Webマーケティングでフリーランスになる方法を解説

Webマーケティングスクール

最近、「Webマーケティング」という言葉を目にする機会が増えてきました。しかし、まだまだ一般的にはどんな職業なのか知られていないでしょう。

「言葉だけは知っている」そんな方が多いのではないかと思います。この記事では以下の疑問に対し、具体的に答えていきます。

  • Webマーケティングってどんな仕事
  • Webマーケターになるには
  • Webマーケティング業界は稼げるの
  • フリーランスでやっていきたい!
  • どんな働き方をするの
  • フリーランスはどのように案件の獲得するのか

フリーランスのWebマーケターになれるのか

パソコンやコーヒーカップの置かれたデスク

Webマーケティング分野は、まだ一般的な馴染みが薄いかもしれません。しかし、インターネットが欠かせなくなった現代では、多くの人が「Webマーケティング」と日常的に関わりがあります。

需要が大きいにもかかわらずあまり知られていないということは、供給が足りていないということです。つまりWebマーケターが不足しているのです。

それを踏まえて、このWebマーケティングという業界における、フリーランスという働き方について詳しく書いていこうと思います。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングでフリーランスになれます

結論からいうと、Webマーケティングの分野で未経験からでも知識を身につけることができればフリーランスとして独立できます。

しかし実績が重視される業界のため、簡単になれるわけではありません。Webマーケティング業界でフリーランスになる方法はさまざまです。順番に解説していきます。

どうしてフリーランスのWebマーケターになれるのか

パソコンに向かいながらメモを取る女性

Webマーケティング業界でフリーランスになるにはさまざまな方法が存在します。しかし個人のスキルや環境によって、取るべき方法や難易度は大きく変わります。

Webマーケティング業界は近年、非常に伸びています。それに対してマーケターが不足しています。大手企業の社内にもWebマーケティングに詳しい人材がいないのです。

そのため、外部からフリーランスのWebマーケターが入るという事例はたくさんあります。まずは、Webマーケティング業界について詳しく解説していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング業界の将来性

Webマーケティング業界の将来性は右肩上がりです。インターネット広告市場は今後も拡大が予想されています。

2019年には、「インターネット広告費」が、「テレビメディア広告費」を超えました。Webマーケティング業界において2019年は、大きな転換点となったといえます。

2020年 日本の広告費|電通株式会社

インターネット広告市場は右肩上がりの成長を続け、今後も拡大が予測されています。これによりWebマーケティング業界の成長や、Webマーケターの必要性が高まる事が予想されます。

Webマーケターの不足

先ほど記載したように「インターネット広告費」が増えて需要が高まっていますが、それに伴いWebマーケターの不足が深刻化しています。

市場の規模に対してWebマーケターが圧倒的に不足している状態が続いているのです。

案件の数に対して圧倒的にリソースが足りていない状況です。 Webマーケティング業界ではウェブマーケターの採用を強化しているものの、経験者ばかりを採用しようとしています。

市場にいる数少ないWebマーケティングの実務経験者を取り合っています。各社がWebマーケターの育成を怠っているためなかなか市場に人材が増えず、限られた人材を取り合ってしまっているのです。

こんな状態が続いてしまうと、慢性的な人材不足の課題は解決されません。

Webマーケターとしての働き方

Webマーケティング職は働き方として、とても自由度の高い職種の1つです。働き方の自由度が高いとは、どんな形態で働きたいのかを自分の裁量で決めやすいということです。Webマーケティング会社の社員として、大企業の案件に関わることもできます。

その上、独立してフリーランスとして自身で案件を獲得しながら生計を立てることもできます。昼はWebマーケティング会社の社員として働きながら、そのスキルを活かし帰宅後や休日を使ってWebマーケティングの副業をするという働き方も可能です。

Webマーケティングは本業で身に付けたノウハウをそのまま副業に活かしやすい事も魅力です。実績が案件獲得に大きく影響する業界のため、十分な価値が提供できるスキルがあることが求められます。

Webマーケターの年収は?

豚の貯金箱と小銭

Webマーケティング業界の年収はどのくらいなのでしょう。会社員Webマーケターと一般的なサラリーマンとを比較してみましょう。

Webマーケターの年収は業界の成長に伴い、需要が高まってきています。そのため平均年収は他の業種と比べても高い傾向にあります。

フリーランスのWebマーケターの年収はどうでしょうか。会社員と比べると、より個人のスキルによって年収が変わってきそうです。詳しく説明していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

会社員Webマーケターの年収

一般的なサラリーマンの平均年収「441万円」と比べて100万円高い「541万円」となっています。各年代を比較してみても、全てWebマーケティング職が全体平均を上回っているのが分かります。

フリーランスWebマーケターの年収

フリーランスのWebマーケターの年収は、0円〜青天井です。フリーランスの場合、年収は本人の実力によって大きく左右されます。案件が獲得できなければ0円ですが、実績を積み上げ自身の単価を上げられれば、収入は天井知らずです。

会社員とは違い、ほとんどの場合フリーランスは一人で動いていることが多いです。そのため、案件が増えてくると一人では対応が間に合わなくなってきます。

そのような時にはフリーランス同士で業務委託を結んだり、クラウドソーシングなどを利用して、業務を部分的に外部へ委託することで、獲得案件を増やしていく方法もあります。

また事業規模が大きくなると、法人化が選択肢に出てきます。しかし、Webマーケティング業界でフリーランスを目指す人達の多くは会社勤めでなく、自由な働き方を目指しているのではないでしょうか。

法人化ではなく案件ごとに業務委託を結ぶ、チームのような働き方を選択するWebマーケターが多いです。

フリーランスは良くも悪くも自分次第ということになりますが、収入が天井知らずというのは、とてもやりがいがあるのではないでしょうか。

そもそもWebマーケティングってどんな仕事なの

ワードプレスを開いたパソコンに向かう男性の手元

Webマーケティングとは、Webを中心にインターネット上で行なうマーケティング活動のことです。Webサイトで集客し、サービスの提供や商品の販売、ブランディングを促進する活動のことをWebマーケティングと呼びます。

他にもデジタルマーケティング、インターネットマーケティングなどと呼ぶこともあります。Webマーケティングの分野は幅広く、多岐にわたります。その中でも代表的な4つをご紹介します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

広告運用

広告の企画、設計、集計、分析などを行うのが広告運用です。どの広告枠に出すのかを決める戦略の立案、提案、打ち合わせなどの業務があります。

広告運用担当の主な仕事は、広告配信の入札などの設定や準備を行う入稿作業です。そして広告配信の結果を分析し、次のPDCAを回すための新たな施策立案などを行います。

集計を行うための媒体ごとの知識や使い方、広告文章やバナー案などを考えるクリエイティブなスキルも必要になります。

アップデートや新たな広告の手法などの勉強が欠かせません。Webマーケティングにおける広告には、以下のとおり様々な媒体が存在します。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • ソーシャルメディア広告

これらのCVR(コンバーション率)を上げることがWebマーケターの仕事です。

LPO(ランディングページ最適化)などに関する知識や、どの広告がよくクリックされるかなどを割り出す分析力などが必要になり、クライアントがかける広告費以上の成果が常に広告運用担当に求められます。

SEO

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称です。日本語では「検索エンジン最適化」といいます。

Googleなどの検索エンジンのルールに最適化したWebサイトを作ることで、検索結果の上位に表示させ訪問者を増やし、コンバージョンの増加を促します。

SEOはコンバージョン増加のために自然検索経由の流入を増やすマーケティング手法です。ユーザーが検索した内容に合ったWebサイトが上位に表示されるため、高い確率でWebサイトの閲覧、成約などに繋がることが期待できます。

SEO対策はサイトが閲覧されるために必要不可欠であるとともに、高い成果を上げるためにも非常に重要な技術です。

自然検索結果で最もクリック率が高いのは、1位に表示されるサイトです。自社のサイトをWeb上に公開していても、キーワードの検索結果で3ページ目、4ページ目に表示されていてはユーザーに見られる機会はほとんど見込めません。

1ページ目の検索結果に表示される1〜10位、なおかつ上位を狙うことが必要になります。

リスティング広告の場合はクリック数に応じて費用が発生するのに対し、SEOの場合はアクセス数の応じて費用が発生することはありません。

狙っているキーワードで上位表示されていれば広告費用を投じずにコンバージョンに繋げることができます。

一方、SEO対策を実装後、検索エンジンに評価され検索順位に変化が見られるまでには時間がかかります。企業とWebマーケターは長期的に契約を結び、腰を据えて取り組む必要があるでしょう。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーテティングとは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツの制作や発信を通して見込み客のニーズを育成し、サービスの利用や購入に繋げる手法です。最終的にはファンになってもらうことを目指します。

記事や動画、音声などその手法はさまざま。コンテンツマーケティングではユーザーに対して「即購入」を促すのではなく、コンテンツと通して自社を認知してもらい、段階的に購入へと後押ししていくのが特徴です。

コンテンツマーケティングには資産が蓄積されるという効果があります。一度公開された後はコンテンツ自体の価値が失われない限り、その効果は続きます。

コンテンツを増やせば増やすほど、ユーザーの目に触れる機会やサイト内の回遊も増え、費用対効果も高まります。

SNS運用

個人でも利用している人が多いFacebook、Instagram、Twitter、LINEなどのSNS。企業の公式アカウントもよく見かけます。ユーザーのエンゲージメントを増やし、フォロワーを獲得し自社サービスの購入などに繋げていくことは非常に重要です。

企業の公式アカウントの運用は負担も大きいことから、フリーランスへの発注が多い案件です。個人でも利用している人も多いため簡単そうに思うかもしれませんが、業務内容は投稿だけでなく、コメントへの対応や広告運用、アクセス解析など多岐に渡ります。

企業がSNSを運用する理由は、顧客の利用率が非常に高いためです。利用者の多いSNSを利用して宣伝やマーケティングを行うことで、多くの人にサービスや商品を知ってもらえて、購入に繋げられます。

またコメントなどでコミュニケーションが取れることで、企業のファンや見込み客を増やす事も可能です。

Webマーケティングでフリーランスになる基本的な方法4選

打ち合わせをする4人の男女Webマーケティングでフリーランスになるには、さまざまな方法があります。その中でも代表的な4つの方法をご紹介します。

  • 実績や人脈を作ってからの独立
  • Webマーケティング会社へ就職
  • 独学で学ぶ
  • Webマーケティングスクールを受講する

個人の実績や経験、スキルなどによって取るべき手段が変わってきます。順番に紹介していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

1.実績や人脈を作ってから独立

Webマーケティング会社などに勤めて、実績や人脈を作ってから独立する方法です。フリーランスになって個人で案件を取る時に重要になってくるのが実績。

その点、会社員としてWebマーケティング業務に関わっていたという実績はとても評価されます。会社員なら個人では携われないような大きな案件を担当することもできます。

給料を貰いながらWebマーケティングに必要な知識や経験、実績などを身に付けられる点も、大きな魅力です。

会社員時代に付き合いのあったクライアントから直接依頼が来るような関係を築いておけば、独立後も安定して活動していけるでしょう。

2.Webマーケティング会社へ就職

未経験から就職・転職できる会社もあります。1〜2年会社で一通りの業務を学び、そのスキルを活かして独立する事を見越して一度就職するという選択もあります。

会社員と並行して副業で収入を安定させてからの独立ならリスクが低く、現実的です。しかし、未経験を採用している会社ばかりではないため、基本的な知識は自分自身で身につける必要があります。

また実務経験はなくても、Webマーケティングに必要な知識や資格を身につけることで就職に有利になります。個人でブログ運営や広告運用などの経験が評価される場合もあります。実務経験の無い人は、出来ることから取り組んでいきましょう。

3.独学で学ぶ

インターネットに情報が溢れている時代のため、独学で知識を身につけてフリーランスとして独立する方法もあります。しかしかなり効率は悪いです。

特に未経験からでは知識の正しさの判断ができないため、間違った知識を身につけたり、実践的なスキルを身につけるまでにかかる膨大な時間がかかるおそれがあります。

インターネットで情報を集める場合、基本的には無料で学ぶことは可能です。しかし、やはり効率が悪いです。

有料で有益な情報にお金を出すことも選択肢に入れてみてください。その理由はお金で時間を買うことで勉強にかかる時間を短縮できるからです。Webマーケティングで稼げるようになるまでの期間を早められます。

無料で長い期間をかけても、知識や身に付くかは分かりません。その上、稼げるようになるまでに時間がかかると、機会損失になります。

自身で調べたり勉強したりすることは、これからずっと続けていくことです。早く軌道に載せるために、はじめは有益な知識や情報にお金を出してみましょう。

4.Webマーケティングスクールを受講する

知識や情報にお金を出す選択肢の一つとして、Webマーケティングスクールがあります。検索してみると分かりますが、Webマーケティングを教えてくれるスクールは多くあります。

Web広告運用を学べるスクールが多いですが、中にはSEOに特化したスクールもあります。各スクールによって特色があります。自身の目指すWebマーケター像に合わせて選択しましょう。

スクールによっては現役のWebマーケターから直接学ぶことができます。質問や課題の添削などは独学では不可能ですので、非常に効果的です。

独学ではつまずいてしまうことが多いです。しかし、スクールなら体系的に効率よく学ぶことができるため、実践に必要な専門知識を身に付けられます。

さらにつまずいた場合は、講師に質問することで解決できます。スクールによって就職・転職サポートが付いている場合もあります。

フリーランスのWebマーケターが案件を獲得する方法

複数の人の前でプレゼンする男性Webマーケティング業界に限らずですが、フリーランスにとって案件獲得は非常に重要です。会社員とは違い、自身で仕事を取ってくる事が必要になります。

案件獲得の方法は複数ありますが、代表的な方法をご紹介します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングのプラットフォームに登録して案件を獲得する方法です。はじめは経験や実績を条件としていない案件を探し実績を作っていきます。

単価は決して高くはありませんが、少しずつ実績を作りキャリアアップを目指していきましょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ など

求人サイトを利用する

正社員やアルバイト・パートを募集しているような一般的な求人サイトでも、副業・フリーランス案件の募集があります。

Webマーケティングの案件も見つけることができます。フルリモート可や、業務委託、フリーランスなどと書かれている案件をチェックしてみましょう。

フリーランス専門のエージェントに相談する

フリーランスのWebマーケターが企業に直接交渉するのは簡単ではありません。しかし間にエージェントが入ることで、企業との交渉などを代行してもらえます。

人脈や実績がまだ十分ではないフリーランスはエージェントの力をしっかり使うことで、案件獲得に有利になります。

  • レバテッククリエイター
  • クラウドテック
  • Workship
  • TPROパートナーズ
  • High-Performer consultant(ハイパフォーマーコンサルタント) など

上記のエージェントが代表的です。

過去のクライアントや知人経由

実績ができ信頼も得るようになると、案件の依頼が途切れなくなります。ですが、実績や信頼のない状態だとはじめは特に案件の獲得は難しいものです。

会社員時代などに付き合いのあったクライアントや知人から直接依頼が来るような関係を築いておけば、案件獲得において非常に有利です。

Webマーケティングでフリーランスになることはできる

川沿いでバンザイする女性Webマーケティング業界でフリーランスになることはできます。しかし、その方法は様々で個人のスキルや環境などによって変わってきます。

Webマーケティングの分野は、未経験からでも知識を身につけることさえできれば、フリーランスとして独立することが可能です。未経験からWebマーケティングのフリーランスを目指すのであれば、スクールを受講することをおすすめします。

必要な知識や正しい知識を効率よく学ぶことができます。調べても分からないことを質問できる点も、とても魅力的です。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケター養成スクールのご紹介

最後に、Webマーケティングスクールを紹介します。Webマーケティングの中でもSEOに特化したスクールです。未経験・初心者からでも3ヶ月で案件を受注出来るWebマーケターに引き上げてくれます。

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 思い切ってIT業界に就職したい
  • 正直今の仕事にやりがいを感じない・・・
  • 今後のキャリアについて考えると不安・・・
  • 場所や時間にとらわれずに収入を得るスキルを身に付けたい
  • いきなり独立ではなく、まずは副業から始めたい
  • 単発・低単価の仕事ではなく、高単価・長期的な収入を得て安定したい
  • 将来的には独立して、自分で食べていけるスキルを身に付けたい

もし当てはまる項目がありましたら、ぜひ下記の記事をご覧ください。

この記事を書いた人
吉本大樹
吉本大樹
内装業の職人。その後似顔絵のプロ養成コースを受講し、絵描きへ。収入の柱を増やす目的と、資産を構築出来る働き方を模索した結果、Webマーケティングを知る。未経験からWebマーケターになる手段を探した結果、WEBMARKSに出会う。Webマーケター養成スクールの4期生としてWebマーケティングを学ぶ。
このライターの記事を見る
TOP