育成プログラム

Webマーケティング職は難しい!?【転職前に身につけること】

「Webマーケティングの業務内容は難しい?」「未経験だけど向いているかな?」と悩む方も多いでしょう。

結論から伝えますと、Webマーケティング職は難しいですが、勉強を行うことでできるようになります。

本記事では、Webマーケティングが難しい理由と向いている人、転職前に行うべきことを解説します。

本記事を参考にして、Webマーケティング業界への転職の準備をしてください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングが難しい3つの理由

Webマーケティングが難しい3つの理由 Webマーケティングが難しいと言われる理由は以下のとおりです。

  • 専門用語が多い
  • 仮説と検証立て
  • 常に結果を求められる

まずは業務内容の参考になるよう、Webマーケティングが難しい3つの理由を解説します。

専門用語が多くてコミュニケーションが難しい

Webマーケティング業務では、専門用語や略語が飛び交います。

新規オウンドメディアのカスタマージャーニーを作成して
KPI設計はどうしようか?
LPの直帰率はどうなっている?

上記の会話内容は、Webマーケティング職では一般的ですが、未経験者には意味が理解できないやりとりに感じられるかもしれません。

専門用語は業務を行う中で自然に身につきますが、初めはコミュニケーションに苦労することが多いでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

仮説を立てて検証することが難しい

Webマーケターの重要な仕事の1つが、仮説検証になります。

仮説検証とは、データをもとに施策の分析を行い、効果や要因の仮説を立てて、仮説の立証を確認するために、検証を行うことです。

Webマーケティングでは、仮説と検証を繰り返し、目標達成を目指します。

初めのうちは、データの見方や改善箇所などが分からないため、適切な仮説を立てるのが難しいでしょう。

間違った仮説を立てることで、いつまでたっても結果につながらないケースは多々あります。

適切な仮説を立てるためには、センスと知識、多くの経験の積み重ねが必要です。

初めから上手く仮説立ては行えないため、仮説立てで挫折を味わうWebマーケターは多くいます。

常に成果を求められることが難しい

Webマーケティングでは良くも悪くも、結果が数字として明確に表示されます。

結果が明確な数字として現れるため、Webマーケティングは成果主義の業界です。

年齢や勤務年数に関わらず、結果を出せるWebマーケターが優遇されます。

会社やクライアントからは常に成果を求められるため、大きな責任感を持って働けるはずです。

初めのうちは、成果への期待感が大きなプレッシャーとなるでしょう。

Webマーケティングが向いている人の特徴3選

Webマーケティングが向いている人の特徴3選 Webマーケターにも適性があります。

下記3つの特徴に該当する方は、Webマーケターに向いています。

  • 論理的思考ができる
  • 学ぶ意欲が高い
  • 常に最善を考えられる

3つの特徴について解説していくため、あなたがWebマーケターに向いているのか、確認してみてください。

物事を論理的に考えられる人

論理的思考とは、客観的事実に基づいて結論を導くことです。

Webマーケティングにおいて、論理的思考は仮説立てをするときに大きく役立ちます。

Webマーケティング初心者でも、問題に対する仮説はいくつも考えられるでしょう。

しかし、すべての仮説を検証するには、時間と費用がかかりすぎます。

論理的思考を使うことで、適切な仮説だけ選定できるようになるのです。

簡単に言えば、悪い仮説を排除して、良い仮説だけ検証できるようになります。

論理的思考は練習さえ積めば、誰でも習得できます。

手軽にできるおすすめの練習法は、日々の思考を深堀りすることです。

たとえば、「あの映画は良かった」と考えるところを、「~という理由であの映画は良かった」と言語化する練習をしましょう。

学ぶことが好きで勉強を続けられる人

Web業界は変化が激しく、次々と最新の情報や技術が出てきます。

業界の変化に対応できないWebマーケターは、大きな成果を出せません。

成果を出し続けるためにも、最新情報や事例を学び、スキルとして身につける必要があります。

常に学ぶことが多いからこそ、学習意欲の高さはWebマーケターとしての大きな強みとなります。

常に最善のことは何か考えて行動できる人

Webマーケターの仕事は、企業の収益や集客を最大化することです。

常に変化を続ける業界のため、たとえパフォーマンスが好調だとしても、最善のことを考える必要があります。

また、最善策を考えついても、行動に移すことが遅ければ、競合に抜かれてしまう可能性が高いです。

最善策が考えついたら、素早く行動に移し、結果の検証を行いましょう。

高速でPDCAを回すスキルが、Webマーケターには必要です。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

未経験者がWebマーケティング職へ転職する前にすべきこと

未経験者がWebマーケティング職へ転職する前にすべきことWebマーケティング職は難しく思えますが、事前準備しておくことで、転職のハードルは下がります。

ここでは、Webマーケターを希望する未経験者がしておくべき3つのことを解説します。

ITソフトを使いこなせるようにする

Webマーケティングでは、いくつものITソフトを使うようになります。

そのため、事前にITソフトをマスターしておくとよいでしょう。

以下がWebマーケティング職で、使用頻度の高い主なITソフトです。

  • チャットワーク(コミュニケーション)
  • Slack(コミュニケーション)
  • Microsoft Office系ソフト
  • Google Analytics
  • SNS

特に重要なソフトが、データ集計と分析に役立つExcelです。

Webマーケターになれば、何度もExcelを使ってデータ抽出することになるでしょう。

Excelは生産性を高めるマストツールですが、使いこなせるようになるまでは時間がかかります。

Excelを使えなければ、一人前のWebマーケターとして活躍できません。

そのため、Webマーケターへの転職を考えているのなら、早めの段階でExcelを学ぶのがおすすめです。

専門用語をインプットする

Webマーケティングが難しいと考えられる理由は、難解な専門用語が頻出するからでした。

見方を変えれば、専門用語さえ学ぶことで、Webマーケティングの難しさが軽減されるということです。

すべての専門用語をインプットするのは不可能ですが、KPIやカスタマージャーニー、コンバージョンなどの基本的な専門用語は事前にインプットしておきましょう。

参考:「Webマーケティング未経験者におすすめの勉強

Webサイトを立ち上げて概要をつかむ

Webマーケターのスキルを身につけるには、実際にサイト運営やアクセス解析などを行うことが一番です。

Webサイトを運営することで、下記の概要をつかめます。

  • Webライティングスキル
  • HTMLやCSSの基礎知識
  • SEO対策
  • 解析・分析ツール

WebサイトやSNSアカウント運営で、実績を出せれば転職時の評価にもつながります。

Webマーケティング職への転職を考えている場合、WebサイトやSNSアカウントの運用を行ってみましょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

まとめ:Webマーケティング職は難しいができるようになる

Webマーケティング職の難しさについて解説しました。

初めこそ難しいかもしれませんが、業務をこなすことで必要なスキルは身についていきます。

また、下記の事前準備を行うことで、Webマーケティング業界への転職ハードルは大きく下がることでしょう。

  • Excelを始めとしたITソフトを学ぶ
  • 専門用語のインプット
  • Webサイトの運営

ITソフトや専門用語を学びながら、実際にWebサイトの運営を行うことが、Webマーケティングスキルが身につく最善の方法です。

1人での学習が難しい、事前に即戦力となれるスキルを身につけたい方は、Webマーケティングスクールへ通うことがおすすめです。

あなたに合った事前準備をして、Webマーケティング業界で良いスタートを切りましょう。

弊社はWebマーケティングのスクールを運営しております。まずはお問い合わせから。。

【おすすめ】Webマーケティングスクール!未経験・初心者から3ヶ月でWebマーケター!

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

TOP