【初心者必見】Webマーケティングの始め方!基礎から成功まで5ステップ

7期生
Webマーケターのイメージ画像
  • Webマーケティングが大事だと思っているけど始め方がわからない!
  • Webマーケティングってどんな方法があるの?どんなツールを使えばいいの?

このように悩んでいませんか?

初めまして!ECサイトを運営しながらWebマーケティング勉強中のsakuです!新たにWeb担当者となったり、転職などで初めてWebマーケティングに触れたり、これからWebマーケティングに力を入れていきたい企業の方は必見です。Webマーケティングの始め方!基礎知識から成功までの5ステップをお伝えしていきます。

コロナ禍以降、急速にWebマーケティングも日々進化しています。この記事を参考に、Webマーケティングとは何かを理解して、個人や自社で、または他社向けにビジネスに活用していきましょう。

初心者だからこそ、思い込みや溢れた情報に翻弄されずに自社の商品やサービスを必要としている方へよりたくさん広めていきたいですよね。では、一緒にWebマーケティングの始め方を学習していきましょう。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングのイメージ

Webマーケティングを始める時に知っておきたい基礎をお伝えしていきます。担当者や自社のマーケティングを行う際には正しい知識を持って戦略を立てることが必要になってきます。始め方で成果や評価が大きく左右されることもありますので、初心者のうちにぜひWebマーケティングの基礎を身につけておきましょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、オンラインショップなどのECサイトやサービス、Webサイトにより多くのお客様に来ていただき、自社の商品やサービスの認知拡大や販売促進・拡大を、Web上でより効果的に行うことを言います。

そもそもマーケティングの意味をご存知でしょうか?筆者である私は、頭では理解しても説明がうまくできない、という状態がありました(汗)マーケティングとは「商品が売れる仕組みづくり」です。

その商品が売れる仕組みづくりをWeb上で行うことがWebマーケティングです。消費者の動向や、市場、時代の流れを把握した上で、Webを通じて提案をしていくことで、商品やサービスを信頼し、「欲しい」と感じていただき、売り込まずに売れていく仕組みをつくっていくことが重要です。

Webマーケティングの基礎知識

Webマーケティングと他のマーケティングとの違いは、施策の効果が全て数値で見えることです。看板やチラシなどのオフラインの施策、テレビ広告などは、どれだけの人がチラシを見たのか把握が難しいことが問題でした。

Webマーケティングの場合、どこを見て、どこからサイトへ流入したのか、何をきっかけに認知してくれたのか、どうやって検索してくれているのか、どのコンテンツを見て商品の購入に至ったのかなど、全て数値で確認することができます。

Webマーケティングには、さまざまな言葉が使用されます。インターネットマーケティングと呼ばれるカテゴリーに属し、オンラインマーケティング、ネットマーケティング、eマーケティングとも呼ばれています。

Webマーケティングのデジタルマーケティングとの違い

「Webマーケティング」と「デジタルマーケティング」をしばしば混同される方もいらっしゃいますが、違いはなんでしょうか?Webマーケティングは、Webサイト上のマーケティングというWebの世界になりますが、デジタルマーケティングはWebマーケティングを含む、さらに大きな世界が定義されています。

デジタルマーケティングは、AI機能やVRなどのたくさんのデジタル関連の扱う範囲が広がります。Webマーケティング担当者になったからには、デジタルマーケティングの種類や施策についてもネクストステップとして把握しておいた方が得策でしょう。

Webマーケティングが重要な理由

Webマーケティングの仕事

Webマーケティングの重要な理由をお伝えしていきます。Webマーケティングを強化する起業は急速に増えていますが、Webマーケティングの知識がある担当者が少ないことも事実です。重要な理由をしっかり抑えて、個人でも起業でも活躍のフィールドを広げていきましょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

なぜWebマーケティングを始める方が良いのか?

コロナ禍になり、在宅ワークやネットショッピングなど急速にWebサービスを利用する人が増えたこともWebマーケティングの重要性の一つです。遠方にいかなくても欲しいものが手に入り、直接行かなくても体験やサービスが受けられる時代になりました。

個人も企業もWebの重要性を認識し、さらにサイトの充実性を増しWebからの集客や売り上げ拡大を狙っています。しかし、そうやって多くの企業や個人がWebに進出したことにより、モノやサービス、情報が溢れ、「Webサイトをつくれば売れる」という時代ではなくなりました。

氾濫するWebの情報から、いかに自社を見つけてもらい、商品・サービスにたどり着いてもらうか。そして、どうやって「買いたい!」と思わせるのか。マーケティングの重要性は、年々高まっていると言えます。

Webマーケティングのメリット

Webマーケティングを始めるには、メリットを理解しておくことも大切です。
Webマーケティングのメリットは大きく分けると以下の3つです。

オフラインよりも多くの顧客に見つけてもらうことができる

Webマーケティング以外のオフラインマーケティングでは、広告や口コミが一般的
です。オフラインでは地域を限定したり、口コミやテレビや雑誌での全国露出がない限り、狭い範囲でのマーケティングに留まっていました。しかしWebでは、地域以外にも日本中、世界中に発信することが可能です。

どこにいても、どこからでも、自社の商品やサービス、情報を見つけてもらうことが   できます。

低コストで始めることができる

Webマーケティングは、他の媒体に比べると低コストで始めることができます。かつ、効果検証ができるので、最初から莫大な予算がない個人や小さな会社でも行うことができます。

Webマーケティングは個人でもできますので、基礎知識をもち、重要性を理解して始めることが大切です。そうすれば、企業に属していなくても、フリーランスとして活動することも可能になります。

ターゲットを明確にすることができる

従来のマーケティングである雑誌広告やテレビ広告や看板広告などは、年齢や性別など細かいターゲティングができませんでした。またターゲティングしても正確な効果測定ができずに、改善するにも時間もコストもかかっていました。

Webマーケティングでは、使用するデバイスや年代、性別などのターゲットを自社の希望通りに明確にできることや、細かいアプローチをすることが可能です。これによりコストも最小限で抑えることが可能になります。

Webマーケティングの始め方

Webマーケティングの始め方

Webマーケティングを始める5つのステップについて解説していきます。初心者の場合は全てを完璧にしてから開始するというよりも、まずは流れを掴み実践してみることをおすすめします。そしてやりながら精度を上げていく努力が必要になります。

ステップ1:目的を設定する

Webマーケティングを始める第一歩は、なぜWebマーケティングを行うのか、企業や個人がどうなっていきたいのか、現状の課題があるのかなどを明確にしましょう。目的を明確にしておくことで、企業の担当者も個人もなぜWebマーケティングを始めるのか、意図が明確になります。

方針があちこちにズレないように目的を具体的にし、いつでも本質に戻れるようにしておきましょう。Webマーケティングによってどうなりたいのか、自社の目指す方向をチームで共有できるといいですね。

ステップ2:ゴールを設定する

ゴールとは、Webマーケティング上のゴール設定です。自社の目的のためにどこをゴールにするのかを明確にしましょう。例えば、「商品の月間売上を2倍にする」「商品の認知度を70%アップさせる」などです。

具体的な数字があると設定しやすいですし、担当者以外もわかりやすく目指しやすい指標になるでしょう。

ステップ3:ペルソナ(ターゲット)を設定する

続いて、ペルソナ(ターゲット)を設定していきます。Webマーケティングを行う際には、どの人に商品・サービスを届けたいのかによって施策も言葉も異なります。性別・年齢・職業・居住地・年収など細かく分けることも可能です。自社の商品やサービスを誰が欲しがっているのか、設定していきましょう。

ステップ4:データの収集・分析をする

Webマーケティングの施策では、データの収集と分析が欠かせません。収集するデータには定量データ(数値化されるもの)と定性データ(数値化されないもの)とがあります。数値によるデータ分析を「定量分析」、消費者の声など数値で表せない質的なデータ分析を「定性分析」といいます。

この収集と分析を的確に行うことにより、ゴール設定への道のりが近づきます。

ステップ5:課題を抽出して改善する

データの収集・分析をしたらすぐに改善できるのはWebマーケティングの得意とする分野です。データから課題を抽出して、改善が必要なのはどこかを洗い出し、素早く改善していくことで成果に繋がりやすくなります。

たとえば、「商品ページの直帰率が高い」場合には、商品詳細ページの内容を見直したり、カートへの遷移がしやすくするなどを実施し、さらに効果検証を行います。課題を抽出することもWebマーケティング担当者の力が必要とされます。

仮説で課題を導き出し、顧客がさらに使いやすくわかりやすいWebサイト運営を行っていくために、小さな改善を積み重ねていきましょう。

初心者が知っておきたいWebマーケティング6選

マーケティング方法6選

初心者が知っておきたいWebマーケティング6選をご紹介します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

リスティング広告

GoogleやYahooの検索結果のページ上下に表示されるのがリスティング広告です。キーワード単位でオークション形式の入札が行われ、掲載順位が決定します。GoogleAdWordsやYahoo!プロモーションなどが有名です。

SEO対策

キーワードを検索するユーザーに対し、GoogleやYahooの検索結果でより多く露出されるための施策をSEO(Search Engine Optimization)と言い、検索エンジン最適化を意味します。

検索ユーザーのニーズに応えられる良質なページとGoogleが認識された場合に検索結果の上位に表示されます。広告ではないので、お金を払って上位表示させることはできません。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、成功報酬型広告です。個人ブロガーや他社サイトにサイト制作者を通して商品やサービスの宣伝をしてもらうビジネスモデルのことです。自社商品やサービスを効果的に宣伝でき、商材と相性の良い顕在層を集められている媒体に効果的な手法です。

アドネットワーク広告

複数のWebサイト(Webサイトやブログ、ソーシャルメディアなど)の広告媒体をまとめた広告配信ネットワークをつくり、まとめて広告を配信出来るのがアドネットワーク広告です。大量の広告媒体で簡単に広告出稿が出来るのがメリットですが、出稿先は選べません。

ソーシャルメディア活用

ソーシャルメディアとは、Twitter、Facebook、Instagram、LINEなどのSNSを通じて、ソーシャルメディアに向けて情報を広めたり、広告を行う手法です。広告ではなくてもSNS上でインパクトのある発信でユーザーの興味・関心を集めることができれば、自然に広がっていくことができます。

また、広告であっても写真、記事コンテンツの質が高ければ、シェアやいいねによってさらに広まっていくことが期待されます。SNSでもユーザー属性を把握し、シェア・いいねなど拡散反応をもらえる投稿やクリエイティブを制作することが重要です。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、自社の商品やサービスを価値あるコンテンツの制作・発信から見込み顧客のニーズを発掘し、認知からファンとして、購入やサービス利用を目指すマーケティング手法のことです。

コーポレートサイトとは別にオウンドメディアを制作・発信している企業も増えています。自社商品やサービスを継続的に購入してくださる顧客やファンを育て、広告費用をかけずに安定した収益を生むことができます。

そのほかにもメールマーケティングやリダーゲティング広告など手法はさまざまです。
自社の課題やターゲットにあった手法を取り入れたり、または複数で行うことによってWebマーケティングの成果は向上していきます。

Webマーケティングの始め方で差がつく!欠かせないツール3選

ツール3選

ここでは、Webマーケティングを始めるときに欠かせないツール3選、Googleアナリティクス、サーチコンソール、Googleタグマネージャーをお伝えしていきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスとは、Googleが公式に提供しているアクセス解析ツールのことです。アクセス解析ツールはコーポレートサイトやECサイト、オウンドメディアなど、自社サイトへの状況を分析するために使います。

その中でよく使われているものがGoogleアナリティクスです。サイトへのアクセス数だけでなく、ユーザーの状況を細かく現状把握し、分析することができます。Webマーケティング担当者は、分析した結果から課題を見つけ、仮説を元に改善をしていく提案・立案を行います。

Googleアナリティクスは、使い方を解説した書籍や各種講座、Webサイトも数多く出ています。詳細はこちらで細かくご説明しています。

サーチコンソール

サーチコンソールはGoogleアナリティクスと同じくGoogleから提供されている無料の分析ツールです。Googleアナリティクスと分析できる分野が異なります。Googleアナリティクスはサイトに訪問したユーザーを把握・分析します。Googleサーチコンソールはサイトへ訪問されるまでの状態を分析することができます。

たとえば、自社の特定サイトが、どの言葉で検索され、検索結果にどの順番で反映されるのかを分析できます。ですので、よりサイトに流入するための改善点を見つけ出すことができます。

また、サイトリンク先・リンク元がエラーになっていないか、サイトの表示速度などを分析し、アラートを出す機能が備わっているので、サイトの向上や品質維持にもとても使いやすいツールです。

Googleタグマネージャー(GTM)

GoogleタグマネージャーもGoogleから提供されているタグマネジメントツールです。Googleアナリティクスと連動させ、細かい分析を行う際に役立ちます。

タグを埋め込む作業はとても骨の折れる作業ですが、タグマネージャーの設定により毎回HTMLを編集しなくても済むよう、ツールのオンラインの管理画面上から簡単に設定できるというのがタグマネージャーの役割です。

Webマーケティングを始める方はここに注意しよう!

暗い部屋に置かれたパソコンやマグカップ

Webマーケティングを始めるときに注意することはなんでしょうか?初心者でも任されたからにはしっかり成果を上げていきたいですよね。活躍の場を広げるためにも正しい知識と何を優先するかなど見極める力をつけていきましょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

初めてだからこそ計画をしっかり立てよう

Webマーケティングのさまざまなメリットや5つのステップ、施策などについてお伝えしてきましたが、実際、Webマーケティングには時間も費用もかかります。これをやったら全てクリアになる、という正解が隠されているわけではなく、地道に一つずつ改善しながら、ゴールへと導き、最終的な目的も達成することがとても重要です。

Webマーケティングを始めるときに注意することは、無理のない戦略と中長期的な視点で進めることです。なぜなら、Webマーケティングは、「すぐ結果が出るもの」と「時間がかかるもの」があるからです。

そこでWebマーケティングの基礎知識を知り、何が必要で何が課題なのかを見分けていく力も必要です。自社商品やサービスのターゲットとなる顧客の動向を分析して、WebサイトやSNSをどのように活用してアピールしていくのが有効なのか、Webマーケティングの手法をターゲットによって使い分けていくことも必要です。

そして、顧客が必要としている良質なコンテンツを発信し、Webサイト内でのゴールにつながる誘導方法も大切です。コンテンツの質が低ければ、検索結果で上位表示もされませんし、認知されることもありません。

ブランドの信頼も失う恐れがありますので、ここはとても注意が必要です。また、自社商品やサービスに関わる法律や表記方法などもしっかり理解しておくことが必要です。Webマーケティングでは、どこから何人が訪問したのか、どのページに何人のユーザーがどのくらいの時間滞在したのかなど、細かく効果検証・分析することができます。

Webマーケティングを始めたばかりだからと数値を放置せず、そして結果を出すことに焦らず、まずはユーザーの視点に立って長期的に見ていくことも必要です。

Webマーケティングを始め方に悩んだら「WEBMARKS」がおすすめ

ノートを取る男性

Webマーケティングの一連を学ぶ場合には「WEBMARKS」がおすすめです。初心者でも、経験がある方も「WEBMARKS」Webマーケティングスクール講座の詳細を確認しましょう。

ネットショップやホームページを運営したり制作したり、サポートをしておりますが、Webマーケティングを始めるにあたり、正しい知識を仕入れたことで格段に仕事の幅が増えましたし、日々たくさん飛び交う情報に右往左往することが少なくなりました!

WEBMARKSの開催しているWebマーケティングスクールに参加することで即実践で使える生きた知識を得ることができます。初めは本を読む、セミナーに参加する、人に聞く、ということもおすすめですが、3ヶ月の短期間で学びたいなら専門のWebマーケティングスクールがより早く習得することができます。

たった3ヶ月でWebマーケティングが習得できる!WebマーケティングスクールはWEBMARKSへ

Webマーケティング専門家に相談しよう

Webマーケティングをこれから始める企業の担当者さまや、個人でWebマーケティングを行いたいけど、どうして良いかわからない。Webサイトの成果を上げていきたい、Webマーケティングを成功させたい場合には、ぜひ一度ご相談ください。

数々の企業のWebマーケティング経験メンバーが対応させていただきます。Webマーケティングを始めるならWEBMARKSへご相談ください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

この記事を書いた人
作山知佐
作山知佐
静岡地方在住、3児の母|ECサイト作成、ECサイトコンサルとして小さなお店を数々サポート。工務店の家業も手伝い、自社サイトの立ち上げなども行う。長く続けるサイト運営を目指して、WEBマーケティングに興味を持ち『WEBMARKS」7期生として学ぶ。
このライターの記事を見る
TOP