワードプレスのタイトル入力画面

Webマーケティングがノマド向けである理由は以下のの4つです。

  • 時間・場所に縛られない
  • 業界全体が伸びている
  • 平均年収が高い
  • 未経験からもチャレンジしやすい

また今回の記事は以下のような人に向けて執筆しています。

  • Webマーケティングとは何か
  • ノマドとは何か、どんな職種があるのか
  • どのような親和性があるのか

この記事では、Webマーケティングがノマド向けである理由について、業界の将来性・年収・働き方等の点から解説します。

ノマドワーカーになるには【職種・スキルも解説】

パソコンでWebマーケティングをする男性
  • そもそもノマドってよく聞くけどよくわからない
  • どんな職種があるのか
  • どんなスキルがあるのか

このような疑問を持つ方は多いと思います。以下では「ノマド」という言葉の定義から職種や必要なスキルに関して紹介します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

ノマドワーカーとは

ノマド(nomad)とは日本語訳で「遊牧民」のことを指します。端的に言えば、羊や馬などを飼いながら移動しながら生活する人々のことです。

モンゴルの遊牧民を想像するとわかりやすいかもしれません(なお、現在はモンゴル人口の1割ほどが遊牧民とのこと)。このように、定住地を持たないのが、「遊牧民」の最大の特徴であることから、特定の場所や会社組織にとどまらず仕事をする人のことをノマドワーカーといいます。

ノマドワーカーが広まった要因には、「Zoom」や「ChatWork」などのWEB会議・チャットツール等の普及が挙げられます。インターネット環境とノートパソコンがあれば、場所にとらわれない働き方を選択できることがノマドワーカーの最大の強みといえるでしょう。

ノマドワーカーになるには 【大前提:スキルを得ること】

ノマドワーカーになるために大前提となることがたった1つあります。それは「スキルを得ること」です。より細かいことをいえば、「リモートワークが可能かつフリーランスで活躍のできるスキルを得る」ことです。

ノマドな生活を送るということは、会社(オフィス)にいないので自宅や、カフェ等の様々な場所で働くことになります。

ノマドワーカーとして働くということはフリーランスで働くこととほぼ同義です。当然のことではありますが、何よりも専門性の高い知識やスキルが必要になります。

【厳選】ノマドワーカーの職種・スキルおすすめ2選

仕事内容をメモしている女性

ノマドワーカーとして活動する上でおすすめの職種について、必要なスキルを踏まえて解説していきます。

ノマドワーカーの職種を大きく分けると、「クリエイティブ系」「ビジネス系」といった2つのカテゴリーに分解できます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

クリエイティブ 系

制作物を「創造する」職種になります。主な職種は「Webデザイナー」「編集者」「コピーライター」が挙げられます。

これらの業務を行うにあたっては、写真の加工などに使われるPhotoshopやイラストなどを描く際に使われるIllustratorといったソフトなどを使いこなせるスキルが必要となってきます。

またWebデザイナーなどは、ホームページの作成等の仕事を請け負う場合、プログラム言語でのWebコーディングが必要となりHTMLやCSS、JavaScriptなどの知識も必要になってきます。

ビジネス系

コンサルタント業務やシステムエンジニアなど、顧客のビジネスに密接している職種になります。主な職種には「システムエンジニア」「プログラマー」「コンサルタント」「ライター」が挙げられます。

エンジニア関連はPCで使われているプログラム言語、先ほどのHTMLやCSS、JavaScriptといった言語に加えPHP、Rubyといったさらに詳しいプログラム言語の専門的な知識が必要となります。

コンサルタントは専門の得意分野をもとに個人・企業のコンサルティングを行うため、必要なスキルは人それぞれの知見及び経験になります。ノマドワーカーとしてのおすすめのスキルは「Webマーケティングスキル」です。詳しくは後述させていただきます。

ライターとしてのスキルは、独創的かつ読者目線の文章を書く力や情報収集能力が必要となってきます。

【ノマド向け】Webマーケティングとは?

仕事をしながら考え込む女性

この章ではWebマーケティングとは何か解説します。ノマドワーカーとなぜ相性がいいのかは次章にて解説するので、Webマーケティングに関してある程度知っている人は【新常識】Webマーケティングがノマド向けである理由3選まで飛ばしていただいてかまいません。

Webマーケティングの言葉の定義に関しては各学者によって見解はさまざまですが、
「Webマーケティングとは、インターネット上で行うマーケティング活動全般のことである。(引用:Weblio辞書)」とされており、その名の通りインターネットを通したマーケティング活動を意味します。

ではマーケティング活動とはなにか。経営学の父として知られるピーター・ドラッカー氏の言葉を拝借すると『マーケティングの理想は、販売活動を不要にするものである』とおっしゃっています。

販売活動を不要にするということはそれすなわち「モノやサービスが売れる仕組みをつくる」ということです。

そして、Webマーケターとは、企業や個人事業主に対してWebを使ったマーケティングの支援をする職業です。Webサイトや広告、SNS等を使った売上向上や集客のアドバイスを行います。

もっとWebマーケティングに関して詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【新常識】Webマーケティングがノマド向けである 理由4選

Webマーケティングの仕事

ここからは、Webマーケティングがノマド向けである理由を4つ紹介していきます。
他の職種とも比較するのでぜひ参考にしてください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

時間・場所に縛られない

1つ目の理由は時間・場所に縛られないという点です。同じWeb業界のフリーランスの中でもSE職などでは客先常駐として勤務することもあります。

しかし、WebマーケティングはWeb上の数値改善のための施策が主戦場になるためオンラインで完結する業務が多いです。それに加えて、業界の特性上リモートワークが前提で募集をかけるケースがほとんどです。

時間・場所に縛られない働き方がどのようなものか気になる方は以下の記事をご覧ください。

業界全体が伸びている

2019年にインターネット広告の市場がテレビ広告市場を抜きさったことからわかるように現在業界自体の伸びが著しいものとなっています。インターネット広告はターゲットにピンポイントで広告を届けられるだけでなく、その広告の効果を正確に計測することも可能です。

広告やマーケティングの効果を最大化し、広告主の利益に貢献するWebマーケターの需要が高くなっています。Web業界自体の需要が高いため他職種も将来性はあるものの、Webマーケティングほどの伸びを見せるものはほぼ皆無ということからも勢いの強さを垣間見ることができるでしょう。

平均年収が高い

国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収は 約436万円と言われています。
それに対してWebマーケターの平均年収は経済産業省の調査によると、約682万円となっており、他職種に比べて200万近く高くなっています。

なお、プログラマーは平均年収が約592万円となっており、Webマーケターの平均年収のほうが90万円ほど高くなっています。

IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

また、フリーランスのWebマーケターとして働いた場合は、プロジェクトの規模や引き受けた案件数などによっても大きく異なりますが、年収1,000万円を超える金額を稼ぐことも十分可能であることがWebマーケターの魅力の1つです。

Webマーケターの年収についてより詳しく知りたい人は以下の記事をご参照ください。

未経験からもチャレンジしやすい

Webマーケティングの需要の高さは理解していただいたと思います。しかし、需要の伸びに対して、認知度の低い職種であるため十分な知識やWebマーケティングスキルを持っているWebマーケターは不足しています。

つまり、知識やスキルをしっかり身に付ければ、未経験からでもWebマーケターになることは可能です。また、一般的にはWebマーケティングの方が他職種に比べて学びやすいと言われています。

SEOや広告運用の知識や各ソールの使い方は必要ですが、実際にサイト制作に必要なプログラミングなどの難しい作業はWebマーケティングにはありません。

さらに言えば、プログラミング学習者のうち87.5%が挫折経験があるというデータ(出典:プログラミング学習者の約9割が挫折を経験 挫折時に「気軽に聞ける環境があればよかった」人が6割に|株式会社SAMURAIのプレスリリース)があるのに対し、Webマーケティングはブログ運用やSNS運用等比較的身近なところから実践的な学習ができます。

そのことからも、学習のハードルが他職種に比べて低いといえます。未経験者から学習をはじめた人の声については以下の公式サイトのインタビュー欄記事をご参照ください。

【ノマド向き】Web マーケティングの仕事内容3選

パソコンを打つ手

Webマーケティングは仕事内容の幅が広く、特に未経験者には想像しにくいかもしれません。そのため、「SEO」「広告運用」「SNS運用」の3つに絞って解説させていただきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

SEO

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索を行う際に、自社のサイトが競合よりも上位に表示されるように、Webサイトを運用することです。主にGoogle検索エンジンのアルゴリズムを解析し、狙ったキーワードで検索上位に表示する施策を提案します。

「HTMLタグの改善」「キーワード調査」「競合分析」といったサイト内部のSEO施策が具体的な仕事内容として挙げられますが、昨今では「コンテンツマーケティング」が重要視されています。

補足すると、コンテンツマーケティングとは、見込み顧客に対して、適切な情報を提供することで、成約や購買に結びつける施策のことです。

広告運用

広告運用はリスティング広告、Facebook広告、Instagram広告などのWeb広告全般の運用・支援を行うことを指します。主な仕事内容としては「企画立案」「予算調整」「効果検証」が挙げられます。

具体的には「どのキーワードでターゲティングするか」「リスティング広告に予算をいくら割けるか」「広告の効果はどれくらい出ているのか」等のデータを元に施策を実行していきます。

しかし、広告の出稿は「SNS運用」「SEO」と違い費用がかかるため、未経験者としての案件が少なくハードルが高いといわれています。

SNS運用

LINE、Instagram、Facebook、Twitter等の身近なSNSの運用を行うこともWebマーケティングの手法の一つです。主な仕事内容は、配信するSNSの戦略提案にとどまらず初期アカウントの構築やコンテンツ投稿支援などが挙げられます。

SNSの中でもプラットフォームが異なれば特徴や利用ユーザーも異なるだけではなく、企業アカウントと個人アカウントでも戦略や特徴が異なるため、比較的難易度が高いといわれています。

Webマーケターの仕事内容についてより詳しい情報が知りたい人は以下の記事をご参照ください。

ノマド向きなWebマーケティングの仕事をしたいならSEOが最強な理由4選

窓際でパソコンを開く男性

ノマド生活とWebマーケティングの親和性が高いことは理解していただいたかと思いますが、結局何がおすすめなのかわからないという方は多いかと思います。結論から言うと「SEO」が最強です。

その理由としては「案件が長期的に続く」「案件終了リスクが低い」「収入が安定する」「アピールできる成果が多く、幅広いスキルが身につく」の4つが挙げられます。1つずつ見ていきましょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

案件が長期的に続く

SEO対策は施策の効果が出るまで3ヶ月〜6ヶ月以上かかるため長期的な取り組みが基本になります。Webサイトという顧客の資産を一緒に育てるイメージです。案件は半年から1年程度のものがほとんどです。

また、成果が出るまでに時間が掛かるため、後述する長期的に関わることで得られるメリットを享受することができます。

案件終了リスクが低い

広告運用は成果が出なければマーケターは責任を取る形で案件が終了することが日常茶飯事のため案件終了リスクが高いといえますが、SEOは企業サイトを撤退しない限り、案件が終了するリスクは低いといえます。

上記のように、SEOはWebサイトを育てるものという認識が顧客にもあるからです。

収入が安定する

広告運用の場合、パフォーマンスによっては急に打ち切りになる可能性があります。それに比べてSEOは、基本的に最低でも半年間〜の案件がほとんどです。

SEO案件は上記のように長期案件も多く、1案件につき毎月20~50万円以上など収入が安定しやすいことが挙げられます。ノマドワーカーとして働く際に月のキャッシュフローが安定しやすいのは最大のメリットといえるのではないでしょうか。

アピールできる成果が多く、幅広いスキルが身につく

SEO案件はWeb広告やSNSなど他施策とのかかわりが多いため、他案件への広がりがある可能性が高く、顧客に対して多方面で成果をアピールしやすいことが挙げられます。SEOを通じた様々な施策を行うことで、企業の売上向上や集客改善という経営の根幹に携われることからも幅広いスキル、経営者目線の深い知見が得られます。

SEOマーケターについてより詳しく知りたい人は下記記事をご参照ください。

【最短距離】ノマド生活を目指すためにWebマーケティングスキルを得るならスクールの受講がおすすめ

Webマーケティングのフリーランスになる方法

「Webマーケティングのスキルを得てノマドへの一歩を踏み出したいけど、どうすればいいかわからない。」そんな方にはスクールの受講をおすすめします。大きな理由は「未経験から転職・フリーランスを目指せる」「独学より圧倒的に効率よく学習できる」の2つです。1つずつ見ていきましょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

未経験から転職・フリーランスを目指せる

スクールで学習すると未経験からフリーランスや転職を目指しやすくなります。基礎知識があることや学ぶ姿勢、ポートフォリオの作成などスクールを受講することで求職する際にアピールできることが増えます。

さらにはスクールによっては案件獲得サポートや転職サポートを受けることができるものもあり、未経験者にとってはかなり手厚いものであるといえるでしょう。

圧倒的に効率良く学習できる

スクールで圧倒的に効率良く学習できることです。スクールではWebマーケティングを体系的に学べるよう学習内容が組まれているからです。Webマーケティングスクールにはカリキュラムが用意されており、学ぶ順序や内容が精査された状態にあります。

独学と比較するとロードマップがあることは大きなメリットです。また、Webマーケティングの世界は変化が早いため、学習した内容が古い知識話だったというケースはとても多いです。そのため、最新の知識・情報を仕入れることができるということもメリットといえます。

さらには昨今のスクールには実践的なカリキュラムが含まれていることが多く、インプットとアウトプットを効率的に行う環境が整っていることも特徴になっています。

スクールについてもっと知りたい方は以下の記事を参照ください。

Webマーケティングを勉強してノマド生活を手に入れよう

おさらいですが、Webマーケティングがノマドで生活するのに最強な理由は「時間・場所に縛られない」「業界全体が伸びている」「平均年収が高い」「未経験からもチャレンジしやすい」の4つです。

その中でも、ノマド向きなWebマーケティングの仕事をしたいならSEOが最強な理由は以下のの4つです。

  • 案件が長期的に続く
  • 案件終了リスクが低い
  • 収入が安定する
  • アピールできる成果が多く、幅広いスキルが身につく

あなたもWebマーケティングスキルを手に入れてノマド生活を満喫してみませんか?

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

この記事を書いた人
近藤 星矢
近藤 星矢
明治大学情報コミュニケーション学部卒業|学生時代の町おこしの活動や地方銀行員としての勤務経験からWebによる集客手法等に強い関心を持ち「地域活性化人材」として活躍することを志す。現在WEBMARKS『オンラインWeb マーケター育成プログラム第7期生』としてWebマーケティングを鋭意学習中。
このライターの記事を見る
TOP