【永久保存版】社会復帰できない主婦の働き方!下準備や事例も紹介!

【永久保存版】社会復帰できない主婦の働き方!下準備や事例も紹介!

「働きたいけど、専業主婦じゃ雇ってもらえなさそう…」と諦めていませんか?

子どもの成長とともに増えてくる教育費、老後2000万円問題など、生きていくには何かとお金がかかりますよね。

家族のため、自分のためにも「社会復帰を諦める」のは、もったいないかもしれません。

そこでこの記事では、「社会復帰のメリット」や「専業主婦におすすめの働き方・準備方法」を紹介します。

実際に「専業主婦から在宅ワーカーになった女性」の事例も紹介するので、社会復帰がしたいなと思っている人はぜひご覧ください。

主婦で社会復帰を実現した皆さん

体験談をすぐに知りたい方は、こちら!


繁さん
  繁さん
  ・女性
  ・30代
  ・元看護師


毎日17時までヘロヘロになりながら働いていた。子どもが生まれ「このままじゃ平日は子どもとの時間が全然取れない!」と思い一念発起!フリーランスとして医療ライター・編集・監修・ディレクションなど、在宅でパラレルワーク。理想通りのライフワークバランスを実現し、毎日子どもたちを「おかえり!」と出迎えられる環境をGet!フリーランスこそママにおすすめの職業だと感じている。


Sayakaさん
  Sayakaさん
  ・女性
  ・30代
  ・元会社員


もともと会社員として15年間マーケティング業務に携わっていましたが、結婚後に在宅でできる仕事を追及し、より専門的な知識を身に着け在宅でもできるWebに携われるマーケターに転身を決意。家から出なくても学べる「Webマーケティングスクール」で知識を身に着けた。

いきかた編集部 安達さやか
いきかた編集部 安達さやか

いきかた編集部の安達さやかです。

専業主婦であることを引け目に感じて、「社会復帰が怖い」と思っていませんか?

とくに、子育て中やブランク期間が長い主婦だと、社会復帰のハードルが高くなりがちです。

しかし世の中の流れが大きく変わってきた今こそ、「社会復帰するのにいいタイミング」かもしれません。

[執筆者プロフィール:安達さやかさん]

この記事の監修者
鈴木さん写真1

鈴木晋介
株式会社WEBMARKS代表/デジタルマーケター

会社員時代は、毎日上司に怒鳴られ、3〜4時間睡眠。時間と場所に縛られない自由な働き方を求めて、フリーランスWebマーケターとして独立する。独立後数年で月500万円以上の案件を受託。大好きなサーフィンをはじめ、自分の趣味を全力で楽しみながら仕事をしている。

株式会社WEBMARKS代表 鈴木晋介のプロフィールはこちら

\経験者だけが知る、自由に生きる秘密とは!?/

※メルマガは、いつでも登録解除できます。

主婦の悩み!社会復帰が怖い・不安な理由とは?

外で働く経験をしばらくしていないと、社会復帰する自信を失いやすいです。

社会復帰が怖い理由
  • 専業主婦だと雇ってもらえなさそう
  • 職場の人間関係が不安
  • 家事育児との両立がキツそう

「私なんて…」と専業主婦であることをネガティブに捉えて、社会復帰するのに二の足を踏んでしまう人って結構多いみたいですよ。

主婦歴が長過ぎて雇ってもらえるか不安

社会人としてのブランクが長くなると、再就職のハードルが高く感じやすいです。

「仕事に役立ちそうな資格を持っていない」「社会人経験が数年しかない」など、専業主婦は自信を失いがち…。

だけど、専業主婦であることを引け目に感じる必要はありませんよ。

2020年に発行された内閣府の推計における算定式(機会費用法による)によると、「専業主婦の時給は1383円」だそうです。

ちなみに、「時給1383円」には主婦が行う育児代が含まれていません。

2008年に総務省が行った社会生活基本調査では、「子どもが生まれると専業主婦の家事・育児時間が約2倍になる」ことがわかっています。

1年365日、朝から晩まで家事育児をこなしている専業主婦に、政府が発表したとおりの時給がもらえるとすると…ものすごい額になりますよね。

現実では専業主婦にお給料が出るわけではありませんが、それだけ政府に働きを認められているので自信を持っていいと思います。

(出典:共同参画 令和2年10月号 2ページ~3ページ|内閣府

いきかた編集部 安達さやか
いきかた編集部 安達さやか

あなたが不安に感じているほど、専業主婦の社会的な立場は低くないんです。

働くと人間関係の悩みが増えそうで怖い

人間関係の悩みって、面倒ですよね。

毎日家事育児で大変なのに、「職場の人間関係」という新たな悩みを抱えたくない…そう思っている人は多いです。

とくに、昔働いていたときに人間関係のトラブルで疲弊した経験があれば、再就職のために就活するのに腰が重くなってしまいます。

しかし実際のところ、昔に比べ出社して働くスタイルがスタンダードではなくなってきているのも事実。

働き方によっては、人間関係の悩みを抱えにくいポジションをゲットできるかもしれません。

社会復帰すると家庭との両立が大変そう

子どもがまだ手のかかる年齢だと、仕事と家庭の両立に不安を感じるのではないでしょうか?

うちの子、急に熱出したりするしな~」「通勤時間を考えると、短い時間しか働けなさそう…」なんて考える人、多いです。

また「ただでさえ毎日精一杯なのに、仕事なんてはじめたら時間に追われてキツイ思いをするのが目に見えている!」…なんて声もあったりします。

家事、育児に毎日真剣に向き合っている主婦だからこそ、社会復帰をシビアに捉えがちです。

しかし、実際のところリモートワークを推奨する会社が増えてきているので、あなたが選ぶ職種によっては通勤のストレスがかかりにくくなります。

\専業主婦で社会復帰したいなら/

主婦が社会復帰する4つのメリット

主婦にとって不安要素が満載の社会復帰ですが、働くメリットもあるんです。

社会復帰するメリット
  • 生活に余裕がでやすい
  • 教育資金を貯められる
  • 老後資金を貯められる
  • 社会とのつながりが持てる

社会復帰するとお給料がもらえるので、「お金の不安」が解消されやすくなります。

たとえば、今までよりも少し値段の高いお肉に手が出せるようになったり、子どもが望む習いごとや進学をサポートしやすくなったり…社会復帰によって自分と家族の笑顔が増えることも。

余裕のある生活を送れる

世の中お金がすべてではないけれど、お金がないとできないことも多いです。

専業主婦が社会復帰すると、世帯収入がアップするため余裕のある生活を送りやすくなります。

外食、旅行といった家族イベントには、ある程度の資金の余裕が必要です。

また、社会復帰してお金を稼げるようになると、自分の洋服やアクセサリーを買ったり、友だちと気兼ねなくランチに行けたりします。

子どもの教育資金を貯められる

子どもの成長とともに、必要な額が増える傾向にある教育資金。

子どもの塾代や、私立に進学…となると、かかってくるお金の桁がさらに違ってきます。

社会復帰して働くと、大切な子どものために教育資金を貯めやすくなりますよ。

子どもが大きくなって本当に教育資金が必要になったときに困らないように、今のうちからコツコツ貯めておくのもいいかもしれません。

いきかた編集部 安達さやか
いきかた編集部 安達さやか

「子どものためだとがんばれる」…そんな思いで働いているお母さんは多いです。

自分の老後資金を貯められる

夫が定年退職後、年金だけで余裕のある生活をするのは難しいといわれています。

ニュースなどでも老後2000万円問題として話題になったこともあり、老後の生活のために今のうちからお金を貯めていこうとする家庭が増えています。

社会復帰すると、医療費、介護費など老後に必要となるお金を、貯めやすくなりますよ。

自分が年を取ったとき、「子どもたちにできるだけ迷惑をかけたくない」と思うなら、働けるうちに働いて老後に備えておくといいでしょう。

社会とのつながりが持てる

長年主婦をしていると、社会から取り残されたような気持ちになる人が多いそうです。

社会復帰後の生活は、仕事で覚えないといけないことや、限られた時間の中での家庭との両立など大変な面もあるかもしれません。

しかし、働くことで社会とつながると、専業主婦として過ごしていた毎日とは異なる「やりがいや生き甲斐」を見つけられるメリットがあります。

仕事をしているときは、「妻」「お母さん」ではなく、「働く私」という新たな自分になれるため、人生にハリをもたらす効果も期待できるんです。

子育てや家庭のゴタゴタといった悩みやストレスも、社会とのつながりによって気分転換になるケースもありますよ。

いきかた編集部 安達さやか
いきかた編集部 安達さやか

私は子どもが2歳のときに社会復帰しました。

家事や育児との両立は大変ですが、仕事をとおして学ぶことが多く、とても充実した日々を過ごせています。

\主婦が社会復帰する秘訣とは?/

社会復帰できない主婦には在宅ワークがおすすめ!

社会復帰によって子育てや家事に支障が出ないか不安な人には、在宅ワークがおすすめです。

主婦に在宅ワークがおすすめなワケ
  • 在宅ワークだと家庭と両立しやすい
  • 通勤や人間関係のストレスから解放
  • 在宅ワークを導入する会社が増加

子どもの授業や授業参観がオンラインで行われたり、リモートワークを推奨する会社が増えたりと、自宅に居ながら社会とつながりやすい時代になっています。

在宅ワークなら通勤しなくていいですし、オンライン上でのコミュニケーションが大半なので人間関係が不安な人でも働きやすいんです。

在宅ワークだと家庭と両立しやすい

在宅ワークなら家に居ながら働けるので、家庭と仕事を両立しやすいですよ。

総務省統計局の調査によると、2021年の時点で専業主婦世帯数566万、共働き世帯数1247万となっています。

1980年代は専業主婦世帯のほうが多かったのですが、1996年頃を境に今にいたるまで共働き世帯のほうが多いんですよ。

国税庁の調査によると1996年〜2020年までの25年間で、日本の平均給与は28万円も減っています。

「家庭の収入を増やす」ことを目的に、共働き世帯が増えているんです。

専業主婦が家事育児の合間に家で少しでも仕事をするようになると、家計が潤う糧になります。

専業主婦世帯と共働き世帯数の変化

(出典:専業主婦世帯と共働き世帯|独立行政法人 労働政策研修・研修機構
(出典:平成8年民間給与実態調査 10ページ|国税庁(1996年)
(出典:令和2年民間給与実態調査|国税庁(2020年)

いきかた編集部 安達さやか
いきかた編集部 安達さやか

社会復帰して働くことで、家計が潤うのは嬉しいですよね。

通勤や人間関係のストレスがかかりにくい

自宅で働ける在宅ワークは通勤しなくていいので、通勤ラッシュや通勤時間の確保などのストレスと無縁。

パソコンを使いオンラインでコミュニケーションが取れるから、外へ働きに出るよりも人間関係のストレスがかかりにくいです。

生活のリズムを大きく変えずに働けるため、負担になりにくいのがポイント。

在宅ワークを導入する会社が増えている

リモートワーク推奨や、在宅ワークを導入する会社が年々増えています。

働き口が多くなっている在宅ワークは、これから社会復帰したい人におすすめです。

日々の連絡はチャットやメール、大切な会議や打ち合わせはリモートでするところが多く、パソコンがあれば家のリビング、寝室など好きな場所で働けます。

いきかた編集部 安達さやか
いきかた編集部 安達さやか

オンラインでのやり取りが増えていて、社会復帰しやすい時代になっていますよ。

【おすすめ】Webマーケティングスクール!未経験・初心者から3ヶ月でWebマーケター!株式会社WEBMARKS「Webマーケター育成スクール」をリリースします。週1度のグループコンサルティング、現役Webマーケターによる無制限質問対応、1年間の就職支援でWebマーケターへの転職を徹底的にサポート!...

\自宅で働きたいなら/

社会復帰できない主婦向けの在宅ワーク3つ

外へ働きに出ると家事育児の負担が増しそう…という主婦にぴったりな在宅ワークを紹介します。

専業主婦におすすめの在宅ワーク
  • 文字起こし
  • Webライター
  • Webマーケター

在宅ワークにはいろいろな種類がありますが、主婦で子育て中の人はとくにノートパソコンを使ってできる仕事がおすすめ。

子どもがまだ小さいうちは、目が離せなかったり、そばにいないとすぐに起きてしまったりするからです。

また、小学生になると宿題を見てあげたり、親が丸つけしなければならなかったり、近くでサポートしなければならないことが増えます。

ノートパソコンだと好きなところに持ち運べるため、子どもがお昼寝や宿題をしているそばでも仕事ができて、隙間時間を有効に使えますよ。

文字起こし

文字起こしは、会議や打ち合わせ、インタビューなどの音声を文字にする仕事です。

会社からもらった音声をもとに、パソコンで打ち込みをしていくのが基本。

会議や打ち合わせ、インタビューなどの音源は1時間ほどのものが多いため、けっこうな文字数を打ち込むことになります。

そのためブラインドタッチができる人に向いている仕事です。

Webライター

文章を書くのが得意な人には、Webライターがおすすめです。

美容系、子育て系など、さまざまなジャンルでWebライターの募集が行われています。

医療系や金融系といった専門的な知識、資格があると報酬が高い傾向に。

基本的には「依頼された内容を執筆する」という個人プレーの働き方ですが、大手公式サイトに掲載したり、大きなプロジェクトだったりする場合はチームで作成することもあります。

執筆したものが多くの人の目に留まり、商品やサービスの売上になるのをサポートする役目なので、Webに関する知識があるほうが会社から重宝されやすいです。

Webマーケター

Web上で、商品やサービスがよく売れるようにするのがWebマーケターの仕事です。

そのため、Webに関する知識は必須。

専門知識がないとできない仕事ですが、Webマーケターは社会からの需要が高い職種でもあります。

そのため、文字起こしやWebライターよりも、Webマーケターの報酬のほうが高い傾向にあるんです。

限られた時間で自宅でガッツリ稼ぎたいなら、Webマーケターを目指すのがおすすめです。

いきかた編集部 安達さやか
いきかた編集部 安達さやか

毎日忙しい専業主婦でも、在宅ワークなら社会復帰しやすいですよ。

\Web系の仕事は需要が高い/

未経験から社会復帰を果たした主婦の事例

しばらく専業主婦をしていると、社会と隔絶された世界に生きているから社会復帰に対して漠然とした不安を抱える人も少なくないでしょう。

しかし、社会復帰すると「収入」「やりがい」といった、嬉しいご褒美が待っています。

長年専業主婦をしていると「私でも社会復帰できるかな?」と不安に思うかもしれません。

そんな時には「在宅ワーク」から社会復帰を初めてみては?

ここではWebの知識を身につけて、未経験から社会復帰した主婦の事例を紹介します。

通勤しなくても働ける「在宅ワーク」で社会復帰したのが、おふたりの共通点です。

外へ働きに出るよりも、家事育児の負担になりにくいので社会復帰してから今にいたるまでずっと「在宅ワーク」を続けているそう。

主婦のみなさん!ぜひおふたりの経験を読んで、社会復帰する参考にしてみてくださいね。

Web系在宅ワーカーで子育て中の繁さん

繁さん画像

4歳と6歳の子育てをしている繁和泉さんは、39歳。

長年看護師として活躍されていましたが、長男の妊娠出産を機に「自宅での時間を有意義に使いたい」と思いライターの仕事をはじめたそうです。

在宅で働きながらメキメキとWebの知識を身につけてきた繁和泉さんは、現在Web系のパラレルワーカーとして充実した日々を過ごしています。

繁和泉さんの在宅ワークの内容
  • 医療ライター
  • 編集
  • 監修
  • ディレクションなど

家でWeb系の仕事をはじめて7年目となる今ではなんと、月に40万円〜60万円の収入を得られるように!

家事・育児の合間にしっかり働きつつも「職場は自宅」なので、子どもたちに「おかえり」といってあげられるそう。

家族が笑顔で過ごせる今の環境は、Web系在宅ワークだからこそ得られるものだとおっしゃっていました。

主婦でWebマーケターになったSayakaさん

Sayakaさん

30代で主婦のSayakaさんは、在宅でWebマーケターとして活躍されています。

会社員歴15年でマーケティング業務をしていたそうですが、結婚を機に「自宅で働ける仕事に就きたい」と考えるように。

「在宅ワークで稼ぐには専門知識が必要」だと思ったSayakaさんは、WEBMARKSのオンラインスクールでWebマーケティングを学びました。

数あるスクールの中からWEBMARKSのオンラインスクールを選んだのは、「家から出ずに学べる」から。

その後、見事Webマーケターに転身して、オンラインスクールで学んだ専門知識を日々仕事に活かし収入を得ているそうです。

「自宅で学び、自宅で稼ぐ」を体現したSayakaさん。

Webの専門知識は高い収入を目指すのに不可欠な要素です。

Sayakaさんのように在宅ワークで社会復帰したい人は、オンラインスクールで専門知識を学ぶことからスタートするといいかもしれませんね。

\家でWebの専門知識を学べる/

社会復帰が怖い主婦におすすめの準備方法4つ

社会復帰して自分の力でお金を稼げるようになると、生活が潤います。

だけど、子どもがいたり、家事の大半を自分でこなしたりしている状態では、いきなり「働く!」というのは難しいですよね。

主婦だからこそ、社会復帰のための準備をすることが大切です。

社会復帰する準備方法
  • 専門書やネットで独学
  • スクールに通って専門知識を学ぶ
  • オンラインスクールで実力アップ
  • 子どもの預け先を探す

しっかり準備してから社会復帰すると、仕事をスムーズに進めやすくなりますよ。

あなたのライフスタイルにあった準備方法を選び、ぜひ実践してみてください。

専門書やネットで独学

社会復帰してどんな仕事に就きたいか決まったら、専門書やネットで独学するのもアリです。

専門書はネットで購入できますし、近所の本屋さんで買ってもいいですね。

また、スマホやパソコンがあれば、ネット上に出ているたくさんの情報をもとに専門知識を学ぶことができます。

ただ、独学のネックは、自分を律するのが必須なこと。

自力で専門知識を身につけるには、日々勉強時間を確保しコツコツと学び続けなければいけません。

勉強好きなタイプ」「コツコツ努力するのが得意な人」には、独学するのが向いているでしょう。

しかし、独学だと「学ぶ方向性を間違えていても、誰も教えてくれない」ので、そこは注意が必要です。

スクールに通って専門知識を学ぶ

「自分を律して自宅で学ぶのに自信がない人」は、スクールで専門知識を学ぶといいでしょう。

講師から学ぶ専門知識は、あなたが社会復帰する糧になるはずです。

スクールに通うと同じクラスの人たちと関わる機会もあるでしょうから、自分だけでモチベーションを上げるのは難しい人に向いています。

ともに頑張る仲間がいるのは、頼もしいことです。

ただ、ネックなのはスクールだと「通う必要がある」こと。

育児中の人がスクールに通う場合は、事前に子どもの預け先を確保するのが必須になります。

また、雨の日、寒い日、暑い日でも通わないといけないため、近所にあるスクールを選ぶのがおすすめです。

オンラインスクールで専門知識を学ぶ

「自宅で学びたい」「子どもにまだ手がかかる」なら、オンラインスクールで専門知識を学ぶといいですよ。

オンラインスクールだと時間の融通が利くので、家事や育児に忙しい主婦にぴったり。

さまざまなオンラインスクールがあるため、専門知識だけでなく「仕事をゲットするためのテクニック」も教えてくれるところを選ぶと、収入につながりやすくなります。

また「オンラインスクールは不安」という人は、スクールの講師がその専門知識でしっかり稼げているかをチェックするのがポイント。

仕事につなげるための専門知識なので、「その分野のデキる経験者」から学びたいものです。

子どもの預け先を探す

子どもを預けながら働けるように、保育園や幼稚園・学童保育などに申し込みをしておきましょう。

申し込んですぐに入れる!というわけではないため、事前にリサーチしておくことをおすすめします。

たとえば、小学校の放課後に預ける学童保育の場合、住んでいる地域によっては「町内会に入っている人しか申し込めない」ということも。

「せっかく社会復帰できたのに、預け先が確保できず仕事が進まない…」という事態にならないためにも、事前の準備が大切です。

ちなみに、独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査によると、社会復帰の準備として保育の手配をした人の割合は76.2%となっています。

保活は何かと大変かもしれませんが、子育て中の人であれば大半が通る道です。

社会復帰で仕事時間を確保するのに保活は必要なので、頑張ってください!

(出典:子育て後の女性の再就職 課題とその解決|独立行政法人 労働政策研修・研修機構

\家で社会復帰に向けて備えよう/

もう働けないと諦める前にWebを学ぼう!

主婦歴が長くて、社会復帰が不安になる人は多いです。

しかし、現状として共働き世帯が主婦世帯よりも多く、社会復帰する女性が増えています。

平均寿命が延びたり、年金受給年齢が上がったりするなど、人生でお金が必要となる期間は長いです。

「子どもの教育費が大変」「老後のお金が足りない!」と感じたときに仕事をスタートさせるよりも、今から社会復帰の準備をしておくほうが賢明かもしれません。

Webマーケターは社会的な需要が高く、専門知識があるほど収入につながりやすいです。

ゆとりのある生活や将来のために、Webの専門知識があれば在宅で働けます。

メルマガに登録して、Webマーケターに関する知識やスキルを無料で学んでみてはいかがでしょうか?

今の働き方に、疑問を感じているなら
  • 「将来性・やりがいを感じられず、先が見えない」
  • 「仕事だけでなく、プライベートの時間も大事にしたい」
  • 「食いっぱぐれないように、需要のあるスキルを身につけたい」

そういった方へ、自由な働き方を手に入れる「Webマーケター養成講座」期間限定で無料プレゼント中です!

Webマーケターは、時間や場所に縛られない仕事。自宅やカフェはもちろん、旅行をしながら働くことだって可能です。

会社員から独立を成功させた、現役フリーランスWebマーケターが、実体験に基づいた現実的な方法論をお伝えします。

まずは、以下のページから詳細をチェックしてみてください。

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

※メルマガは、いつでも登録解除できます。

TOP
動画講座無料プレゼント