【実体験】人生ハードモードの脱出法は?つらい時期を乗り越えると人生は楽しい!

【実体験】人生ハードモードの脱出法は?つらい時期を乗り越えると人生は楽しい!(アイキャッチ)

人生について、このような悩みを抱えていませんか?

「人生ハードモードでつらい…」

「人生ハードモードを脱出したい!」

不安やコンプレックスを抱えたり、借金を抱えたりすると、人生ハードモードに。

筆者も以前は人生ハードモードで、つらい時期を過ごしました。

しかし今ではスキルを身に付けたことがきっかけで、楽しい人生を送っています。

この記事では、人生ハードモードの原因と脱出方法を紹介!

筆者の経験や他のメンバーの体験談を交えて、楽しく生きるための方法を提案します。

人生ハードモードを脱出したい人は、要チェック!

人生ハードモードを脱した皆さん

体験談をすぐに知りたい方は、こちら!


藤池さん
  藤池さん
  ・男性
  ・30代
  ・元公務員


新卒で東証一部上場のリサイクルショップに入社し、その後、1回目の転職を経て、2回目の転職で公務員に。公務員の「缶詰」のような働き方に息苦しさを感じて、時間に縛られず自由に働けるWebマーケターを目指す。現在は、会社員としてWebマーケティングの業務に携わりスキルアップに励んでいる。


市野さん
  市野さん
  ・男性
  ・20代
  ・元会社員


フリーランスになりたいという想いからITのベンチャー企業に転職するも、社内でしか通用しないことを続ける日々が続く。フリーランスとかけ離れてきていると感じ、WEBMARKSでSEOスキルを身につけることを決意。現在は、自宅にいながらPC一つで仕事をするライフスタイルを確立している。


英賀さん
  英賀さん
  ・男性
  ・30代
  ・元タクシー運転手


前職は、周りから蔑まれることもあったというタクシー運転手。Web制作を学び始めたものの、プログラミングが苦手かつデザインの仕事も収入につながらない状況があり、WEBMARKSでWebマーケティングスキルを習得する。現在は、Webマーケティングを仕事にして、毎日楽しく働いている。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔

いきかた編集部の東です。

人生ハードモードだと人生を楽しめませんよね。

筆者は人生ハードモードを抜け出して、今ではイージーモードで楽しい毎日です。

新しいスキルを身に付けると、人生が楽しくなるかもしれませんよ。

この記事の監修者
鈴木さん写真1

鈴木晋介
株式会社WEBMARKS代表/デジタルマーケター

会社員時代は、毎日上司に怒鳴られ、3〜4時間睡眠。時間と場所に縛られない自由な働き方を求めて、フリーランスWebマーケターとして独立する。独立後数年で月500万円以上の案件を受託。大好きなサーフィンをはじめ、自分の趣味を全力で楽しみながら仕事をしている。

株式会社WEBMARKS代表 鈴木晋介のプロフィールはこちら

\経験者だけが知る、自由に生きる秘密とは!?/

人生ハードモードとは

人生ハードモードとは、人生に生きづらさを感じたり、思い通りにいかなったりする場合に使われる言葉。

ハードモードとはゲームで使われることの多い言葉で、プレイしたときの難しさのことです。

たとえばゲームが簡単な場合はイージーモード、難しい場合はハードモードといいますよね。

人生がうまくいかないときに、「生きるって難しい!」と考えて、人生ハードモードと呼ぶみたいなんです。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔

ゲームをやったことがあれば、馴染み深いかもしれませんね。

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

【まさに苦行!】人生ハードモードになる原因とは?

人生ハードモードになる原因は、次のとおり。

人生ハードモードになる原因
  • 子ども時代にキチンと教育を受けていないから
  • 周りを気にしすぎるから
  • 周囲とのコミュニケーションが苦手だから
  • 借金があるから
  • 容姿にコンプレックスを感じているから

このなかから、人生ハードモードの原因を見つけられるかもしれませんよ。

人生ハードモードから脱出するために、まずは原因をチェック!

子ども時代にキチンと教育を受けていないから

子ども時代にキチンと教育を受けていないことが、人生ハードモードにつながっているのかも。

企業勤めの場合、学歴によって年収が変化することがわかっています。

厚生労働省の発表によると、学歴別の年収は次のとおり。

学歴別年収(万円)

中卒から大学院卒にかけて、徐々に年収がアップすることがわかります。

さらに、大卒以上になると他の学歴に比べて年収差が拡大!
(参考:令和3年賃金構造基本統計調査|厚生労働省

現実には、学歴による年収差はあるみたいですね。

学歴が低いと収入も少なく、人生ハードモードと感じるのかもしれません。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔

人生、収入が全てではありません。

しかし、人生の満足度を決める一つの要素ではありますよね。

しかし、低学歴でも高収入の人はいますよ。

次の記事では、低学歴でも高収入を目指せる職業を紹介します。

低学歴が原因で収入が低いと感じている場合は、参考にしてみてくださいね。

【最新版】低学歴でも高収入を目指せる職業5選!経営者になった事例も紹介
【最新版】低学歴でも高収入を目指せる職業5選!経営者になった事例も紹介「低学歴では高収入を目指せない」なんてことはありません!実は学歴に関係なく、高収入を目指せる仕事はあります。今回は低学歴でも高収入を目指せる職業やスキルを身につけて高収入を得ている方の事例を紹介!ぜひ参考にして、収入をアップさせていきましょう!...

周りを気にしすぎるから

周りの反応を気にしすぎると、人生ハードモードになる可能性があります。

周囲の反応を気にしたり、自分がどのように思われているのか気になったりすると、思い通りの行動をとりづらくなります。

人生に自由を感じられないと、ストレスがたまります。

「人は人、自分は自分!」といった意識を強く持ち、過度に他人の目を気にせずに生きると、人生も楽しいのでは?

周囲とのコミュニケーションが苦手だから

コミュニケーションが苦手だと、人生をハードモードと感じることも。

自分の意見や考えをうまく伝えられずに損をすることもありますよね。

株式会社JTBは大学生や会社員、主婦などにコミュニケーションへの苦手意識に関する調査を行いました。

その結果によると、58%がコミュニケーションを苦手と回答。

さらに、苦手との回答が多かったコミュニケーション手段を順にならべると次のとおりでした。

コミュニケーションへの苦⼿意識

出典:コミュニケーション総合調査<第3報> 「コミュニケーションへの苦⼿意識」|株式会社JTB

とくに苦手とされたコミュニケーションは、複数の人の前で発表したり、初めてあう人と話したりすることです。

これらのコミュニケーションは、仕事のプレゼンや商談で求められるスキルです。

仕事上のコミュニケーションで悩んでいる場合は、人と話す機会を減らして働けると、気分が楽になるのかもしれません。

次の記事では、人と関わらずに働く方法について紹介していますので、参考にしてください。

働きたくないアイキャッチ
「働きたくない」は甘えじゃない!人と関わりたくない人はどうすればいい?働きたくないと思うときは誰でもあります。働きたくなくて、人と関わりたくないときどのように対応すればいいか解説します。会社で働きたくない人におすすめの仕事や働きたくない状況を打破した先輩方の例も紹介します。...

借金があるから

借金があると、毎月の返済が発生します。

返済により生活費や娯楽費が削られるため、人生をハードモードに感じるでしょう。

しかし借金自体は、うまく利用するとむしろ人生をイージーモードにしてくれます。

たとえば、自分に投資するための借金は役立つのではないでしょうか。

自分への投資とは、勉強や人脈作りなど。

投資により成長した将来の自分が、借金と利息以上に稼げるようになるかもしれません。

一方で、今の自分が楽しんだり、承認欲求を満たしたりするためだけの借金が増えると、危険!

借金を重ねても自分の成長に役立たないため、借金以上の利益を回収できない可能性が高くなります。

たとえば、ギャンブルや身の丈以上のブランド商品を購入するための借金などは自分の成長に役立たない借金といえます。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔

借金が人生をイージーにするのか?ハードにするのか?

それは、借金をする目的によりますよね。

自己投資の借金であれば、計画的に利用してよいのかもしれません。

容姿にコンプレックスを感じているから

容姿にコンプレックスを抱えると、見た目に悩んでしまい、人生ハードモードになるかもしれません。

容姿の悩みを強める要因の1つに、ルッキズムと呼ばれる考え方があります。

ルッキズムとは外見至上主義とも訳され、外見によって人物の価値を計る考え方。

とある美容整形外科が行った調査によると、整形をする理由について「悩み・コンプレックスの解消」と答えた人が半数以上に登りました。

外見上の悩みやコンプレックスを解決するための手段として、美容整形を受ける人は多いようです。

容姿にコンプレックスがある場合は、まずは自分を受け入れて、自分を大切にする必要があるでしょう。

さらに自分のことを大事にしてくれる人と付きあうようにすると、人生ハードモードにならずに済むのかもしれませんよ。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔

外見上の悩みは男女ともに根深いですよね。

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

【脱!人生ハードモード】人生が楽しくなった経験談

筆者はこれまでの人生を振り返ると、いくつかのハードモードを経験。

まったく異なる職業を点々としながら、自分の人生がイージーモードになるように試行錯誤してきました。

その結果、現在は人生イージーモードで、仕事とプライベートを楽しんでいます。

ここでは、筆者の経験談について次の3つをお伝えします。

人生ハードモードを脱出した経験談
  • 【つらい】さえないサラリーマンで人生ハードモード
  • 【不安】サラリーマンを辞めても人生ハードモード
  • 【楽しい】理想と現実のギャップを埋めて人生イージーモード

人生ハードモードを脱出した、一つの事例として参考にしてくださいね。

【つらい】さえないサラリーマンで人生ハードモード

サラリーマン時代は、配属ガチャにはずれて、人生ハードモードでした。

配属ガチャとは、新卒が配属先を選べず、どのような部署に配属させられるかわからない状況をさします。

筆者の場合、地理的に同期とは離れた部署に配属されてしまい気軽に話せる相手もおらず、つらい思いをしました。

さらに筆者の社員寮は、ムカデが出るような山奥…

慣れない工事現場で働くことになった点も、人生ハードモードと感じる原因だったのです。

人生のハードモードに疲れて、2年で会社を辞めました。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔

このころは配属ガチャで運が悪かったことと、仕事が合わなかったことが原因で人生ハードモード…

【不安】サラリーマンを辞めても人生ハードモード

サラリーマンを辞めたあとは、整体師として働くことに。

自営業でしたが、収入が安定せずに人生ハードモードです。

最大のハードモード要因は、コロナ禍における売上の激減!

整体院の家賃や広告費など、月15~20万円ほどの経費もコロナ禍の経営状況を圧迫しました。

家族を養う必要もあるため、大きな不安とストレスを抱え、落ち着かない毎日です。

筆者のサラリーマン時代は精神的なハードモードでしたが、整体業は経済的にハードモードです。

収入を安定させるためにも、夜遅くまで営業。

子育てや家事は、妻に任せっきりです。

まずは収入を補うために、ネット副業をはじめて人生ハードモードを抜け出そうと試みました。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔

ネット副業で身に付けたWebライティングのスキルで、人生ハードモードから脱出!

【楽しい】理想と現実のギャップを埋めて人生イージーモード

整体業からWebライターに仕事を切り替えてからは、理想と現実のギャップを埋められたので、人生イージーモードです。

整体業をはじめたころの筆者の理想は、大きな売上を残して、自分の思い通りに仕事をすること!

しかし現実は、経営難で経済的なゆとりがない上に、仕事の影響でプライベートも犠牲にしていました。

幸いネット副業ではじめたWebライターが軌道にのり、妻との共働きで家庭の経済状況も安定してきました。

完全在宅ワークで仕事をする時間も自由に決められますよ。

そのため、家族と過ごす時間を増やせてプライベートも充実!

現在はWebマーケターへと仕事の幅を広げて、さらなる経済的な安定を目指しています。

いきかた編集部 東大輔
いきかた編集部 東大輔

筆者の場合、新しいスキルを身に付けたことが、人生イージーモードへのきっかけでした。

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

人生ハードモードから抜け出す方法

人生ハードモードになる原因は、人によってさまざま。

そのため、抜け出す方法もいろいろでしょう。

ここでは、人生ハードモードから抜け出す方法の例として、次の3つをお伝えします。

人生ハードモードを抜け出す方法
  • 周囲からの評価を気にしない
  • 借金は整理する
  • スキルを身に付ける

それぞれについて詳しく説明しますので、共感できる取り組みについては実践してみてくださいね!

周囲からの評価を気にしない
周囲からの評価を気にして、他人に合わせようとすると生きづらくなります。

なぜなら、周囲から好印象を得ようと、雑用を引き受けたり、いきたくもない行事に付き合ったりするから。

周囲の評価を気にせずに、嫌な仕事や誘いにはきっぱりとノーという心構えも大切でしょう。

次の記事では周囲からの評価を気にせずに、心穏やかに生きるヒントを紹介しますので、参考にしてください。

穏やかに暮らしたい
穏やかに暮らしたい人必見!おすすめの仕事と心穏やかに生きるヒント穏やかに暮らしたい人向けに、おすすめの仕事と生きるヒントを解説します。のんびり穏やかに仕事ができたら素敵ですね。穏やかに過ごすには何が必要なのでしょうか?穏やかに仕事を楽しんでいる先輩方の体験談も紹介します。...

借金は整理する

身の丈以上の借金を抱えると、いっきに人生ハードモードに!

借金の返済に追われると、収入を維持する必要がるため、ライフスタイルや働き方を変えるのが難しくなります。

転職や引っ越しなどができるようにフットワークを軽くしておくと、人生ハードモードの環境から逃げやすいのです。

逆に借金が足かせになると、人生のハードモードを続けざるをえなくなります。

フットワークを軽くするためにも、浪費ための借金は控えたほうがよいでしょう。

借金をする場合も、身の丈にあった金額で、なるべく将来の自己投資に費やすことが大切。

すでに借金で首が回らない場合は、専門家に相談して整理したほうが人生ハードモードからも脱出しやすいかもしれません。

スキルを身に付ける

スキルを身に付けると、人生ハードモードから抜け出せる可能性が高くなります。

スキルがあると、ハードだったり合わなかったりする仕事をやめて、再スタートできます。

じつは仕事が原因で人生をハードモードにしている人は、多いようです。

令和元年の国民生活基礎調査によると、仕事に悩みやストレスを感じる人は全体の約21%。

家計や収入などの経済的な悩みや、人間関係に関する悩みなど他のストレスの原因を抑えて、仕事がもっとも多い割合でした。(参考:令和元年国民生活基礎調査 |厚生労働省

仕事が原因で人生ハードモードと感じる場合は、スキルを身に付けて仕事を変えるのも一つの手段。

おすすめのスキルは、Webマーケティングです。

スクールなどで学ぶとWebマーケターとして活躍できるので、ぜひチャレンジしてみてください。

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

スキルを身に付けて人生ハードモードから脱出した体験談を紹介!

スキルを身に付けると、自分に合わない仕事を辞めて、理想の職業を目指すことも可能。

実際にスキルアップが、人生ハードモード脱出のきっかけになった人は存在します。

ここでは、Webマーケティングと呼ばれるスキルを獲得して人生ハードモードから脱出した体験談を紹介します。

人生ハードモードから脱出したい人は、ぜひ参考にしてください!

息苦しい人生ハードモードから脱出!藤池さんの例

藤池さん

藤池さんは公務員になりましたが、職場に缶詰め状態で息苦しく、仕事がイヤになりました。

思いどおりに仕事を楽しめずに、人生ハードモードに。

時間に縛られずに自由に働ける仕事に憧れて、Webマーケターをめざすことにしたのです。

そしてWebマーケティングスクール「WEBMARKS」で知識とスキルを磨き、人生ハードモードから脱出!

現在は、コンテンツマーケティングを実施する会社でディレクターとして活躍中です。

最終的にはセミリタイアを目指して、Webマーケターとして頑張っています。

【卒業生】30代後半・未経験からSEOマーケターへ転職した藤池さん(男性・30代)WEBMARKSの受講生で、30代にして未経験からWebマーケターに転職された藤池さんにお話をうかがいました。...

理想とのギャップに苦しむ人生から脱出!市野さんの例

市野さん画像

市野さんは福祉関連の仕事から、ITベンチャーに転職するも、仕事内容が希望とはかけ離れていました。

理想と現実にギャップを感じて、悩みを抱えることに。

悩みながら働くことで生きづらさを感じ、人生ハードモードだったのです。

そこで、理想の働き方であるフリーランスになるために、Webマーケティングを学ぶことに。

WEBMARKSでWebマーケティングを学び、パソコン1台でも仕事ができるようになったのです。

フリーランスとして生きていくための自信がつきました。

現在はベンチャー企業のWebマーケターとして活躍。

メディアの立ち上げからコンテンツ制作まで、上流の仕事にも関われ毎日が充実しています。

【卒業生】物販フリーランス→SEOマーケターで5件獲得!市野さん今回はWEBMARKS Webマーケティング講座の第1期卒業生で、Webマーケターとして活動されている市野さんにお話をうかがいました。...

周囲の見方も変化!人生が楽しくなった英賀さんの例

英賀 啓太さん

前職ではさげすまれていると感じることが多く、他人の目が気になっていた英賀さん。

周囲からの評価が気になって、人生ハードモードだったのです。

人生を変えたくて、WEBMARKSでWebマーケティングを学びました。

今では、周囲の英賀さんに対する見方の変化でストレスが減り人生イージーモードに。

複数の会社でプロジェクトを任される腕利きのWebマーケターを目指して日々活動です。

【卒業生インタビュー】タクシー運転手→Webマーケター英賀さん(男性・30歳)今回はWEBMARKS Webマーケティング講座の第2期卒業生で、Webマーケターとして活動されている英賀さんにお話をうかがいました。...

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

スキルを身に付けて人生ハードモードから脱出しよう!

人生ハードモードになると、生きる上で不安を抱えたり、コンプレックスを抱えたりしてつらい日々が続きます。

今回は、人生ハードモードから脱出する方法を紹介しました。

とくに仕事が原因で人生ハードモードになっている人は多いようです。

つらい仕事から脱出するためには、スキルを身に付けて仕事を変えるのも一つの手段です。

どのようなスキルを身に付ければよいかわからない場合は、Webマーケティングを学んでみてはいかがでしょうか。

WEBMARKSでは、人生イージーモードを目指す方のために、Webマーケティングに関する講座を無料プレゼント中です。

ぜひメルマガ登録をして、講座を受けてみてくださいね。

今の働き方に、疑問を感じているなら
  • 「将来性・やりがいを感じられず、先が見えない」
  • 「仕事だけでなく、プライベートの時間も大事にしたい」
  • 「食いっぱぐれないように、需要のあるスキルを身につけたい」

そういった方へ、自由な働き方を手に入れる「Webマーケター養成講座」期間限定で無料プレゼント中です!

Webマーケターは、時間や場所に縛られない仕事。自宅やカフェはもちろん、旅行をしながら働くことだって可能です。

会社員から独立を成功させた、現役フリーランスWebマーケターが、実体験に基づいた現実的な方法論をお伝えします。

まずは、以下のページから詳細をチェックしてみてください。

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

TOP
フリーランスWebマーケターへ転身
動画講座無料プレゼント