育成プログラム

Webマーケティング職は女性に向いている!理由を4つの視点で解説

女性がWebマーケターに向いている理由

Webマーケティング職を目指そうと考えたとき、またはWebマーケティング職になったとき、見渡してみると男性が多く、「男性に向いている業界なのではないか」と感じたことがあるかもしれません。また、女性の立場から考えた場合、男性の多い業界でやっていけるのか不安に思う人もいるのではないでしょうか。

感じている不安は、思い過ごしです。Webマーケティング職は、女性に向いていると言っても過言ではありません。狙い目であると言ってよいでしょう。

Webマーケティング職が女性に向いているのは、女性の脳の作りからキャリアに至るまでの要因があるからです。女性にも、より活躍の場を広げることができるよう、Webマーケティング職が女性に向いている理由を解説します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

現状、Webマーケターは男性のほうが多い

女性より男性Webマーケターが多い

Webマーケターの現場、セミナーの出席者、Webマーケティングスクールの受講生や講師など、Webマーケティングに関わる場では男性の数が目立ちます。

統計的な数値は正確に出ていませんが、肌感覚で男性マーケターのほうが多いといってよいでしょう。

マーケターという職種に関しては女性も多いと言われていますが、その中でもWebマーケターとなるとITの要素も含まれるためか男性が多いのです。

だからといって、「男性に向いている」と判断するのは尚早です。Webマーケターを目指す女性に朗報とも言うべき、「女性に向いている」理由がそろっているのです。

女性がWebマーケティング職に向いている理由

女性がWebマーケティング職に向いている理由

現状、Webマーケティング職に男性が多いからといって諦めたり、気後れしたりする必要はまったくありません。

むしろ「女性こそWebマーケターに向いている」と励みになる要素が科学的にもあります。

また、女性のキャリアを考慮しても目指す価値の高い職種だと考えられます。

女性Webマーケターは差別化しやすい

実情として男性のほうが多いWebマーケターだからこそ、女性の場合は差別化しやすいと考えられます。

たとえば、化粧品メーカーが女性向けコスメのサイトに関して、Webマーケターに案件を外注すると仮定します。外注先の候補として、能力や知見が同じ男性Webマーケターと女性Webマーケターがいる場合どうでしょうか。どちらに依頼する可能性が高いかと考えると、女性の差別化がイメージしやすいでしょう。

取り扱う商材のターゲットに近い人に、マーケティングを担当してほしいというニーズは間違いなくあります。

女性は共感力が高い

脳科学の面で、女性は共感力が高いと言われています。世の中の動きや人間関係など、周りの環境に感情が揺さぶられやすいのが女性です(注1)。

一方、男性は本質的で、目的を達成するために一直線に感情が動く傾向があります。

ユーザーの購買行動で考えてみると、男女の脳の差は重要であることが理解できます。男性は目的のものを得るという直接的な購買をするのに対し、女性は感情に揺さぶられるがゆえ、口コミに触れるなどと、過程を楽しむ傾向があります。

つまり、ターゲットによってサイトを最適化する必要があるのです。言い換えると、男性向け商品と女性向け商品のサイトではそれぞれの特性を考慮しながら、コンテンツの構成を変える必要があります。

「共感マーケティング」という言葉があるように、マーケティングにはユーザーの共感を得て売上を伸ばす手法が重視されています。女性Webマーケターのほうが共感力を発揮して、従事することができると言えます。

女性はコミュニケーション力が高い

コミュニケーション力とは、対人における意思疎通をスムーズにする能力です。伝える力や理解する力、さらには非言語的な能力におけるまでを含みます。

なかでも非言語的な能力、その場の雰囲気を察する能力などは比較的女性のほうが得意だと言われるものです。共感力にも通ずるものがあると考えられます。

とくに、フリーのWebマーケターの場合、企業から案件を受注する必要があります。相手の感情を読み取るのがより優れていると言われる女性は、商談の場面でも強みが活かせることがあるでしょう。

働き方に柔軟な職種である

Webマーケターは、働き方が柔軟な職種の1つと言えます。理由は、業界自体が新しいため、Webマーケターが所属する企業も新しく柔軟であることにあります。

女性のキャリアはライフイベントにどうしても左右されやすいものです。

PCさえあれば、いつでもどこでも仕事ができるWebマーケティング職は、ライフイベントで生じてしまう制限に対応できる仕事です。働き方についても、自分で主体的に選択できる職種といえます。

今後の働き方で、リモートワークや在宅ワークは切っても切り離せません。Webマーケティングは他の業界よりリモートワークが進んでいます。詳細は、下記の記事でも解説しています。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

女性である強みを発揮して実績を積むのが重要

女性マーケターの強みを発揮

Webマーケティング職を目指すにあたり、女性であることは不利ではありません。むしろ、共感力をはじめとした強みとなる思考や、向いていると考えられる要素は、女性Webマーケターを後押しするものばかりです。

しかし、スキルを持って実績を積み上げるのが肝心であることは、Webマーケティング業界でも変りません。

女性としての強みを発揮しながら、Webマーケターとして実績を積むのが最重要です。まずは、実績作りに注力して、キャリア形成をすることをおすすめします。

まとめ:Webマーケティング職は女性に向いている!

マーケティングは女性も強い領域ではありますが、Webマーケティングとなると男性が多いのが実情です。

女性ならではの強みを活かすことができるWebマーケティング職は、女性こそ狙い目と言っても過言ではありません。女性がWebマーケターに向いている理由は下記の4点です。

  • 女性Webマーケターは差別化しやすい
  • 女性は共感力が高い
  • 女性はコミュニケーション力が高い
  • 働き方に柔軟な職種である

現状、男性が多いからこそ、差別化して活躍の場を広げることさえ可能なのです。

なお、本記事での男性・女性の特性については、あくまでも「傾向」として捉えてください。男性Webマーケターも女性Webマーケターも、スキルの向上と実績の積み上げが大変重要であることは変りません。

弊社WEBMARKSでもWebマーケター養成スクールを主催しています。スクールではWebマーケターを目指す女性ももちろん受講しています。

Webマーケター養成スクールへのお問い合わせはこちらまでお問い合わせお待ちしています。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

出典:
注1 共感性と社会的行動の関連における性差

TOP