育成プログラム

【業界急成長!】Webマーケティング職のキャリアプラン徹底解説!

webマーケターのキャリアプラン

スマートフォンの普及に伴って、オンラインでの購買活動が活発化してきているのは言うまでもありません。オンライン上のマーケティング活動が重要な位置付けとなり、「Webマーケティング」と呼ばれる仕事にも注目が集まっています。

Webマーケティング職を目指す方にとって、どのような立ち位置でどのように活躍することができるのか、キャリアプランが気になるところでしょう。

Webマーケティングは比較的新しい分野であるゆえに、重宝され、価値の高い人材へとなるチャンスがあるということをキャリアプランとともに解説します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングは成長著しい業界

webマーケティング市場の拡大矢野経済研究所によると、インターネット広告市場は毎年拡大の一途をたどっており、2020年には2兆円を超える市場(2019年時点見込み)と発表されています。年々、数千億規模で成長している業界です。

テレビや雑誌などマスメディアの低迷が叫ばれ、ユーザーはSNSやYouTubeなどのネットに流れているということを自身の行動からも感じられるのではないでしょうか。

企業もマスメディアではなくインターネット広告を重要視し、より多くの予算を投じることが考えられます。

Webマーケティング職は売り手市場

売り手市場Webマーケティングは新しい分野であり、拡大市場のため、人材の面でバランスが取れていない業界です。「需要>供給」と需要が大きく、人材不足を起こしている状況にあります。

売り手市場のため、スキルさえしっかり磨けば、引っ張りだこのWebマーケターになることができます。大きなチャンスがある職種なのです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング職のキャリアプランは3通り

キャリアプランマーケティングの領域は広く、細分化されています。Webマーケティング職を立ち位置で分けたとき、大きく以下の3つのキャリアがあります。

  • 広告代理店のWebマーケター
  • 事業会社のWebマーケター
  • フリーランスのWebマーケター

それぞれの立場・役割の違いについて説明します。

広告代理店のWebマーケター

広告代理店のWebマーケターとは、Web系の広告代理店勤務、または広告代理店でWeb担当となることを指します。オンラインのマーケティング案件を受託し、クライアントにマーケティング施策を提案する立場です。

広告代理店のWebマーケターはクライアントワークのため、多くの知見に触れることができるのが強みです。以下のように、さまざまなキャリアパスを描くこともできます。

  • 社内での昇級・昇進
  • 競合他社への転職
  • 事業会社への転職
  • フリーランスとして独立

クライアントありきのため激務になることも多くあります。その一方で、経験を積むことができるため、ステップアップを見越して広告代理店のWebマーケターからキャリアをスタートさせる方も多いです。

3つのキャリアパスの中で、Webマーケティング未経験者に一番門戸が開けているのが広告代理店のWebマーケターと言えます。

事業会社のWebマーケター

事業会社のWebマーケターは、企業のマーケティング部・広告宣伝部に所属するWeb担当者を指します。広告代理店のWebマーケターとは異なり、自社の事業に対してWebマーケティングを担当します。

「インハウスマーケター」とも呼ばれ、名前の通り、自社つまり自分たちの内部に対してマーケティングを行う立場です。

広告代理店のWebマーケターの場合は、一部の工程や施策を受注することも多いです。一方で、事業会社のWebマーケターは上流から下流まで一貫してミッションを果たします。

あるマーケティング課題や施策に対して、インハウスで完結しない場合に広告代理店に発注することがあります。発注者側が「事業会社のWebマーケター」、受注者側が「広告代理店のWebマーケター」という関係性になります。

フリーランスのWebマーケター

企業に所属することなく、個人で活動するのがフリーランスのWebマーケターです。

1つの組織に所属することなく、個人で多くのクライアントとやりとりをするので、スキル面、精神面どちらにおいても飛躍的に成長することができるのが特徴です。

また、働き方もさまざまで、ライフスタイルに合わせて選択できるのもメリットでしょう。

  • クライアント先に常駐
  • クライアント先に週◯日勤務
  • 完全リモート勤務 など

後ろ盾がなく、責任も大きいのがフリーランスのWebマーケターです。メリット・デメリットを理解した上で、選択することをおすすめします。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング職の専門領域は3つ

webマーケターの専門領域Webマーケティング職の役割は、オンライン上のマーケティング活動を行い、売上を向上させることです。オンラインでの集客は、大きく3つの専門領域に分かれています。

まずは、いずれかの領域で専門性を高めることに注力しましょう。もちろん広く専門性を持つことができれば、活躍の幅も広がり、引く手あまたな人材となります。

Web広告

Web広告を専門とした場合、Google・Yahooなどの検索エンジン、Instagram・Facebook・TwitterなどのSNSに表示される広告を統括・運用します。

自社サイトの集客やブランド認知向上をミッションとして、どのようなターゲットに、どのような手法で、どのような訴求で広告を打ったらよいのか検討と実行を重ね、広告の効果測定に至るまでを業務とします。

広告の細かな費用や費用対効果を分析する必要があるポジションのため、分析に強い人、数字に強い人は優位となります。

SEO

SEO(Search Engine Optimization)は、「検索エンジン最適化」と訳されます。

検索エンジン最適化とは、検索エンジンで検索された時に当該サイトが上位になるよう施策を打つことを指します。

検索エンジンでの検索結果が上位であればあるほど、クリックされる確率が高まることは言うまでもありません。より高い順位に表示されるようになれば、比例して集客も増え、売上向上が望めます。

広告とは異なり、費用を投じることなく集客の増加が見込めるので、SEOは重視されています。

SNS

Instagram・Facebook・TwitterなどのSNSにおいて、自社もしくは自ブランドのアカウントを運用するのがSNS担当者の役割です。

今やネット検索ではなく、SNSで情報収集するユーザーもいる時代です。フォロワーとのコミュニケーションを取り、エンゲージメントを高めることで、ファン形成をすることができるのがSNSの強みとも言えます。

SNSは高度なアルゴリズムが適用されているので、自社にあった属性のフォロワー親和性の高いアカウントにリーチする確率を高めることができます。予算に対して、効率的な広告運用ができるツールです。

SNSによって利用者層が異なります。対象となる商材の特徴と照らし合わせながら、企画のコンセプトを練ったり、どのSNSを利用するか検討する必要があります。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターとして活躍するためのコツ

webマーケターのコツWebマーケティング業界は成長著しく、売り手市場です。また、広い領域でのマーケティング活動を行う職種でもあります。

今からスキルアップと実績を積み重ねれば、活躍の場を大きく広げることが可能です。

自分の専門領域を定める

Webマーケターの専門領域は「Web広告」「SEO」「SNS」の大きく3つです。まずは、いずれかの領域に特化してキャリアを形成することをおすすめします。

専門領域ごとにWebマーケターが求められるケースが多く、求人や案件についても専門領域やスキルに合わせて募集されています。

まずは1つの領域に絞って習得し、周辺領域へ知見を増やすようなイメージでキャリアを構築しましょう。

実績を積み重ねる

さまざまなプロジェクトをこなしていくということだけでなく、自分の得意とするパターンを見出すという点においても実績を積み重ねることは重要です。

自分の得意とするパターンが、どのような業界・商材や規模感、施策内容なのか、明確にすることで着実にキャリアを形成することができます。そして、自信へと繋がります。

実績は仕事だけではなく、ブログやアフィリエイトをすることでも積み重ねることができます。

時流を読みスキルアップを欠かさない

Webマーケティングは、ターゲットの購買行動やニーズの変化に合わせてマーケティング手法を変化させる必要があります。したがって、世の中に敏感でなければいけません。

また、Webマーケティングは他業界と比較すると、とても流れの早い業界です。Googleの検索アルゴリズムやツールなど常に最新の情報に触れ、スキルアップする意識が欠かせません。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

まとめ:Webマーケティング職のキャリアプラン

成長著しいWebマーケティング業界は、売り手市場といえます。組織に所属するのか、専門領域はどれにするのか定めて、実績とスキルアップを積み重ねましょう。

市場価値の高い人材となり、Webマーケターとして活躍の場を広げることができます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

TOP