Webマーケターになるための勉強方法!おすすめの順番も紹介

7期生
副業のイメージ画像
  • 「Webマーケターになりたいけど、無駄金は一切使いたくない!」
  • 「最短ルートでWebマーケターになりたい。」

こんな思いを持つ方向けに、Webマーケターになるための勉強方法やそれぞれの勉強方法のコストを紹介していきます。勉強に取り組むおすすめの順番も紹介しますので、いますぐ行動を起こしWebマーケターとして活躍する将来を掴みましょう。一日でも早く行動を起こすことが、成功する秘訣です。

Webマーケターとは?

ホットチョコレートを飲みながら仕事をする

Webマーケターとは、自社サイト、SNS、メールマガジン、チャットなどオンラインのオウンドメディアを活用してマーケティングを行う担当者です。オウンドメディアの解析からユーザーの行動を推測し、Web上で様々なマーケティング戦略を行うことで集客、売上アップに貢献します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターの仕事内容

Webマーケターの仕事を分かりやすく分けると次のようになります。

  • 自社サイトへの集客を増やす
  • 自社サイトでの購入・問合せなどにつなげる
  • 自社に好意を持ってもらう

Webマーケターに必要なスキル

Webマーケターに必要なスキルは多岐にわたるため、最初は集中的にスキルを身に着けることが重要です。

SEO対策スキル

GoogleやYahoo!のキーワード検索で上位に表示させるためのコンテンツ作り、内部対策、外部対策を行う。Googleの検索アルゴリズムは頻繁にアップデートされるため、小手先のスキルではなく長期的な視点をもってユーザーのためのコンテンツ・メディアを運営するスキルが求められます。

広告運用スキル

主なものにはインターネットで検索すると上部に表示されるリスティング広告、コンテンツに応じて表示されるディスプレイ広告があります。最近では、Facebook広告やTwitter広告などのSNS広告も盛んです。これらの広告を効果的に運用するスキルです。結果がすぐに出るので早くPDCAを回すことが求められます。

SNS運用スキル

最近では実店舗を持つ企業でもFacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアを運用して、認知や集客につなげることが必須となっています。これらのメディアごとの特徴にあわせて効果的な施策を計画・実行することが求められます。

アクセス解析スキル

集客や売上が増えた、減ったなどと結果に一喜一憂するだけでは、ビジネスは絶対に成功しません。何故その結果が得られたのか、より伸ばすための課題は何かを解析してパターンをつかみ、今後の成功率を上げることが重要です。

解析には、Google アナリティクスなどのアクセス解析ツールを使用します。もちろんユーザー属性や数値データも得られますが、最も大切なことはデータからユーザーを理解することです。ユーザー理解と企業サービスの理解。この2つはWebマーケターに必須のスキルです。

コミュニケーションスキル

Webメディアの運営は1人ですべてを行うことはほぼないと言えます。最近ではリモートワークも増えていますので、対面コミュニケーションスキルだけではなく、オンラインでのコミュニケーションスキルも求められる時代になっています。

Webマーケターは1人で黙々と作業するイメージがあるかもしれませんが、Webマーケターとして、将来的にWebディレクターとして活躍するためには、多くの関係者とスムーズにコミュニケーションがとれることは最低限のスキルになります。

Webマーケターになるための勉強方法【独学編】

本とノート

Webマーケターになるには独学で勉強するか、スクールに入って勉強するかの選択肢があります。本記事を読んでいるコスト重視のあなたには、まず独学での勉強方法を紹介します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

おすすめの順番4STEP!

Webマーケターになるための勉強方法を4STEPで紹介します。Webマーケターになるためには知識だけでなく、実践することが重要です。ぜひ自分でWebメディアを運営するところまで取り組み、実践的なスキルを身につけましょう!

STEP1:本で体系的に勉強する

初心者は、まず本で体系的に勉強しましょう。本は情報量が多く、10冊くらい読めばおおよその全体像を掴むことができます。発行年が数年前でも、以前はどのようなWebマーケティング手法が採用されていたかを知ることができるので損はありません。

おすすめの本は以下のとおりです。

SEO対策 検索上位サイトの法則52インハウスSEO成功のための実践テクニック 成果を出し続けるための王道SEO対策実践講座いちばんやさしい Googleアナリティクス 入門教室

STEP2:動画コンテンツを利用して勉強する

動画コンテンツを利用して理解を深めましょう。Googleアナリティクスなどツールを使っての解析は、本を読んでも理解しづらいですが、映像を見ながら勉強すれば学習効果が高くなります。

おすすめの動画学習サービスは以下のとおりです。

  • Udemy:世界最大級のオンライン動画学習プラットフォーム(買切り制)
  • Schoo:参加型の生放送授業もあるオンライン動画学習サービス(月額制)

STEP3:Webメディア情報を活用して勉強する

Webメディア情報を活用して勉強するのは、基礎知識を身に着けてからがおすすめです。
Webメディアでは最新の情報を得られますが、自分に必要な情報かを判断できるようになってから活用した方が効率的に勉強できます。また、情報の信頼性も確認することが重要です。

おすすめのWebメディアは以下のとおりです。

STEP4:Webメディアを運営して勉強する

自分のWebメディア(ブログ)を運営して勉強しましょう。必要コストもサーバー代とドメイン代くらいなので、実践しないという選択肢はありません!学習定着率は、読書で10%、視聴覚で20%ですが、実践での経験・練習で75%まで上がるとされています。

実践すれば、自分がどこが分からないのかが明確になるので、弱みを補強していくこともできます。

番外編:資格取得を目指して勉強する

Webマーケターとして活躍するために必須ではありませんが、Webマーケティングの基礎知識を網羅的に学べる、目標ができる、ということで余裕がある人はチャレンジしてみましょう。

おすすめの資格は以下のとおりです。

独学での勉強に必要なコスト

ここまでの勉強方法で、どのくらいのコストを想定すればよいでしょうか?おおよそのコストは次のとおりになりますので、参考にしてください。

STEP1 本で体系的に勉強する ~30,000円くらい
STEP2 動画コンテンツを利用して勉強する ~50,000円くらい
STEP3 Webメディア情報を活用して勉強する 無料
STEP4 Webメディアを運営して勉強する ~20,000円くらい
番外編 資格取得を目指して勉強する ~30,000円くらい

Webマーケターを目指して独学で勉強するメリット・デメリット

【SEO対策・第9回】「競合調査の意味とやり方 」|WEBMARKSオンライン講座

Webマーケターになるために独学で勉強するのも一つの方法です。ただ、Webマーケターとして必要なスキルは幅広いので、自分の向き・不向きを考えて取り組みましょう次の、独学で勉強するメリット・デメリットも参考にしてください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

独学で勉強するメリット

独学で勉強するメリットは、自分の好きな時間に取り組めるということです。他にもコストを低く抑えられるメリットがあります。図書館で本を借りたり、動画学習サービスのセールを利用したりすれば、比較的安価に取り組めることが魅力です。

場所も自宅でリラックスしながら勉強したり、カフェでコーヒーを飲みながら勉強することもできます。

独学で勉強するデメリット

独学で勉強するデメリットのひとつは、チベーションが続かず途中で挫折することです。途中で勉強を止めてしまってはそれまでの時間・お金がすべて無駄になってしまいます。継続するための努力も必要になります。

さらに、勉強する方向性を間違えても誰にも指摘してもらえないリスクがあります。せっかく時間とお金をかけるなら最短ルートで確実性の高いルートを選びたいというのが当たり前の心理です。

独学で勉強してWebマーケターになるという判断もできますが、その場合は時間がかかるリスク、方向性を間違えるリスクを許容できるかを考えましょう。

Webマーケターをめざしても独学での勉強が無理な人は?

パソコンに向かう男性

独学での勉強が無理だと感じる人はどうすればよいのでしょうか。万人におすすめはできませんが、選択肢の一つとして、Webマーケター育成スクールを紹介します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

確実性を求めるならスクール一択!

Webマーケター育成スクールを活用するメリットは、独学での勉強のデメリットを解決できることです。さらにWebマーケター育成スクールにしかない、講師陣やメンターから実体験を聞ける、疑問点を質問できる、受講後のアフターサービスがある、などのメリットもたくさんあります。

お金はかかるが確実性が高く、方向性も間違えにくいWebマーケター育成スクールで勉強するか、独学で勉強してWebマーケターになるかはあなた次第です。

広告運用が勉強できるスクール3選

Webマーケター育成スクールの多くは、広告運用スキル中心のカリキュラムになっています。各スクールのカリキュラムやサポート体制をしっかり確認して受講しましょう。

Webマーケター育成スクール 期間・料金 特徴
デジプロ 2ヶ月

入会金 33,000円(税込)
330,000円~385,000円(税込)

オンラインだけでなく通学プランがあり、全国10か所で受講可能。
リスティング広告からfacebook広告、YouTube広告まで網羅的に広告運用を勉強できる。
WANNABE Academy 4ヶ月(最大7ヶ月)

入学金 66,000円(税込)
198,000円~264,000円(税込)

希望すると3か月の実務研修を受けられる。補講授業が受け放題。
TechAcademy 1~4ヶ月から選択

163,900円~339,900円(税込)

受講期間を選べる。
週2回のマンツーマンメンタリング。

SEOが勉強できるスクール

SEOを専門的に勉強できるWebマーケター育成スクールは非常に少ないです。基礎だけでなく、SEO特化型カリキュラムを受講できるのはWEBMARKSだけです。

また、SEO施策を打つWebマーケターは長期的な視点をもって企業などのWebメディアを育てることになります。そのため、安定した収入が得られやすいというメリットがあります。SEOを勉強してWebマーケターになるならWEBMARKS一択です。

Webマーケター育成スクール 期間・料金 特徴
WEBMARKS 2~6ヶ月

548,000円~648,000円(税込)

SEO特化型カリキュラム。
30日間の全額返金保証(※諸条件あり)。代表との個別面談。

Webマーケターになるための勉強方法まとめ

今回は、Webマーケターになるための勉強方法として、独学とWebマーケター育成スクールを紹介しました。本記事のまとめは、以下のとおりです。

  1. 書籍で体系的に勉強する
  2. 動画コンテンツを利用して勉強する
  3. Webメディア情報を活用して勉強する
  4. Webメディアを運営して勉強する
  5. 番外編:資格取得を目指して勉強する
  6. 独学が無理な人はWebマーケター育成スクールで勉強する

独学で勉強を継続できるかは向き・不向きがありますので、本記事で紹介したメリット・デメリットも参考にして判断しましょう。独学での勉強が無理な人には、広告運用を勉強できるWebマーケター育成スクールやSEOが勉強できるWebマーケター育成スクールがあります。

自分が広告運用を勉強したいのかSEOを勉強したいのか、そして各Webマーケター育成スクールの特徴や料金も考えて選択しましょう。私は、SEOを勉強してWebマーケターになるためにWEBMARKSを選びました。最高の講師陣、サポートスタッフが全力であなたを応援してくれます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

この記事を書いた人
長谷川恭子
長谷川恭子
大学院修了後、石油化学系素材メーカーでプロセスエンジニアとして16年間勤務。現在はフリーランスのSEO特化Webマーケターを目指してWEBMARKSを受講中。好きな言葉は「急がば回れ」。確実性・安定性を追及し、長期的にクライアント利益を最大化できるWebマーケターを目指しています。
このライターの記事を見る
TOP