【大学生でも月に38万稼げました】Webマーケティングの勉強方法を徹底解説

Webマーケター
Webマーケティングのキャリアパスどんなものがあるのか?

「最近、Webマーケティングが稼げるって聞くけど、実際どうなの?」

「プログラミングとWebマーケティングでどちらを勉強するか迷っている」

「Webマーケティングを勉強したいけど、どのように勉強すればいいかわからない」

そういった方向けに、Webマーケティングで実際に月に38万円稼いだ筆者が、以下の内容について解説していきます。

  • おすすめのWebマーケティングの種類
  • 具体的なWebマーケティングの勉強方法
  • 実際に稼ぐために実践したこと

この記事を参考にすれば、一人前のWebマーケターとして稼いだり、働いたりすることも可能です。ぜひ、参考にしてみてください!

Webマーケティングとは?

机に置かれた資料とメガネ簡単にいうと、「Web上でモノが売れる仕組みを作ること」です。広告やSNS、Webサイトで集客し、お客さんにサービスや商品を買ってもらうための施策を打ちます。

Webマーケティングは、チラシなどのオフラインでの施策とは違い、数値で成果を把握できるため、改善を行いやすいのが利点です。

Webマーケティングについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング勉強の大前提(実践が不可欠)

海辺で本を開く女性

Webマーケターは数字が求められる職業です。いくら資格や本で得た知識を企業にアピールしても、実績がなければ採用してもらえることはほぼありません。アウトプットを中心とした勉強が必要です。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

インプットだけでは習得できない

実践の中でしかスキルや経験は身に付きません。マーケティングは正解がなく、試行錯誤が必要です。日々、アルゴリズムも変化するため、アウトプットが必然的に必要となります。

ただ、初期の段階はインプットが重要なので、インプットした知識をアウトプットで定着させる、という考え方が大切です。

ブログで挫折するのは当たり前

ブログで月に5000円以上稼げている人は、全体の5%というデータもあります。そのため、稼げなくても落ち込む必要はないです。あくまで、Webマーケティングを勉強するためにブログを書くという意識で望みましょう。

Webマーケティングの具体的な勉強方法【5選】

講義する男性のイラスト

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

書籍で勉強

Web上の情報とは異なり、Webマーケティングのプロが得た知識を、編集者が校閲しているため、書籍では正確な知識を学ぶことができます。
また、体系的に情報がまとまっているため、初心者の段階では特におすすめの勉強方法といえます。以下の記事で紹介されている本はすべて必読です!

ブログを立ち上げる

初心者にありがちなのが、知識のインプットだけをして満足するということです。たとえば、将来的にSEOを仕事にしたいなら、ブログ運営は必須です。

「月1万円をアフィリエイトで稼ぐ」「月間1万PVのサイトを作る」これだけでも立派な数字です。企業にマーケターとして入社する人は、とにかく実践あるのみです。
それでもブログを始める気が起きない方は、以下の記事が参考になります。

スクール・サービスを利用する

確実に知識を身に着けたい方は、スクールを利用するのも一つの手です。初心者でも、プロのWebマーケターを目指せる環境が整っています。

費用はかかりますが、SEOを学ぶなら、個人でブログを運営しつつ、スクールも受講するのが一番おすすめです。2021年現在、おすすめのスクールはこちらからどうぞ!

就職・転職をする

可能なら、就職・転職をするのが一番手っ取り早いです。お金をもらいながらWebマーケティングを勉強でき、自分の副業にも活かせるので最高の環境です。

転職サービスや転職エージェントを利用し、ぜひ挑戦してみましょう。以下の記事で詳しく解説しています。

Webマーケティングの勉強に資格は必要か?

資格を取得した男性のイラスト

ここまで、「Webマーケティングはアウトプットが大事」という話をしましたが、インプットも大切です。

ここで言いたいのは、インプットが悪いわけではなく、アウトプットをせずにインプットのみで満足するのを避けましょう、ということ。

むしろ、初期の段階では、積極的にインプットを行いましょう。そこで、知識を体系的にインプットするために資格の勉強をすることをおすすめします!

以下、筆者がWebマーケティングの知識を習得するのに役立った資格を紹介します。

  • ウェブ解析士
  • SEO検定
  • GAIQ(Googleアナリティクス個人資格)

 

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

ウェブ解析士

「ウェブ解析士」は、Webマーケティング・Web解析に関する基礎知識を取得し、社内のWebマーケティング業務の遂行・効率化を目指す資格です。

具体的には、Webマーケティングの用語の定義などを学んだ上で、アクセス解析データを用途に応じて適切に活用する方法や、Web解析による課題の発見方法、改善手段を学びます。

Webマーケティングの基礎知識を学びたい方や、まだWebマーケティングを初めて日が浅い方におすすめの資格です。

ただし、以下のようなデメリットもあるため注意しましょう。

  • 合格後も毎年、試験に合格しなければ資格を維持できない
  • 資格の維持に年会費が6,600円かかる

解析の知識は実務でも必ず必要になります。初心者は取得することをおすすめします。

詳しくはウェブ解析士の公式サイトをご覧ください

SEO検定

SEO検定は、SEOの知識を網羅的・体系的に学べる資格です。1級から4級まであり、出題範囲が異なるので、全て勉強することでSEOの知識がひと通り身につきます。

出題範囲は以下のとおりです。

  • 1級:モバイルSEO、ローカルSEO、ペナルティーを受けた際の復旧方法
  • 2級:コンテンツSEOの手法、ソーシャルメディアの活用方法
  • 3級:目標キーワードの設定とサイト内部改善方法
  • 4級:SEOの基礎知識

筆者は1級のみ取得しましたが、すべての級をテキストや問題集で勉強しました。1級の試験範囲には、1級から4級が含まれています。すべての級を勉強することをおすすめします。

詳しくは全日本SEO協会の公式サイトをご覧ください。

GAIQ(Googleアナリティクス個人資格)

GAIQ(Googleアナリティクス個人資格)は、Googleアナリティクスの使い方を勉強することができます。

解析で使うツールはGoogleアナリティクスがほとんどのため、取得しておくことをおすすめします。

詳しくはGAIQの公式サイトをご覧ください

資格について詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になります。

Webマーケティングを勉強して実際に稼ぐ手順【実体験です】

パソコンに向かう男性の手Webマーケティングを勉強し始めた当初は、Webマーケティングで稼げるなんて思いもしませんでした。

しかし、実際にこうして稼げるまでになりました。筆者が月に38万円稼げるようになった過程をご紹介したいと思います。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

書籍で勉強

Webマーケティングといっても、様々な分野があるので、全体像を掴むために書籍でインプットしました。そのなかでも、筆者がもともとWeb制作をしていたこともあり、相性の良いSEOを勉強することにしました。

また、Webマーケティングは専門用語や日常生活では触れない知識が多いため、初期の段階で書籍で大量にインプットすることは、想像以上に苦痛です。

しかし、インプットした知識量で、アウトプットの段階での成果が変わってくるため、手を抜かずに食らいついて良かったと思っています。

動画でも勉強することはできますが、細かい部分は書籍が勝ります。取っ掛かりとしては、動画を使い、細かい知識や深い知識は書籍で補う、という心構えで取り組むと良いでしょう。

スクールを受講する

書籍で学び、自身のブログを運営するだけでは挫折する可能性があったので、迷わずスクールを受講しました。その中でも、SEOについて体系的に学べるWEBMARKSに決めました。

カリキュラムでは、以下の内容を学びました。

  • 内部SEO対策(WEBサイト改善)
  • コンテンツマーケティング
  • アクセス解析
  • 営業

これだけで、法人企業と仕事をするだけの力は身につきます。同時並行で、ウェブ解析士、SEO検定、GAIQの勉強もして、知識のブラッシュアップを図りました。

サイトを立ち上げる

マーケターとして働くには、実績が必要です。SEOは、結果がすぐに出る施策ではありません。アフィリエイトで稼いだ実績やキーワードで検索上位を獲得した実績を出すには時間がかかります。もちろん、アフィリエイトで記事を書いたり、検索上位を狙うことも大事です。

しかし時間がかかるため、インプットした知識を、ブログ記事にすることをおすすめします。

企業は駆け出しのマーケターには、数字よりもポテンシャルを求めています。そのため、一定の知識があることや、メディアを実際に運営していることをアピールしましょう。

アルバイトとして働く

Web制作の実績が評価され、企業のWeb担当者として採用されることになりました。駆け出しのうちは、とにかく営業の数が大切です。

筆者はindeed経由で採用されました。求人の数も多く、一番おすすめできます。ほかには、Wantedlyタウンワークdoda求人ボックスなどもチェックしましょう。

大学生なら、ゼロワンインターンキャリアバイトjeekも外せません。

フリーランスになる

アルバイトやインターンでの実務経験も、企業へのアピール材料になります。高単価の案件を狙うには、個人ブログでの実績よりも、クライアントの数字をどれだけ伸ばせたかが重要です。

獲得した案件に全力で取り組むことで、次の案件にも繋がります!受注額があまり高くなくても手を抜かず、成果にフルコミットしましょう。

筆者の場合は、アルバイトの経験が評価され案件獲得につながりました。Web制作と合わせて受注することで、38万円稼ぐ事ができました。

すこしでも早くフリーランスになりたければ、正社員でもアルバイトでも気にせずとりあえず働いてみることをおすすめします。

いきなりフリーランスになるのは、業務で困った時に助けてもらえる人がいないため、おすすめできません。

Webマーケティングの勉強方法まとめ

スマホやiPadを持つ2人の手

今回は、Webマーケティングの勉強方法について解説していきました。完全初心者から、Webマーケティングを勉強し、実際に稼ぐまでのイメージが湧いたかと思います。

以下、要点です。

  • WebマーケティングのなかでもSEOがおすすめ
  • Webマーケティングはインプットとアウトプットの両方が大切
  • Webマーケティングは書籍、動画コンテンツ、スクール、個人ブログ、就職・転職で習得できる

気になった人は、上記で紹介した本を読んで見るなり、個人ブログを立ち上げたり、Youtubeで調べたりするなど、行動を起こしてみましょう。
現在WEBMARKSでは、WEBサイトにおけるSEO対策の基本を詰め込んだ一冊を無料でプレゼントしています。SEO対策を知ることで、なぜSEOライティングが効果的が、より理解が深まります。

無料でダウンロードできますので、ぜひお気軽にご利用ください。

この記事を書いた人
青木
青木
コロナで大学が暇になる→Web制作フリーランスになる→集客ができるサイトが少ないことに気づく→集客できる方法を学びたくてWebマーケティングに興味を持つ→WEBMARKS「オンラインWebマーケター育成プログラム」第4期生としてWebマーケティングを学ぶ→Webマーケターとして活動中
このライターの記事を見る
TOP