MEO対策ツールおすすめ8選!料金・機能を比較【無料・有料】

ローカルSEO

「MEO対策ツールってどんなことができるの?」、「おすすめのMEO対策ツールを教えてほしい!」

そんな方々に、おすすめの無料・有料MEO対策ツール8個を紹介すると共に、MEO対策ツールの料金・機能を比較していきます。

この記事を参考にMEO対策ツールの活用方法の理解を深め、料金・機能などを比較した上で、御社に合ったMEO対策ツールの導入をご検討ください。

MEO対策ツールとは?

MEO対策ツールとは、Google マップにおける検索エンジン最適化であるMEO(Map Engine Optimization)で、検索の上位表示を目指すことを目的として開発されたツールのことです。

Google マップの検索順位のチェックや、Google マイビジネスのインサイトデータの可視化、複数店舗データの管理・更新をするツールなど、様々な種類のMEO対策ツールが提供されています。

そもそもMEO対策とは

MEO対策のイメージ

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略称で、「マップエンジン最適化」や「ローカルSEO」と呼ばれています。具体的には、Googleの検索結果上に表示されるGoogle マップの検索順位を向上させるための施策のことを指します。

MEO対策ツールの基本機能

MEO対策ツールの基本機能は、大きく分けると以下の3つに分類されます。3つの機能を全て備えているツールもあれば、1つに特化しているツールもあります。

Google マップの検索順位を計測・記録する

Google マップでの表示順位を計測したり、記録したりする機能です。

Googleは検索されたエリアによって異なる結果を表示するため、エリア外からでは正しい計測ができません。MEO対策ツールを用いると、地域を指定して計測することができるため、継続的に正しい計測をすることができるようになります。

Google マイビジネスのインサイトデータを確認・分析する

Google マップの検索結果に大きく影響を与えるGoogle マイビジネスからの受電数や検索回数・表示回数などをツール上から確認できます。データをグラフ等で可視化できるツールもあり、確認・分析することで、今後のMEO対策に活かすことができます。

Google マイビジネスを管理・運用する

Google マイビジネスに表示させる店舗情報を編集したり、記事を予約投稿したりなど、管理・運用をツール上から行うことができます。

多店舗運営をしている企業では、Google マイビジネスの更新に店舗数分の工数がかかりますが、MEO対策ツールで一元管理することにより、管理・運用における時間的コストの引き下げが期待できます。

MEO対策ツールのメリット・デメリット

MEO対策ツールは、導入すれば必ず検索上位表示できるというツールではありません。
メリット・デメリットを把握して、上手に活用しましょう。

メリット

MEO対策ツールのメリットは、検索結果の計測・記録、Google マイビジネスのデータ確認・分析、Google マイビジネスの管理・運用の3点に集約されます。
MEO対策のPDCAを回すためには必須のツールといえます。

デメリット

必ずしもすぐに結果の出る魔法のツールではありません。検索結果やGoogle マイビジネスのインサイトを確認しながら、地道にGoogle マイビジネスの情報更新を続ける必要があります。

MEO対策ツールの選び方

MEO対策ツールは、各サービスごとに特徴が異なります。以下で紹介するポイント基準に比較すると、適当なMEO対策ツールを選択できるでしょう。

料金と支払い方法

まずはMEO対策ツールの利用料金と支払い方法を確認しましょう。
事業内容や規模によって、MEO対策の重要度は異なってきます。御社にとって、費用対効果のバランスが良いツールを選択しましょう。

また無料トライアルがあるかどうかも重要なポイントです。MEO対策ツールの利便性や効果を確認するために、まずは無料トライアルがあるものから確認してみるのも一つの方法といえます。

必要な機能の有無

MEO対策ツールを選ぶ際、必要な機能が含まれているかは、最も重要な評価基準となるでしょう。必要な機能は、事業内容や規模、MEO対策のフェーズなどによって変化します。MEO対策ツールに付帯する主な機能は、以下の3つです。

  • Google マップの順位計測・記録
  • Google マイビジネスのインサイトデータ確認・分析
  • Google マイビジネスの運用・管理

どのサービスに、どの機能が含まれているかを確認しながら検討を進めてください。

サポートの有無

高性能・多機能なツールを導入する際には、サポートの有無の重要な条件となってきます。
簡易な計測ツールであればサポートは不要かもしれませんが、様々な機能が付随するサービスを利用する場合には、サポートの充実度も検討の指針とすると良いでしょう。使いこなせなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。

無料MEO対策ツール

ここでは、おすすめの無料MEO対策ツールを紹介します。

I Search From

I Search From

I Search Fromは、地域・言語・デバイスを指定して、Google マップの検索結果を表示することができるツールです。検索結果を記録することはできませんが、ローカルでの検索結果が表示できるため、現時点でのローカル検索順位を知りたいときに有効です。

I Search From

有料MEO対策ツールおすすめ8選

おすすめの有料MEO対策ツールを8個紹介します。

MEOチェキ

MEOチェキ

MEOチェキは、検索順位の計測・記録、Google マイビジネスのインサイトデータの確認・分析、Google マイビジネスの予約投稿や一括編集など、一通りの機能を備えたオールマイティなMEO対策ツールです。

また競合サイトの順位計測・記録ができるところも魅力の一つです。

1ヶ月の無料トライアルがついており、機能を試してから登録することができるのも大きなメリットといえるでしょう。

MEOチェキ

Gyro-n 「MEO順位チェックツール」

Gyro-n 「MEO順位チェックツール」

Gyro-n 「MEO順位チェックツール」は、検索順位の計測・記録、Google マイビジネスのインサイトデータの確認・分析、Google マイビジネスの管理・運用について、それぞれ充実した機能が搭載されています。

また英語や中国語・韓国語など多言語での検索結果をチェックできるため、インバウンド向け事業のMEO対策にも有効でしょう。Gyro-n SEOのオプションという位置づけのツールで、2週間の無料トライアルも利用できるため、様々な機能を試してから導入できます。

Gyro-n 「MEO順位チェックツール」

ライクル GMB

ライクル GMBはGoogle マイビジネス支援においては、国内でも最大級。これまでに累計30,000店舗以上の支援実績があり、国内4社の公式パートナーとして知られる「SO Technologies株式会社」が提供するサービスです。

エクセルで情報を更新できるため新たな操作に手間取ることもありません。

ライクル GMB

SO Technologies株式会社

ライクル GMBのサービス紹介記事

MEO tracker

MEO tracker

MEO trackerは、Google マップの検索順位を計測・記録に特化したツールです。地域や時間を指定して、ミニマムプランで50キーワードまでの自動計測・記録が可能となっており、計測や分析に注力したい企業向きといえるでしょう。

無料デモ体験が可能で、2週間のデモ期間中、10キーワードまでご登録が可能です。

MEO tracker

On map eye

On map eye

On map eyeは、検索順位の計測・記録、Google マイビジネスのインサイトデータの確認・分析ができることに加え、Googleマイビジネス運用のためのノウハウレポートが月1で届くサービスが付随します。

最新情報やノウハウなどが届くとのことなので、MEOの社内リテラシー向上やインハウス化の一歩として重宝しそうです。

On map eye

BIGLOBE店舗マップ管理

BIGLOBE店舗マップ管理

BIGLOBE店舗マップ管理は、他のMEO対策ツールとはコンセプトが大きく異なり、Google マップだけではなく、FacebookやInstagramなどのSNSや地図サービスで店舗情報を一括して管理・更新できることが大きな特徴です。

営業時間や住所などが変わっても、一括で変更が可能なため、ユーザーに古い情報が伝わることがありません。

Google マイビジネスのカバー写真、プロフィール写真、属性なども更新できるため、MEO対策の基礎を固めると同時に、インターネット上に散らばる店舗情報の一元化をはかる際に活用すると良いでしょう。

BIGLOBE店舗マップ管理

ローカルミエルカ

ローカルミエルカ

ローカルミエルカは、Googleマイビジネス一元管理機能、ローカルSEO機能(検索順位の計測等)、Webサイト連携機能などを持ったMEO対策ツールです。

ミニマムプランが20店舗まで一律33,800円(1店舗あたり1,690円)の費用設定となっており、上位プランではさらに1店舗あたりの費用が下がるなど、多店舗を管理している企業ほど1店舗あたりのコストを削減できる仕様となっています。

Googleマイビジネス一元管理機能、ローカルSEO機能、Webサイト連携機能は、それぞれ独立したプランになっており、必要な機能を持つプランをチョイスできるところも魅力の一つです。

ローカルミエルカ

MEO対策ツールの料金比較表

紹介したMEO対策ツールの料金を比較表にまとめました。

MEO対策
ツール
順位
計測・記録
GMB
確認・分析
GMB
管理・運用
サポート料金(月額)
I Search From
(計測のみ)
無料
MEOチェキ
チャット
ボット
2,980円〜
(1ヶ月の無料デモ)
Gyro-n 「MEO順位チェックツール」不明1,500円〜
(2週間の無料トライアル)
ライクル GMB
メール・電話
 50,000円~
MEO tracker
メール
20,000円〜
(2週間の無料トライアル)
On map eye不明2,000円〜
BIGLOBE店舗マップ管理不明5,200円〜
ローカルミエルカ不明>33,800円〜

今回は、おすすめの無料・有料MEO対策ツールを7個ピックアップして、料金・機能を比較しました。

本記事の要点は、以下のとおりです。

  • MEO対策ツールの機能は、大きく下記の3つに分類できる
  1. Google マップの順位計測・記録
  2. Google マイビジネスのインサイト確認・分析
  3. Google マイビジネスの情報管理・運用
  • MEO対策ツールは、それぞれに特徴があるため、事業内容や規模、MEO対策のフェーズなどにより、コストとのバランスを見ながら、必要な機能を備えたサービスを選定する必要がある。

今回ご案内した内容を参考に、事業に合ったMEO対策ツールを選定して、Google マップの検索でも上位に表示される効果的なMEO対策を進めていきましょう。

この記事を書いた人
鎌田 啓佑
鎌田 啓佑
サーファー向け波情報・気象情報サービス提供会社にて気象予報士として勤務。その後、CSRコミュニケーションの支援企業でのデザイナー職を経て、2012年「鵠沼三丁目デザイン」を設立。2017年に株式会社UMIBEとして法人化。
このライターの記事を見る
TOP