【事実】無理しない生き方で大丈夫。仕事を見直すときかもしれません

【事実】無理しない生き方で大丈夫。仕事を見直すときかもしれません

昨今では、働き方改革をはじめとして、働きやすい環境をつくるための取り組みが行われていますね。

でも、現実としては、仕事で無理をして生きづらさを感じている方が多いのではないでしょうか?

もしかすると、「自分が甘いだけ」「忍耐が足りない」と考えてしまい、仕事のストレスを見逃しているかもしれません。

私は、そういった仕事で無理をしている方へ、「無理しない生き方で大丈夫だよ」と伝えたいです。

この記事では、あなたが無理しているかを確認するとともに、無理しない生き方を実現する方法を説明します。

また、無理をしないで生き方を実現している皆さんの事例も紹介するので、参考にしてください。

無理しない生き方を実現した皆さん

体験談をすぐに知りたい方は、こちら


東さん
  東さん
  ・男性
  ・30代
  ・元整体師


鍼灸整骨院運営中に、インターネット集客に取り組む中で、Webライティング・Webマーケティングに興味を持つ。現在は、フリーのWebライターとして活動。フレキシブルなワークスタイルで、子育てと仕事を両立する日々を送っている。


松山さん
  松山さん
  ・男性
  ・30代
  ・元会社員


元人事採用担当・転職コンサルタント。日々の業務がルーティン化していく中で疑問を感じ、WEBMARKSを受講。フリーランスのWebマーケターとして独立し、時給3,000円以上の案件を複数獲得。自分主体のワークスタイルに楽しさを感じている。


暈さん
  暈さん
  ・男性
  ・20代
  ・元大学生


大学在学中にWeb系のスキルを模索するなかで、Webマーケティングに出会い、WEBMARKSを受講。すぐに案件を獲得し、月20〜25万円の収入を達成。スーパーのアルバイトからWebマーケターへの転身で、収入と時間に余裕ができた。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔

いきかたメディア編集部の東です!仕事はフリーランスのライターでして、無理をしない生き方を実現しています。

実例を見てみると、仕事で無理をしない生き方を実現するためのヒントを得られるかもしれませんよ!

この記事の監修者
鈴木さん写真1

鈴木晋介
株式会社WEBMARKS代表/デジタルマーケター

会社員時代は、毎日上司に怒鳴られ、3〜4時間睡眠。時間と場所に縛られない自由な働き方を求めて、フリーランスWebマーケターとして独立する。独立後数年で月500万円以上の案件を受託。大好きなサーフィンをはじめ、自分の趣味を全力で楽しみながら仕事をしている。

株式会社WEBMARKS代表 鈴木晋介のプロフィールはこちら

\経験者だけが知る、自由に生きる秘密とは!?/

※メルマガは、いつでも登録解除できます。

無理しない生き方で大丈夫!仕事を頑張り過ぎないで

「無理しない生き方をしたい」と思いつつも、無意識のうちに頑張り過ぎていませんか?

私も無理をして仕事をしていたときがありましたが、今では、無理をしない生き方を選んでいます

伝えたいのは、「無理しない生き方でも大丈夫」ということ。

今の仕事で無理をしているなら、仕事を変えるというのも選択肢の一つです。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
私も「無理をしない生き方」をしています。余裕ができたことで、落ち着いて家族と過ごす時間を取れるようになりました。

この記事の後半でも、仕事を変えることで無理をしない生き方を実現した方たちを紹介しています。

仕事で無理をしないでも生活はできますし、無理しない生き方を選ぶことは「逃げ」でも何でもありませんよ!

無理しない生き方を選んだ方たちの体験談は、こちら

\仕事は、無理しなくても大丈夫!/

無理しない生き方できてる?仕事チェック項目6つ

無理しない生き方をするには、心身に不調がなく、前向きに人生を楽しんでいる状態を作ることが理想です。

心身の不調や、人生を前向きに捉えられるかには、仕事が大きく関わってきます。

現在の仕事で、以下のような状態になっていませんか?

仕事で無理している状態
  • 好きな仕事ができていない
  • 同僚や上司と仲が良くない
  • 仕事に飽きている
  • プライベートが充実していない
  • 眠れない日が続いている
  • 体調を崩すことが多い

やりがいを感じられない」「長時間労働になっている」「人間関係にストレスを抱えている」など、思い当たる節があれば危険信号です。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
仕事に不満を抱えているなら、無理のある生き方になっているかもしれません……!

好きな仕事ができていない

自分の好きな仕事ができていない」「嫌なことを無理にしている」と感じるなら注意が必要です。

好きなことを仕事にする生き方が一番よいですが、現実問題として、好きな仕事をできる機会は少ないかもしれません。

好きな仕事をする2つのパターン
  • 自分が好きなことを仕事にする
  • 仕事をこなすうちにうちに好きになる

ただし、好きな仕事ができなくても、努力次第で現在の仕事に面白味を見い出し、好きになれることもあります。

一年目で「好きな仕事ができていない」と感じるケースであれば、もう少し続けてみるのが良いかもしれません。

ただし、5年、10年と勤めて、面白いと感じられないのであれば、仕事で無理をしている可能性があります。

同僚や上司と仲が良くない

同僚や上司と仲が良くない場合、仕事上の人間関係によるストレスを溜め込んでしまっているかもしれません。

日本労働調査組合が528人の男女に対して行ったアンケート調査によると、「職場の人間関係」が不満で仕事を辞めたいと答えた人は全体の38.6%に上っています。

仕事を辞めたいと考える理由の中でも「職場の人間関係」は約38%と上位に上がっています。

参考:仕事を辞めたい人は全体の3割強!退職動機に関する労働調査(2021年4月度プレスリリース)|日本労働調査組合

他の回答と比べると、「評価・待遇面の不満」に並んでもっとも多い割合です。

職場の人間関係で、ストレスを抱えて無理をしている人は、かなり多いことが読み取れますね。

同僚や上司と仲が良くないと、仕事で無理をすることになり、結果的に、退職につながってしまうのです。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
どうしても人間関係の改善が難しいときは、職場を変えるなどの選択も必要かもしれません……。

仕事に飽きている

仕事に飽きていると感じる場合も、要注意です。

「飽きた」という感覚が出ているときは、脳が「休め」というシグナルを出している状態といえます。

つまり、飽きたと思ったら脳が疲れている状態なのです(出典:2020年10月号『「疲れ」を感じるときには。』 | 茨城産業保健総合支援センター)。

飽きた状態で無理に仕事を続けると、脳の疲れがたまり、睡眠障害に陥る可能性もあります。

仕事に飽きたときは、適度に休憩を挟むような働き方が理想だと考えられます。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
「仕事に飽きてきた」と感じたら、まずは脳が疲れていないか?と疑ってみてくださいね。

プライベートが充実していない

プライベートの時間を楽しめていない場合、仕事で無理に頑張ってしまっているのかもしれません。

ただし、「プライベートを充実させる=仕事をおろそかにする」ということでは決してありません。

自分の納得のいく形で仕事をし、イキイキと働けていれば、休日も気に病むことなく趣味や娯楽を楽しめるのです。

つまり、プライベートが充実していない場合、仕事での無理が影響して楽しめていない恐れがあります。

プライベートを捨ててまで仕事を無理してやっていないか、一度、振り返ってみてください。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
私も、過去にはプライベートの時間を削って、家族を養うだけの働き方をしていました……。

眠れない日が続いている

仕事の不安や悩みで眠れない日が続くときは、無理をしている可能性があります。

好きな仕事であっても、次の日の仕事が気になって眠れない場合は注意が必要です。

睡眠を十分に取れないと、健康への害が出はじめるでしょう。

就寝や睡眠時間が不規則だと、生活のリズムが崩れ、心身の良い状態をキープしにくくなるのです。

また、うつの初期には、不眠の症状が現れると言われています。

精神疾患を抱えないためにも、睡眠障害になったら仕事で無理をしている点を自覚して、仕事を休んだりすることをおすすめします。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
ひどい場合には、自分だけで抱え込まずに、病院に相談に行くなどしましょう。

体調を崩すことが多い

仕事における精神上のストレスで自律神経が乱れると、体調を崩す場面が増えます。

自律神経の乱れが関係する不調には、以下のようなことがあります。

自律神経の乱れが関係する不調
  • 頭痛
  • 動悸
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 食欲不振

このほかにも、さまざまな症状が考えられます。

とくに出勤前や出勤中に身体の調子が悪くなる場合は、仕事で無理をしているかもしれません。

そんなときは、休むことを考えてください。

\仕事、無理し過ぎてないですか?/

仕事は無理しないのが一番!生き方を見つめ直そう

仕事で無理をすると、健康を害したり人生を楽しめなかったりして、生き方としても悪い方向に進んでしまいます。

逆にいえば、仕事で無理をしないことで、生き方は大きく好転する可能性があるのです!

仕事で無理をしないことが一番な理由
  • 仕事のパフォーマンスが上がる
  • 健康にイキイキと暮らせる
  • 人生をめいっぱい楽しめる

仕事のパフォーマンスが低下すると、やりがいが感じられないなど、悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。

一方で、仕事で無理をしないと、体調を万全に整えて仕事に臨めるため、良い結果が出やすくなります。

仕事が楽しくなるのはもちろん、プライベートも前向きに過ごせるようになりますよ。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
やっぱり、仕事は無理をしないのが一番。自分の人生を見つめ直してみてくださいね。

仕事のパフォーマンスが上がる

逆説的ですが、仕事で無理をしないことで、かえってパフォーマンスが上がります。

なぜかというと、仕事のパフォーマンスは、体調やモチベーションに影響を受けるからです。

仕事で無理をすることで、ストレスがたまってしまい、体調を崩したりモチベーションが低下したりします。

仕事で無理をしないことで、心身ともに健康な状態を保てるので、判断力や集中力が上がるでしょう。

仕事で無理をしないことで、あなたの本当の実力が発揮できるようになりますよ!

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
「無理をすること」と「頑張ること」は違います!混同せずに分けて考えたいですね!

健康にイキイキと暮らせる

仕事で無理をすると、健康に悪い影響を及ぼすのは、ここまでお伝えしてきたとおりです。

逆にいえば、仕事で無理をしないようにすると、健康的にイキイキと暮らせます

ストレスから解放されてよく眠れたり、疲れを溜めることなく休日も活動できたりするでしょう。

これまで削ってきた、睡眠や運動の時間プライベートを楽しむ時間を取り戻すことができるのです。

仕事は大事ですが、うつ状態に陥ったり、食欲不振になったりしてしまっては元も子もありません。

仕事も健康的に長く続けられるように、無理をしない選択が大切なのです。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
体調の悪化により、仕事自体ができなくなっては本末転倒です……。

人生をめいっぱい楽しめる

仕事で抱える心身のストレスから解放されると、人生をめいっぱい楽しめます。

1日8時間働くと考えると、1日の3分1は仕事をしているということです。

1日の大半を占める仕事の時間で無理をすると、人生の大半を苦しんで生きることになりますね。

1日8時間働くと考えると、1日の3分1は仕事をすることになります。

逆にいえば、仕事で無理をしないようにして、楽しめるようになれば、人生は一気に好転します。

限りある人生の大部分を占める仕事で苦しんでいるなら、このタイミングで、生き方を見直してみませんか?

\無理しないで楽しく仕事するには?/

仕事で無理をしない生き方の実践方法

仕事で無理をしている場合は、自分を守るためにも職場環境づくりが重要です。

無理をしない生き方を実現するには?
  • 勤務形態について会社と話し合う
  • 転職をする
  • フリーランスになる

まず考えられるのは、会社との話し合いによる自分に合った職場環境づくりです。

会社と話し合っても解決できないときは、転職を検討することもおすすめです。

別の会社や業界への転職や、フリーランスなどの働き方自体の変更など、無理をせずに働くための対策を考えることも大切です。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
ここでは、仕事で無理をしない生き方の実践方法についてそれぞれ紹介します!

勤務形態について会社と話し合う

勤務時間が長くて、プライベートの時間や睡眠時間が確保できない場合は、会社と勤務時間について話し合うことをおすすめします。

会社側が労働者に無理をさせているかどうかを判断するためにも、法律で決められた労働時間や休憩、休日について知っておくとよいでしょう。

労働基準法には、従業員の働き方について次のように定められています。

  • 雇用者は、従業員に対し1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させられない
  • 労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を雇用者は労働者に与えなければならない
  • 雇用者は労働者に対し、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなけれならない

引用元:労働時間・休日に関する主な制度|厚生労働省

現在では仕事で無理をしないために、ワークライフバランスを整えるための法律が整備されているのです。

自分自身が不当な労働を強いられていないかを確認するためにも、法律について知っておきましょう。

転職をする

会社との話し合いで、人間関係や雇用形態について折り合いがつかない際には、転職をすることも一つの手段です。

自分のライフスタイルや価値観に合った職場に転職できると、仕事によるストレスを減らせることもあります。

たとえば、仕事の時間がプライベートに影響して不自由さを感じたり、仕事にやりがいを感じられなくなったりする悩みを解消できるかもしれません。

また、業界そのものが合っていない場合は、他業界への転職も検討してみましょう。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
他業界への転職を検討する場合は、どういった仕事なのかをしっかりリサーチしましょう!

フリーランスになる

フリーランスになると、雇われて働くよりも、勤務時間や仕事内容を自分に合わせた働き方が可能です。

そのため、仕事で無理をしない働き方を実現しやすいと考えられます。

現在はクラウドソーシングなどを利用して、自分のスキルを活かしてフリーランスとして働く人もいます。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
私も、無理をしない生き方を実現するために、フリーランスという働き方を選んでいます。

また、自信の持てるスキルがないときは、オンラインスクールでの取得もおすすめです。

たとえばWebマーケティングのスキルを取得して、Webマーケターになると時間や場所に縛られない自由な働き方が可能です。

Webマーケターとは、ウェブサイトやスマホアプリなどにお客さんを集めたり、物を買ってもらったりする方法を考える職業で、IT系の仕事に分類されます。

Webマーケターの平均年収は680万円を超えるためおすすめのIT関連職の1つ

出典: IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果~ 報告書概要版 ~|経済産業省IT関連産業の給与等に関する実態調査結果|経済産業省

IT系の仕事の需要は増えており、Webマーケターの平均年収は680万円を超えるため、フリーランスにはおすすめです。

Webマーケターで、ある程度の収入を手に入れた上で自由に働ける環境が整うと、仕事上の無理を減らせるでしょう。

\転職・独立するなら、無理しない仕事に!/

仕事で無理をしない生き方を選んだ人の体験談

仕事で無理をしない生き方をするためには、自分の状況や希望に合わせた働き方をする必要があります。

たとえば、収入や勤務時間などの働くときの条件に納得して、職場の人達が仲の良い状態で働けると理想的です。

仕事で無理をしている原因が、仕事がつらいからなのか、あるいはプライベートの時間が取れないためかを考えて解決策を考えることが大切でしょう。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔
仕事で無理をしない生き方を選んだ人の体験談を紹介します!(私の体験談も、一例として参考にしてくださいね。)

子育てのために在宅ワーカーに!東(私)の例

東さん

私は、約10年整骨院を運営し、フリーランスの整体師として働いていました。

仕事にはやりがいを感じていましたが、家族を養うだけの収入を得るために、夜遅くまで働く必要があったのです。

それが影響して、家族と過ごす時間を十分に取れず、プライベートで無理をしていました。

そこで、奥さんが仕事復帰したことをきっかけに、Webライターへの転職を決意。

子育てをサポートするために、フリーランスのWebライターとして完全在宅ワーカーになりました。

現在は子育てと仕事を両立させながら、充実した毎日を送っています。

Webマーケターとして好きな仕事に従事!松山さんの例

松山さん

松山さんは新卒で人事の仕事に就きました。

しかし、毎日同じような業務ばかりで「本当に価値のある仕事なのだろうか?」と疑問を持つようになったのです。

それがWebマーケターとして働くきっかけとなり、現在はコンテンツディレクションを担当し、仕事にやりがいを感じ楽しんでいます。

たとえば、指示に追われ雑な仕事をせずに済むため、納得のいくものをクライアントに提出できる点に楽しみを見いだしています。

【卒業生】会社員→フリーランスWebマーケターとして独立!松山さん(男性・30代)今回はWEBMARKS Webマーケティング講座の第4期卒業生で、Webマーケターとして活動されている松山さんにお話をうかがいました。...

お金と時間に余裕がありプライベートが充実!暈さんの例

暈さん

暈(ひかさ)さんは、大学生のときからフリーランスのライターとして働いていましたが、当時の月収は3~4万円ほど。

新たなスキルとしてプログラミングを学ぼうとスクールに通うものの、3ヵ月ほどで「向いていない」と挫折を感じてしまいます。

しかし現在は、WEBMARKSでマーケティングスキルを身に付け、学生のうちに月20~25万円の収入を達成。

Webマーケターが「企業の売上にも直結する職業」であると感じられ、自分から積極的に取り組む、無理をしない働き方を実現しています。

お金と時間にも余裕が生まれ、充実した生活を送っているそうです。

【WEBMARKS卒業生】大学生アルバイト→上場企業からSEO案件獲得!暈さん今回はWEBMARKS Webマーケティング講座の第1期卒業生で、Webマーケターとして活動されている暈さんにお話をうかがいました。...

\仕事で無理しない生き方を実現しよう!/

仕事で無理をしなくても生きていける

会社と話し合ったり、転職をしたりして職場環境や働き方を変えると、仕事で無理をしない生き方を実現できるかもしれません。

仕事で無理をしているかどうか分からない場合は、自分の心と体の変化や不調と向き合ってみましょう

仕事で無理をし続けると、知らず知らずのうちに心身をむしばまれることもあるため注意が必要です。

仕事で無理をしないために働き方を変えてみることもおすすめです。

たとえば、ここで紹介したようなWebマーケターやフリーランスとして働いてみるのもよいのではないでしょうか。

メルマガでは、仕事で無理をしない生き方を実現するフリーランスWebマーケターについてのオンライン講座を無料プレゼント中です。

まずはメルマガで気軽に、仕事で無理をしない楽しい生き方のヒントを得てみませんか。

今の働き方に、疑問を感じているなら
  • 「将来性・やりがいを感じられず、先が見えない」
  • 「仕事だけでなく、プライベートの時間も大事にしたい」
  • 「食いっぱぐれないように、需要のあるスキルを身につけたい」

そういった方へ、自由な働き方を手に入れる「Webマーケター養成講座」期間限定で無料プレゼント中です!

Webマーケターは、時間や場所に縛られない仕事。自宅やカフェはもちろん、旅行をしながら働くことだって可能です。

会社員から独立を成功させた、現役フリーランスWebマーケターが、実体験に基づいた現実的な方法論をお伝えします。

まずは、以下のページから詳細をチェックしてみてください。

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

※メルマガは、いつでも登録解除できます。

TOP
動画講座無料プレゼント