【勝ち組】出世しない生き方でも人生は豊かになる!方法や事例を紹介

【出世 しない 生き方】【勝ち組】出世しない生き方でも人生は豊かになる!方法や事例を紹介

あなたは出世したいと思いますか?

会社員なら出世が当然の時代は一昔前。

今の働き方では、「出世をしない生き方」が定着しつつあります。

出世しないことは逃げではなく、新しい考え方として注目されているのです。

仕事でのストレスを溜めることなく、悠々自適な生活を送れる生き方もステキですよね。

本記事では、出世をしない生き方をテーマに、出世しない理由や働き方を紹介しましょう。

豊かな人生を送る皆さん

体験談をすぐに知りたい方は、こちら!


今野さん
  今野さん
  ・男性
  ・20代
  ・元英語教員


私立高校の英語教諭として教鞭をふるっていたが、組織に縛られる生き方という部分で「もっと自由にチャレンジしてみたい」と思うように。もともと興味のあったWeb業界への転身を目指しWeb解析士の資格を取得。現在はコンテンツマーケターとして、大手企業からベンチャー企業までのコンテンツマーケティングに従事。


佐藤さん
  佐藤さん
  ・男性
  ・元公務員


もともとは公務員としてしっかりした組織体制の中で働いていました。その当時流行していたYoutuberやインフルエンサーからWeb業界に関心を持つようになりフリーランスのWebマーケターを養成するWEBMARKSを知り一念発起!Webマーケターとして再出発。週一出社あとは在宅ワークというラフな働き方で、今では月20万円ほどの仕事を安定して受注している

いきかた編集部 西嶋治美
いきかた編集部 西嶋治美

いきかた編集部の西嶋です。

フリーライターとして独立するまでは、会社員でした。

年数を重ねると、自然と仕事が増え責任感も大きくなります。

私は、その環境が次第とストレスに変わり体調を崩してしまいました。

そこで思ったこと…それは、働くうえで体調管理は重要だということです。

そのためにも、出世を目指さず「無理はしない」ことも大切ではないでしょうか?

この記事の監修者
鈴木さん写真1

鈴木晋介
株式会社WEBMARKS代表/デジタルマーケター

会社員時代は、毎日上司に怒鳴られ、3〜4時間睡眠。時間と場所に縛られない自由な働き方を求めて、フリーランスWebマーケターとして独立する。独立後数年で月500万円以上の案件を受託。大好きなサーフィンをはじめ、自分の趣味を全力で楽しみながら仕事をしている。

株式会社WEBMARKS代表 鈴木晋介のプロフィールはこちら

\経験者だけが知る、自由に生きる秘密とは!?/

「出世しない生き方」を選ぶ人が増えたワケ3つ

出世しない生き方を選ぶ人は、どのような理由でそう思うのでしょうか。

出世しない生き方を選ぶ理由
  • 出世すると仕事量や責任が増すから
  • 出世しても給与があまり増えないから
  • 出世するとプライベートが充実しにくいから

平成31年に行われた公益財団法人日本生産性本部の「新入社員 働くことの意識」調査結果によると、出世に関心がない人は22.9%でした(参考:令和2年賃金構造基本統計調査の概況|総務省)。

男女の昇進希望

(出典:平成31年 新入社員「働くことの意識」調査結果|公益財団法人 日本生産性本部

とくに出世をしたくないと考える若者は増えているようです。

出世が当たり前として働いてきた世代にとっては「あまい」と思うかもしれません。

しかし、きちんとした理由や考え方があるのです。

出世すると仕事量や責任が増すから

出世に関係なく仕事に対しては、少なからず責任がともないます。

それが、管理職などになると業務の責任だけではなく、職場の管理や業績への責任感も大きくなります。

「これもあれも、私がやらなくては…」
「ミスのないように従業員の管理をしっかりしなきゃ…」

気づかないうちに多くの責任がのしかかり、ストレスが溜まってしまうのです。

いきかた編集部 西嶋治美
いきかた編集部 西嶋治美

出世できる人は限られているので、管理職に昇進することはすごいこと!

でも、仕事が楽しくなければ意味がないと私は思います。

「仕事をやらされている」という環境から抜け出したいと思いませんか?

出世しても給与があまり増えないから

近年は、不景気からか管理職になっても給料が増えないケースもあります。

実際は、平社員と変わらない…むしろ時給に換算したら減っていることも。

そして、多くの企業では、給料が高いとされる管理職からリストラ対象となってしまう可能性も高くなっています。

出世するとプライベートが充実しにくいから

出世することで無条件に残業が増し、休日出勤を余儀なくされる企業も少なくありません。

そのため、プライベートの時間がとれなくなってしまいます。

趣味の時間がつくれなかったり友達や恋人と会えなかったり。

普段は何気なくできていたことが不可能となり、ほとんどの時間が仕事…なんて日々を送ることになるのです。

また、子どもがいる人は、一緒に遊ぶ時間を奪われることにもなるでしょう。

遊べたとしても、「次の日はまた仕事…」と体力的な負担にもなります。

家族との時間を大切にできる仕事|家族と仕事どっちが大事か考えよう
家族との時間を大切にできる仕事|家族と仕事どっちが大事か考えよう「仕事が忙しくて家庭の雰囲気が…」家族のために見直すべきは仕事かもしれません。本記事では家族との時間を大切にできる仕事や、実際に家族のために働き方を見直した方の事例を紹介します!家族と幸せに過ごせる仕事を見つけましょう!...
いきかた編集部 西嶋治美
いきかた編集部 西嶋治美

家族にとってパパ・ママが出世することは誇らしいことです。

でも、家族の時間がもっと欲しいと思うことも本音!

仕事とプライベートが両立できたらいいですよね。

ここに、厚生労働省が行った調査があります。

男女の昇進希望

(出典:女性の活躍推進に向けた新たな法的枠組みの構築について(報告)|厚生労働省 48頁)

男性の一般社員は約4割が「出世したくない」と回答しています。

「出世しない=幸せではない」ということが見て取れますよね。

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

「優秀な人は出世しない」といわれる2つの理由

優秀すぎると出世できないことがあります。

それは、とくに大企業や年功序列の企業といったケースが多く、「なかなか一定の地位」を築けず悩む人もいます。

優秀な人が出世しない理由
  • 仕事ができる人=出世するとは限らないから
  • 優秀な人はワークライフバランスを重視しやすい

優秀な人の特徴を踏まえながら、なぜ出世から遠ざかってしまうのかを解説します。

仕事ができる人=出世するとは限らないから

一般職において実務ができて優秀な人は、たとえば、「知識が豊富」「実務経験がある」などが思い浮かびます。

一見、優秀なんだから将来出世するんだろうな…って思いますが、実はこのような人が管理職などに就くことは難しいといわれています。

なぜでしょうか?

出世を求められる人材は、人を動かしチームをまとめられる人。

つまり、会社が望んでいる成果を出すことができ、上層部へのアプローチがうまい人が向いているのです。

逆をいってしまえば、実務ができない人が多いとも捉えられます。

「あの人、私よりも仕事できないのにどうしてあのポジションに就けるの?」

なんて思ったことはありますよね。

まさに、それ!

上層部に対しても上手にコミュニケーションをとれる人であり、「出世しよう!」という姿勢そのものが「能力」として認められるのです。

正社員じゃない生き方を紹介!メリットや注意点・経験者の声も!
正社員じゃない生き方を紹介!メリットや注意点・経験者の声も!「働き方を見直したい」とお悩みの方におすすめなのが、「正社員じゃない働き方」です。本記事では正社員以外の働き方や、実際に自由に働く人の事例を紹介します!正社員以外の生き方を見つけて仕事もプライベートも充実させましょう!...

優秀な人はワークライフバランスを重視しやすい

ワークライフバランスとは、「仕事と生活を調和させること」であり、仕事よりもプライベートを充実させることではありません。

2007年に内閣府は「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」を制定しました。
(出典:仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章|内閣府)

今は、個人の問題だけではなく企業の経営課題として捉えられるように。

仕事と生活の理想的なバランスは、年代や家族構成などによって大きく異なります。

従業員の生活向上のためには、仕事を生み出す企業側の努力が不可欠だということでしょう。

優秀な人は、ワークライフバランスを早めに取り入れています。

自由な時間
【必見】自由な時間が多い仕事とは?具体的な職種や成功例について紹介自由な時間を確保できる働き方について紹介します。フルリモートやフリーランスなど、自由な働き方ができる仕事は複数あります。もっと自由に働ける仕事とはどのようなものがあるのでしょうか。実際に自由な働き方をしている先輩方の体験談も紹介します。...
いきかた編集部 西嶋治美
いきかた編集部 西嶋治美

私はフリーライターとして独立したことで、仕事と私生活がお互いに影響し合い、公私ともに高め合うことができています。

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

「出世しない生き方」にぴったりな職種2つ

社会人として「出世したくない」と思うことは、悪いことではありません。

バリバリ働いて出世を望む人もいれば、生活のために仕事をする人、できるだけ自由なスタイルで働きたい人など、仕事に対する考え方は人それぞれですよね。

ここでは、出世しない生き方に相応しい…そして、スキルがつき長く働ける職種を紹介します。

出世しない生き方ができる職種
  • Webライター
  • Webマーケター

Web系の職種は今も需要が多く、今後さらに伸びる業界の一つです。

興味がある人は、どんな仕事なのかをチェックしてみてください!

Webライター

Webライターの仕事は、Webサイトの文章を作成することです。

といっても、内容は多岐にわたり「商品の紹介」「専門性のある記事」「ブログの執筆代行」など。

ジャンルにこだわらなければ、未経験でも始められる仕事です。

副業から始める人も多く、ある程度稼げるようになったらフリーへと転身する人もいます。

フリーとして活躍できるようになると、自分の時間が増え充実感を得られるでしょう。

また、頑張り次第で収入もアップし会社員より稼げることも。

「出世しない生き方」をしたいのなら、時間に縛られなかなか収入も上がらない会社員よりも魅力を感じませんか?

Webマーケター

今の時代、Webを活用しないビジネスは存在しません。

そのため、需要の高い職業として注目されているのが「Webマーケター」です。

たとえば、以下のような職種があります。

  • 広告運用(SEM・SEO・SNS)
  • SEO・SNSコンサルタント
  • Webアナリスト・ディレクター

「どんなことをするの?」と興味をもった人は、ぜひ以下のサイトをご覧ください!

卒業生の声SEO特化型Webマーケター養成スクール「WEBMARKS」で、Webマーケターへ転身した卒業生の体験談を紹介。Web未経験の大学生、会社員、公務員、主婦からフリーランスとして独立した卒業生のBefore/Afterやインタビューを掲載しています。...

また、Webマーケターの平均年収は約500万円が相場です。

企業によってはバラつきもありますが、経験を積み独立することでさらに年収を大きく伸ばせます。

夢がありますよね!

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

上を目指さない生き方で「勝ち組」になった事例

出世するという概念にこだわらず、理想の働き方を手に入れ「勝ち組」となった2人を紹介します。

理想の働き方で勝ち組になった事例
  • Webマーケター&コーヒー屋になった今野さん
  • 公務員からWebマーケターに転身した佐藤さん

転身した理由はそれぞれですが、現在はWebマーケターとして活躍しています。

インタビューからは、上を目指さない働き方でも充実している様子が伝わってきます。

Webマーケター&コーヒー屋になった今野さん

今野

元教師という経歴をもつ今野さんは、心の病気がきっかけで教職を辞めることにしました。

「人間いつ死ぬかわからない」と実感したことから、もっと自由に働きたいという気持ちに変わりWebの世界へと歩むことになります。

現在は、Web解析士の資格を取得し、さまざまなコンテンツマーケターとして活躍しています。

2021年には、コーヒーショップをオープン。

経営者の顔をもつ二刀流で、自分の理想の働き方を確率し充実した日々を送っています。

Member...

公務員からWebマーケターに転身した佐藤さん

前職は公務員だった佐藤さんは、仕事にやりがいを感じてはいたものの、組織で働くことの限界やストレスを抱えていたといいます。

その頃流行していたYoutuberやインフルエンサーを見て、Web業界に関心ももつようになったそうです。

現在は、中小企業のWeb担当者として従事し、SEOコンテンツの制作、内部の改善などを担当しています。

今後は、どんどん単価を上げていき、デジタルマーケティング全般のコンサルができたら面白いと教えてくれました。

【卒業生】公務員からWebマーケターに転身した佐藤さん今回はWEBMARKSのオンラインスクール卒業生で、公務員からWebマーケターに転身した佐藤さんにお話をうかがいました。...

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

「出世できない」とわかったらやるべきこと3つ

同期は出世していくのに、自分だけポジションが固定されている…なんて状況はどの企業にもあります。

出世できないと、仕事のモチベーションも上がりません。

そんなときは悲観するだけではなく、少し違う世界に目を向けてみるのもいいですよ。

出世以外で成功する方法
  • 副業する
  • 転職する
  • 専門知識を身につける

諦めるのではなく、あくまでもポジティブに!

将来を見据えて、やるべきことにチャレンジしてみましょう。

副業する

副業を始めてみるのも一つの方法です。

初期費用も必要なく始めやすい職種もたくさんあり、余った時間を副業に充てることも収入面を考慮すれば、有効な選択肢といえます。

また、もし会社が副業を許可しているのなら、会社に勤めながら起業してしまうなんてことも可能!

自分が社長になるのですから、出世も昇進も全く関係ありません。

このような環境をつくることで、出世ができない状況でもモチベーションを保つことができますね。

転職する

思い切って転職するのもいいでしょう。

もちろん、やみくもな転職ではなく「転職するからにはメリットのある」企業や職種を選ぶことが重要です。

あなたの経験やステータスから自分自身に合う仕事を見つければ、転職先での出世も夢ではありません。

ただし、年齢が上がるにつれ転職自体が難しくなるため、タイミングを逃さず検討してください!

専門知識を身につける

基本的なビジネススキルも大切ですが、専門性のあるスキルを身につけることで仕事の幅が広がります。

そのなかでも、年齢・性別関係なくスキルを活かせる業種がおすすめです。

たとえば、Web系の「ライター」「プログラマー」「マーケター」など需要の高い知識があれば、転職しても活躍が可能です。

いきかた編集部 西嶋治美
いきかた編集部 西嶋治美

私は30代後半で独立しました。

年齢なんて関係ないし、新しいことを始めるのに「遅い」とか思っては何もできません。

勇気を出して一歩踏み出すことは、とってもかっこいいことなんです!

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

Webを学び出世しない生き方を充実させよう

本記事では、決して出世自体を批判しているわけではありません。

「出世してもコスパが悪い」ことが現状としてあるため、新たな働き方・考え方を提案しています。

ワークライフバランスが重要視される現在において、より良い決断をしてもらいたいと思っています。

WEBMARKSでは、「出世しない生き方もアリだなぁ~」という人に向けたオンライン講座を無料プレゼント中です。

メルマガに登録するだけで、講座を受けられます。

ぜひ以下のページで詳しい内容を見てくださいね。

今の働き方に、疑問を感じているなら
  • 「将来性・やりがいを感じられず、先が見えない」
  • 「仕事だけでなく、プライベートの時間も大事にしたい」
  • 「食いっぱぐれないように、需要のあるスキルを身につけたい」

そういった方へ、自由な働き方を手に入れる「Webマーケター養成講座」期間限定で無料プレゼント中です!

Webマーケターは、時間や場所に縛られない仕事。自宅やカフェはもちろん、旅行をしながら働くことだって可能です。

会社員から独立を成功させた、現役フリーランスWebマーケターが、実体験に基づいた現実的な方法論をお伝えします。

まずは、以下のページから詳細をチェックしてみてください。

\納得のいかない人生を変えるなら、今/

TOP
フリーランスWebマーケターへ転身
動画講座無料プレゼント