Webマーケティングの年収は低い?1,000万以上を目指すには?

5期生
Webマーケティングのフリーランスは稼げる!気になる年収は?

こんにちは!現役大学生のMisaです。私は現在、あえて就職活動を行わずWEBMARKSに通いWebマーケターを目指しています。最近は私のような大学生や転職を考えている社会人の方にもWebマーケティング業界が人気ですよね。

実際、インターネット市場が急速に成長し、Webマーケティング業界も拡大し続けており、Webマーケターの需要も年々増加しています。まさにブルーオーシャン状態です。しかし、Webマーケターが本当に稼げる業種なのか気になりますよね。

  • Webマーケティングの年収は低いって本当?
  • 年収が高いならWebマーケターとして働きたい
  • 未経験でも稼げるのかな

このような悩みを持つ方に向けて、本記事ではWebマーケティング業界の平均年収や年収1,000万以上を目指すキャリアプランについて解説していきます。

Webマーケティングで年収が低いのは会社員?フリーランス?

ネクタイを締める男性

まず結論をいうと、Webマーケティングの年収は極端に低いわけではありません。正確には、「平均年収より高いが、思ったより低い」というイメージでしょうか。

じゃあWebマーケターで高収入は無理か、と諦める必要はありません!稼ぎ方次第で未経験でも年収1,000万以上目指すことは可能です。新卒ブランドを捨ててまでもWebマーケターを目指す価値はここにあります。以下で詳しく説明していきます。

会社員の場合

Webマーケティング会社の社員の場合、平均年収は約421万円です。全業種平均年収は約409万円なので平均年収よりは高いですが、期待していたより低いという感じでしょうか。以下は全業種と比べた年代別平均年収です。

Webマーケティング全業種
20代374万348万
30代468万444万
40代554万510万

勤め先の会社の規模や、個人の実務経験、スキルによって実際の給与にはばらつきが出ますが、このデータを見る限りではWebマーケティングで高収入をイメージしにくいですよね。

しかし、これはあくまで「会社から給与をもらう場合」で見たWebマーケターの年収なので焦らなくても大丈夫です!Webマーケターが稼げる理由を、次の項で説明していきます。

フリーランスの場合

フリーランスWebマーケターとして独立する場合、年収は青天井であり1,000万円も夢ではありません。会社員の場合、仕事量が増えても固定給のままですが、フリーランスであれば案件が増えれば増えるほど自身の収入は増えていきます。

フリーランスとして実際に業務委託を受ける場合、ほとんどが高単価案件です。たとえば、フリーランスエージェントの求人情報を見てみると

  • 月額単価10万円/月額稼働時間32時間〜
  • 月額単価80万円/月額稼働時間160時間〜

とあり、平均時給は約2,000〜5,000円の案件がほとんどです。会社員の場合、年収をあげるには管理職への昇格などが求められますが、フリーランスであればうまく高単価の案件を複数獲得することで、高い年収を目指せます。

特にフリーランスはPC1台とWi-Fiの環境さえ整えれば初期費用はほぼかかりませんし、スキルを磨いて時間対効果を高めクライアントワークを増やせば増やすほど売上が上がっていきます。

しかし、Webマーケティングと一括りに言っても、その業務内容はさまざまです。次項では、Webマーケティングの職種別に解説していきます。

【職種別】Webマーケティングの業務内容

デスクのパソコンに向かう男性

Webマーケティングの業務には様々な種類があり、どの分野に特化するかで年収が大きく変わります。各分野ごとに、稼ぎやすさや将来性を踏まえどのような業務内容なのかを詳しく説明していきます。Webマーケティングの業務内容は大きく分けて以下の3つです。

  • SNSマーケター
  • Web広告運用
  • SEOマーケター

SNSマーケター

SNSマーケターは主に、クライアントのSNSを運用し、商品やサービスの認知度や拡散力を高めブランディングを行います。今では主流となったInstagram、Twitter等に特化しており、これらを媒介としているので、未経験の方でも想像しやすいと思います。

また、各SNSはスマートフォンの拡大に伴い成長し続けているので、SNSマーケターは将来性が高く需要もますます高まっていくでしょう。

しかし、顧客単価が安いことや雇用期間が結果によって左右されがちな背景を考えると、Webマーケティングの中では稼ぎにくい職種といえます。

Web広告運用

Web広告はサイトや検索ページなどインターネット上の様々な媒介に掲載される広告です。中でも代表的なものがリスティング広告と呼ばれ、ユーザーがインターネット上で検索したキーワードと関連性のある広告を打ち出します。

狙いたいターゲットに適切な内容の広告を掲載できるだけでなく、短期間で成果が出やすいメリットもあります。一方で、入札制のため狙いたいキーワードが人気で競合性が高い場合、かなりの広告費が必要となります。

その際に多額の広告費用をかけたとしても、掲載を停止すれば検索結果には表示されなくなる点や広告コンテンツを避けるユーザーがいるなどのデメリットも存在します。

SEOマーケター

SEO(Search Engine Optimization)は、Webサイトを検索結果上位に表示するための手法です。

検索エンジン最適化とも呼ばれ、GoogleやYahoo!のような検索エンジンのルールに最適化したwebサイトを作成し、上位表示させることでサイトの訪問者数の増加を狙います。

SEOマーケターはユーザーが検索エンジンを使用した際、ユーザーにとって有益なコンテンツを提示する必要があります。ユーザビリティの高いコンテンツを製作するために、キーワードに関連する市場調査や競合分析を行い記事を設計していきます。

SEO最大のメリットは”長期的”であることです。SNSやWeb広告で集客を行った場合、広告掲載時期が終了すれば集客効果も減少していきます。これでは多くの企業が望んでいる”継続的な集客”を実現できません。

一方でSEOは一度コンテンツを打ち出せば早くて半年~数年はその効果を発揮します。つまり、長期的な資産になるのです。

SEOのそのような特徴から、SEOマーケターは長期的にクライアントワークに参加することになるため、将来性が高く他の職種よりも安定した年収を得ることができます。

また、広告系に比べて少ないコストで運営できることもSEOが重宝されやすい利点の一つです。

【結論】Webマーケティングの年収が低いわけない!

豚の貯金箱と重なった硬貨

会社員としてWebマーケティングに携わるのであれば、年収は期待するよりも低い場合が多いでしょう。クライアントワークがいくつ増えても給与は固定である点や、更なる年収UPを目指すには管理職等への昇格が必要なため、長い年月がかかります。

一方で、フリーランスWebマーケターであれば業務委託という形で高単価案件を複数獲得することで年収1,000万以上も実現可能です。高単価なフリーランスWebマーケターになる為には、突出した専門分野や特化型スキルを身に着けて活躍することが求められます。

こちらはフリーランスWebマーケターとして活躍されており、実際にSEOで1位の記事を量産し月間収益を約500万円達成されたmanablogさんのツイートです。


フリーランスWebマーケターになれば、会社員では得られないメリットが数多く存在します。

  • 少ない実働時間で高い収入が可能
  • 場所や時間の自由度が高い

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

フリーランスWebマーケターになるには?

パソコンでグーグルを開く男性

実際にWebマーケティング業界でフリーランスとして活躍するにはどうしたらいいの?と気になりますよね。筆者も最初は独学や就職を考えましたが、どれも未経験には難しそう…。というのが本音です。

そもそも未経験でWebマーケターになるのすら難易度が高そうなのに、フリーランスで活躍なんてできるのだろうかと疑問でした。そこで実行したことが、「スクールの受講」です。

現在受講中のWEBMARKSではプロのWebマーケター直接指導の元、フリーランスWebマーケターの育成を行っています。

  • 将来性の見込めるSEOに特化
  • 営業方法からポートフォリオの作成まで、案件獲得まで育成する「フリーランスマーケター育成コース」
  • フリーランスとして月100万円を達成するマインドセット動画
  • 現役Webマーケターによる無制限質問対応

上記のとおり、他スクールにはない様々なサポートに加え、実際のスクール生の案件獲得状況まで確認できます。

なかでも同じく大学生で卒業後約一週間で月収30万円の案件を獲得した方や、異業種からスクール在籍中に週5案件を獲得した方など多くの成功体験が寄せられています!

フリーランスでせひ年収1,000万を目指したい!Webマーケターになって高収入を目指したい!と思っている方は、ぜひ一度無料カウンセリングにお越しください。プロの直接指導の元、最短でWebマーケターを目指しフリーランスとして高い年収を実現しましょう!

この記事を書いた人
Misa
Misa
現役大学生|都内スペシャリティコーヒーでバリスタ勤務→店舗の他に本社オフィスにも関わりweb集客の重要性を痛感→在学中にwebマーケターを志す|webマーケティングスクールWEBMARKS 5期生
このライターの記事を見る
TOP