育成プログラム

WebマーケティングにおけるSEOの重要性と2つの対策とは

SEOの重要性

Webマーケティングとは、Webサービスを用いて行うマーケティング活動のことを指します。Webマーケティングのなかでも、SEOは重要な対策の1つです。

WEBMARKSはSEOを主としたWebコンサルティングを事業としています。SEO対策が売上へもたらす影響を身をもって理解しており、これまでさまざまな企業の売上に貢献してきました。

本記事では、SEO初心者に向けてSEOの重要性をまとめました。SEOをこれから本格的に習得したいと考えている方が総合的に理解を深められる記事となっています。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

SEOとは「検索エンジン最適化」

SEOとは

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略です。

言い換えれば、検索エンジンの検索結果において、目的のWebサイトが上位表示されるよう対策を行うことです

SEOは、Webの普及、さらにはスマートフォンの普及とともに企業が注力してきた歴史があります。他のWebマーケティングの領域と比較すると歴史があるため、対策の難易度も上がってきているのが実情です。

各社がしのぎを削って、対策している分野でもあります。

WebマーケティングでSEO対策が重視される理由

SEOが重視される理由

WebマーケティングでSEO対策が重視される理由は、ずばり検索エンジンで上位表示されると、売上向上が期待できるからです。

検索エンジンで上位表示されたWebサイトには訪問者が増加します。訪問者が多くなれば、コンバージョン(購入)まで至る人も増します

Googleをはじめとした検索エンジンの表示順は、独自のアルゴリズムに沿って決定され、表示順が1つ違うだけでも、Webサイトへのクリック率は大きく違います。つまり、表示順が1つ違うだけで、集客数や売上は大きく違うのです。

SEO対策は独自のアルゴリズムを攻略するべく行うものであり、集客ひいては売上に直結するものです。

そもそもSEOは人件費やシステムへの予算以外の費用をかけずに対策できます。それが、広告予算の確保からはじまる広告運用とは異なる点です。費用をかけずに集客対策ができるという利点も併せて考慮すると、SEOの重要性をより理解することができるでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

SEO対策の基本「内部対策」「外部対策」

SEO対策の基本

SEOの重要性を理解したところで、次に具体的な対策の話に移ります。SEO対策は2種類あり、それぞれ「内部対策」「外部対策」と呼びます。

それぞれ重要な対策ですが、特に重視されているのは「内部対策」です。

なぜ「内部対策」が重視されているのか、「外部対策」より「内部対策」が重視されている理由について対策の違いを踏まえて解説します。

内部対策とは

SEOの「内部対策」とは、名前の通りWebサイトの内部に対して行う対策のことです。サイト構造やページ構造に対して、改善を行います。

なお、SEO対策にはサイト内のコンテンツを充実させることも重要で、大変ニーズのある要件です。ブログなどを通してコンテンツを充実させることは、別途「コンテンツSEO」と大別されることがほとんどです。

「内部対策」とは内部構造にテコ入れをすることですが、目的は下記の3つです。

  • クローラーの巡回を促す
  • クローラーに正しい情報を伝える
  • ユーザビリティを向上させる

SEOのもっとも重要な指標である検索エンジンの表示順位は、独自のアルゴリズムで決定します。

アルゴリズムにおいて高い評価を得るために、クローラー(Webサイトから情報を収集するロボット)がサイトを適切に巡回できるよう、そして正しい情報を取得できるよう構造を整える必要があります。

クローラーの巡回頻度が上がると、SEOの効果が現れてくる仕組みです。

また、クローラーが収集した情報がデータベース化されることを「インデックス」と呼びます。インデックスされた情報を、アルゴリズムに基づいてランキング化された結果が表示順位です。

検索順位決定までの流れ

STEP1:クローラーの巡回で情報を収集
STEP2:ページインデックス
STEP3:検索順位をアルゴリズムで決定

さらに、ページ速度の改善やパンくずリストの設置などはユーザビリティを向上させる対策です。ユーザビリティが向上すれば、サイト内の滞在や回遊に好循環が生まれます。滞在時間や直帰率が改善され、結果的にサイトの評価が上がります。

外部対策とは

SEOの「外部対策」とは、Webサイトの外部に対して行う対策のことです。Webサイトの外部要因によって該当のサイトの評価を上げる対策を意味します。

実際に外部からどう評価されているかを判断する指標に、被リンクの質と数があります。SEOの外部対策と言えば、おおむね被リンクの質と数のことだと思って問題ありません。

被リンクされているということは、外部のサイトから該当のサイトが良質であると考えられているということです。被リンクは内部の構成や構造からは評価することができない、サイトの価値を表すものです。

質の高い被リンクの獲得に向けて活動することが外部対策だとお伝えしましたが、被リンク獲得の一番の近道は、良質なコンテンツ作成だと気づいた方もいるのではないでしょうか。

そのため、外部対策の代わりとしてコンテンツ制作に注力する企業も珍しくありません。ユーザーに評価されれば、被リンクも自然と増えるからです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

SEO対策の習得方法

SEOの習得方法

SEOの理解をさらに深めたい方には、3つの習得方法をおすすめします。

  • 実戦でSEOの経験を積む
  • Webマーケティングの本で学ぶ
  • Webマーケティングのスクールで学ぶ

より現場に近いところで手を動かし、頭を働かせることがポイントです。初心者の場合や転職が必要な場合は、すぐ実戦に臨むのはハードルが上がるため、スクールの受講が最良です。

実戦でSEOの経験を積む

実戦、つまり企業案件に取り組むのが最も成長できるのは言うまでもありません。実際の案件でPDCAを回せば、机上の学習とは段違いのスキルと知見が身につきます。

実案件で経験を積みながら、Webマーケティングの本で知識を深める、もしくは資格の取得をすることで飛躍的にスキルアップが望めます。

初心者でも諦める必要はありません。Webマーケティング未経験であってもWebマーケターとして採用される可能性は大いにあります。

ポテンシャル採用を積極的に行っている企業を中心に、転職活動に挑戦してみる価値はあります。Webマーケティングに強い転職エージェントに相談してみましょう。

Webマーケティングの本で学ぶ

SEOを学びたいと考えたら、即行動に移せるのが本で学ぶ方法です。Webマーケティングのジャンルにおいても、名著と言われる本は多くあります。まずは、評判のよい本の中から初心者向けのものを読んでみましょう。

本のよいところは、学ぶ場所や時間を問わないことです。時間を見つけてコツコツ学習を進めることができます。反対に、本での学習は自分で進度や範囲を管理する必要があるので、より効率的にSEOを習得したい人は次項で解説するスクールでの学習をおすすめします。

Webマーケティングのスクールで学ぶ

Webマーケティングスクールでの学習は、初心者の人がもっとも効率的にSEOを習得できる方法です。

Webマーケティングスクールはカリキュラムがあり、決められた期間で体系的に学習が進められるよう設計されています。カリキュラムをこなせば、その後Webマーケターとして活躍できる道筋があるのです。

「確実にWebマーケターとして立ち上がりたい」という想いを持っている人には、Webマーケティングスクールでの学習がおすすめです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

まとめ:WebマーケターであればSEOを習得すべき

SEO対策はWebマーケティングにおいて大変重要な施策です。SEOは検索エンジンで上位表示されるための施策で、集客や売上に直結するからです。

そのため、Webマーケターであれば、検索エンジンにおいて上位表示させることの重要性は知っていて当たり前であり、SEOは習得すべき知識です。

SEOは内部対策と外部対策に分けて、取り組みます。

弊社WEBMARKSでもSEOを主軸としたWebマーケター養成スクールを主催しています。内部対策、および外部対策、コンテンツSEOに至るまでを3ヶ月で学べる講座です。

受講後にはWebマーケターとして活動できるよう伴走します。

Webマーケター養成スクールへのお問い合わせはこちらまでお問い合わせお待ちしています。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

TOP