育成プログラム

Webマーケティング職に未経験からなるには?3つの方法を解説

webマーケターになる方法

昨今、Webマーケティング業界の急速な拡大に伴い、Webマーケティング職、またはWebマーケターに注目が集まっています。

言葉のイメージから、「Web上でマーケティングを行う人」ということは分かっているものの、実際どのような仕事でどのような役割を担う仕事なのか分からない人も多いのではないでしょうか。

Webマーケティング未経験の人がWebマーケティング職に就くためのステップについて解説します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング職とは

webマーケターWebマーケティング職とは、Webサイトやアプリ、SNSなどWebを活用したマーケティングに携わる仕事です。ミッションは「対象となるサイトから集客し、商品・サービスの売上を拡大する」ことにあります。

Webサイト・Webサービスのブラッシュアップや、ブランド認知向上のための施策を立案・実行し、売上向上をミッションとしている職種です。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング職に就くための方法3つ

webマーケターになる方法未経験からWebマーケティング職に就くためには、以下の3つの方法があります。

  • 就職・転職する
  • 社内異動を狙う
  • フリーランスとして独立する

いずれの方法についても、いち早く自分の血肉にできるよう現場で実践を積むしかありません。

就職・転職する

実践を積むために就職や転職は有効です。なぜなら、今回挙げる3つの方法の中で一番早く現場で経験を積める可能性が高いからです。

ITやWebに強い就職・転職サイト転職エージェントを利用して、未経験でも採用されそうな企業があるか話を聞いてみましょう。

また、実際面接の場に行かないとどのような評価がされるかはかりかねるので、積極的に応募してみるのもよいでしょう。

未経験の場合は実績がないことがネックとなりますが、Webマーケティングスクールを受講したり、自分でブログ運営したりすることで評価ポイントを増やすことができます。

学生であれば、Webマーケティング企業でインターンを行うことで、社員への登用も狙えるかもしれません。

社内異動を狙う

勤務している企業の中で異動を狙うという方法もあります。Web部門への異動によりWebマーケターを目指します。

人事への確認、人事制度を用いた異動、上長や異動希望の部門長へのアピールなど自分の環境に合わせて有効な手段で異動を掴み取りましょう。

自社内の異動のため、いきなりWebマーケターとなることは難しくても、Web関連のポジションからステップアップすることも可能です。

また、商材・サービス自体の知見を備えて異動するため、転職と比較するとWebマーケティングのスキル向上に注力することができます。

フリーランスとして独立する

フリーランスとして独立する方法もあります。もちろん何も実績のないままフリーランスになることはできません。

1つ目の選択肢として、ブログ・アフィリエイトなどを副業で行い、将来的にフリーランスとなる方法があります。

2つ目として、Webマーケティングスクールを受講し、学習面だけではなく独立のステップまで指導してもらうという方法もあります。

講師は現役もしくは元Webマーケターであることがほとんどなので、業界におけるキャリア形成についても相談することができます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング職になるまでの有効なステップ

webマーケターへの有効なステップスキルアップするために有効なステップについて解説します。

Webマーケティング職に就くためには、インプットとアウトプットの両面から準備をする必要があります。ピックアップした方法のうち、どれかを実践すればOKというわけではなく、インプットしたらアウトプットもセットで行うようにしましょう。

関連書籍を読む

Webマーケティングの基礎知識を習得するには、書籍が有効です。未経験者向けに書かれた本も多くあるのでインプットに活用しましょう。

書籍といえど、その数は多く、どの本から読んだらよいか迷うことがあります。自分の専門とする分野、知識を深めたい対策など、自分にあった本を選択してください。

関連書籍については下記の記事でも詳しく解説しています。

副業でWebマーケティングに挑戦する

副業としてアフィリエイトやブログ運営に挑戦してみるのもおすすめします。アフィリエイトやブログ運営は収益化を目指すので、試行錯誤がつきものです。必然的にインプットとアウトプットを繰り返すことにもなります。

また、Webライターとして、コンテンツSEOを経験することも有効です。Webライターをすることで「マーケターがどのような意図でコンテンツを構築しているのか」体感することができます。

いずれの経験も就職・転職活動などの場面でアピール材料にしましょう。

Webマーケティングスクールを受講する

スクールにはカリキュラムがあるので体系的にWebマーケティングを学ぶことができます。書籍を用いた独学とは異なり、決められた期間で習得できるよう設計されているのも特長です。

Webマーケティングスクールはインプットだけでなく、必ず実践的な運用カリキュラムも用意されているのもおすすめするポイントです。

就職サポートサービス付きのスクールもあるので、未経験からWebマーケティング職になるのに近道と言っても過言ではありません。

 

インターンをする

学生であればインターンも有効な方法です。そもそもインターンとは企業が優秀な学生を発掘するために実施していることも多く、インターン期間のスキル・実績・人柄などで社員に登用されることがあります。

気になる企業があれば直接応募することも可能ですし、JEEKやWantedlyなどでインターン生を募集している企業を探しましょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

目標から逆算して準備するのが最強

目標からの逆算未経験からWebマーケティング職となるためには、アピールできる材料をできる限り準備しなくてはなりません。

「どのようなWebマーケターに、いつまでに、どの領域で」という具体的な目標から逆算して、準備を進めるのがもっとも重要です。

まとめ:Webマーケティング職になるには3つの方法アリ!

未経験からWebマーケティング職になることはできます。Webマーケティング職になるには、下記の3つの方法があると解説しました。

  • 就職・転職する
  • 社内異動を狙う
  • フリーランスとして独立する

どの方法を取るとしても、インプットとアウトプットの積み重ね、そして未経験であってもアピールできるスキルや実績を作ることが不可欠です。

WEBMARKSでは効率的な学習をサポートいたします。Webマーケティング未経験から3ヶ月で就職、または案件獲得ができる状態に導きます。

Webマーケター養成スクールへのお問い合わせは、下記より受け付けています。お気軽に、ご相談ください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

TOP