【真相】なぜWebマーケティング業界はしんどいのか?

8期生
なぜマーケティング業界はしんどいのか

Webマーケティング業界で働くのはしんどいというのは本当なのか?

どれくらい辛いのか?

自分に合った業界なのか?

多くの方はこのような疑問を持ってこのページをご覧になっていると思います。

初心者からWebマーケティング業界に入ろうと考えているものの、「実務がハードすぎるのではないか?」「Webマーケティングの何がそんなに大変なの?」といった疑問をお持ちの方にWebマーケティング業界がなぜしんどいと言われるのか、その真相を徹底解説します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング業界はしんどい!

Webマーケティング業界はしんどい!

Webマーケティングとひとことで言っても、その業務内容は多岐に渡っています。広告運用、Googleアナリティクスなどのツールを利用したサイト分析、SEO(Search Engine Ootimization)対策、戦略立案、Webコンテンツ制作などWebに関わるありとあらゆる業務を行います。

しかし、そのどれもに共通する目的は、「運用するサイトの集客・売上アップ」です。集客や売上が会社にとって重要な指標であることは言うまでもありません。そのような売上に関わるWebマーケティングだからこそ、しんどい部分があるのは事実です。では具体的にどこがどうしんどいのか?を解説します。

結果を常に求められるのがしんどい

特にしんどいと言われるのが広告運用の分野です。莫大な広告予算を割り振られ、短期間でその予算に見合う結果を出すことを求められます。2021年の日本の総広告費は通年で6兆7,998億円(前年比110.4%)と市場規模も大きく、中でも運用型広告は1兆8,382億円(前年比126.3%)と高い成長率を維持しています。

また、日本の運用型広告の予算相場は、大体20万〜50万円と言われています。売上が広告費用を下回ってしまえば運用効果が出ていないことになり、数字が結果を明らかにします。売上のマイナスが生じてしまった場合のストレスはとてつもなくしんどいだろうと予想できます。

そのようなストレスに耐えられる自信がなければ、安易に飛び込むべきでないと言えるでしょう。

勤務時間が長くてしんどい

転職・求人サイトdodaの調査によると、Webマーケターを含むWeb・広告業務のディレクター職の残業時間は平均32.5時間と全職種の中で2番目に残業が多い職種です。これだけ見ても、他業種に比べて作業時間・残業時間が長いことがわかります。

結果を短期で求められるからこそ、調査とPDCAサイクルを早く回さなければなりません。
その分スキルも付きますが、スキルを付けてどのようなキャリアを積みたいのかと言うプランがなく飛び込むのは危険だといえます。

そのような環境下でも、自分がスキルを身につけて次のステップに生かしたい、起業したいなどの目標がある方には、これ以上ない実践の場になることは間違いないでしょう。

知識のアップデートがしんどい

インターネットは日々変化しており、法規制などにも注意をしながらウェブサイト運営をする必要があります。知らない間に法律違反になるコンテンツを作成してしまった場合は損害賠償などにも繋がりかねません。

また、インターネット上の新しい技術・媒体について知っておかなければ、時代に合わせた販売戦略を立てることはできないでしょう。そのような事態を避けるためにも、常にWebマーケターは自ら情報をアップデートし続けなければなりません。

優秀な人材が多くてしんどい

スキルが必要な業種だからこそ、Webマーケティング業界には若く優秀な人材が集まっています。常に数字で成果を求められる状況に身を置く人々と協業していくことで、スキルを引き上げられるという良い面もあります。

しかし同時にそのような優秀な人材と比べられることにもなります。そのような中で自分の価値を出していくことは、決して簡単なことではありません。時にはとても辛い思いをすることもあるでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングはどの分野がしんどい?

Webマーケティングはどの分野がしんどい?

Webマーケティングの仕事がしんどいと言うのはわかったけど、そもそもどんな仕事をしているのか知りたい方もいると思います。Webマーケティングは実に幅広い分野の業務があるため、その内容は多岐に渡っています。まずはWebマーケティングの中でも自分の適性に合った職種を選ぶことが大切です。

Webマーケティングにもいくつか分野がある

Webマーケティングにはいくつかの分野が存在しています。例えば同じマーケティングと言っても、市場分析を行うマーケティング、Webサイトの上位表示を狙うSEO対策、売上増加のためのリスティング広告、集客を増やすためのSNS運用などクライアント次第で多岐に渡る業務が発生するのです。

この全てを求められる場合もありますし、どれかひとつの分野でマーケティングを行なって欲しいと言われることもあります。そして重要なのは、この全てを少しずつ網羅することより突出したスキルを身につけることなのです。

全てができるのが理想ではありますが、「じゃあ一体何があなたの強みなの?」と言われた時には逆にスキルがぼやけてしまいます。あれもこれもやったことはあるけど、深くはわからないというよりは「この分野では人に負けないスキルがある!」と言えた方がアピールになるのです。

【広告運用】短期決戦でしんどい

Webマーケティングの中でも広告運用が最もしんどいと言えるでしょう。前述の通り、広告運用はかける費用の規模が大きければ大きいほど結果も求められます。短期間で結果を出すためにひとつの案件も短く、次々とこなしていかなければなりません。

一種の起爆剤のようなもので、結果の回収にもそこまで時間をかけないのが特徴です。多くの場合は数ヶ月以内に広告費用以上の売上を出す必要があります。さらに、広告運用にもいくつかの種類があります。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • DSP
  • SNS広告
  • 動画広告
  • 純広告
  • アフィリエイト広告

これだけの種類の広告をそれぞれの媒体に合わせて計画運用していくのは、Webマーケティングの中でもスピードと成果を特に求められる分野といえます。数字で結果が見える仕事の方が合っている、成果を目に見える形で出したいという方は広告運用に向いているでしょう。

【SEOマーケティング】長期間でじっくり取り組む

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、GoogleやYahooなどの検索エンジンでの上位表示を目的に行われるWebマーケティングの施策です。

検索エンジンの上位表示は企業の売上にも直結しており、検索結果の1位に表示されると、そのサイトのクリック率は約30%、2位・3位は大きく下げて約10〜15%、10位ではたったの1%と検索順位によって大きく変わります。せっかく良い商品を作ったとしてもサイトを見てもらえなければユーザーには伝わらず、売上にもつながりません。

日本の検索エンジンの8割はGoogleとYahooが使われており、この2つは同じアルゴリズムを利用して上位表示サイトを決定しています。いずれの場合も、検索するユーザーのニーズを満たすサイトかどうかを判断基準としているため、検索エンジン側にもそれを伝えてあげる必要があります。そのためのテクニックとしてSEO対策が必要とされているのです。

SEO対策は広告運用と比較すると、効果の計測までに一定期間が必要なこともあり半年〜1年程の長期間で行います。短期で爆発的な結果を求める広告運用と違い長期間じっくり取り組むと言うのがSEOマーケティングの特徴です。

また、SEO対策に取り組む企業の多くはITリテラシーも高く、企業に対してWeb運用のアドバイスをすることで上流の案件に関わることができます。実はWebデザインやWebライティング、広告運用に比べて息が長く、長期間安定した案件が多いのもSEOマーケティングの特徴なのです。

リモートワークで自分の自由に時間を使いたいと思っている方が、そのような内情を知らずに広告運用の仕事に就いてしまうと、実務と思っていた生活にギャップが生まれ継続が難しくなってしまいます。

ワークライフバランスの見直しも考えてWebマーケティング業界を志望する方は、自分の求める働き方に合った職種を選択することが大切なのです。

Webマーケティング業界の平均年収

Webマーケティング業界の平均年収は、会社員で平均421万円です。全業種平均年収は約409万円なので平均年収よりは高いと言えますが、これはあくまで事業会社に勤めた場合の平均値です。年収を上げようと思えば、広告代理店やコンサルティング会社に努めるかフリーランスとして案件に入るのがいいでしょう。

長期的に安定して収入を得ようと思うのであれば、SEOマーケターとして半年以上の案件に就きながら、同時に2つ以上の案件をこなすことで収入アップも可能です。

【その他】Webに関わる仕事をご紹介

Web業界に興味を持っている方に向けて、Web関連の仕事をいくつか紹介します。Web業界には、マーケター以外にもたくさんの仕事があります。まずはそれぞれの仕事の違いを知り、適性に合った仕事を選ぶようにしましょう。

  • Webディレクター・プランナー:Webコンテンツの制作指示ポジション。
  • Webエンジニア:クライアントの課題解決に特化したプログラマー。顧客とのコミュニケーションが必須。
  • Webプログラマー:Web言語を利用してウェブサイトを構築。難易度は高いが需要も高い。
  • Webデザイナー:Webサイト上の目に見える部分をデザイン。クリエイティブ(制作物)を作り、クライアントに納品したり、サイトの見た目を綺麗にする。
  • Webライター:マーケターやディレクターが設計したコンテンツテーマに沿って文章を書く仕事。文字数によって収入単価が決定する。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

しんどいだけじゃない!Webマーケティングの楽しさ

しんどいだけじゃない!Webマーケティングの楽しさ

Webマーケティングのしんどさについて多く語りましたが、Webマーケティングは辛いだけではありません。Webマーケティングが楽しい!と感じられる瞬間も多く存在します。どんな仕事にも辛さと楽しさがありますが、Webマーケティング業界特有の楽しさについても解説していきたいと思います。

ウェブサイトから作り手の意図がわかるようになる

Webマーケティングについて学ぶことで、どのようにWebサイトが作られているのか、どういう狙いで作られているのかがわかるようになります。これまでなんとなく見ていたお気に入りのサイトなども、マーケティングの観点で見るともっと良くできそうなポイントなども見えて来ます。

マーケティングを勉強することで商品の販売される仕組みを知れるとも言えるでしょう。これまでに持っていなかった視点からウェブサイトを眺めると、今まで見えなかったものが見えてくるはずです。

成果が目に見えてわかる

広告運用やSEO対策によって、施策実行後には必ず結果が出ます。特にSEO対策はGoogleで検索結果を見るだけで誰でも簡単に成果が確認できてしまいます。これまで上位表示されていなかったサイトの上位表示ができるようになれば、それだけ売上にも貢献できることとなります。

仮説を立てて、実行した効果が出ればとても嬉しいですし、次回も頑張ろうというモチベーションにもつながります。世の中の誰もが見れる検索サイトで結果を出す仕事と言うのはインパクトも大きく、楽しいと感じられる部分といえるでしょう。

働き方は人それぞれ

SEOマーケターとして働くのであれば、好きな働き方を選択することも可能です。例えばフリーランスとして週2回だけ案件にリモートで入り、その他は好きな土地で好きなことをしながら暮らすことも夢ではありません。

子育てをしながらできる範囲でマーケターの仕事をすることもできます。主婦の方や学生であっても同じです。今の環境の中で自分に合った働き方を模索している方には、長期的に安定した案件につながるSEOマーケターとして働くことをおすすめします。

ぜひSEOマーケティングの知識を身につけ、理想のワークライフバランスを実現して欲しいと思います。

Googleを制するものがSEOを制す

Googleは、日本国内の検索エンジンシェアの8割を獲得しており、現在世界シェアも90%を超えています。また、日本国内でよく使用されるYahooもGoogleのアルゴリズムを使用しています。

つまり、Googleのサイト表示アルゴリズムに合わせたSEO対策ができれば日本の検索エンジン全体の対策ができるのと同義になるのです。Google対策=SEO対策と言えますので、まずはGoogleのサイトについて知り、分析ツールを使えるようになることが大切です。

SEO対策のために使われる有名なツールのひとつが「Googleアナリティクス」です。無料でGoogleから提供されている分析ツールなのですが、こちらは大変優秀なツールで、多くのマーケターがGoogleアナリティクスを利用してサイト分析を行なっています。

また、その他にも「Googleサーチコンソール」「Google広告」「Googleタグマネージャー」「キーワードプランナー」など、Google公式のツールが数種類存在します。これらをうまく組み合わせて使うことで、SEO対策を成功させましょう。

何よりも大切なユーザビリティ

Googleが特に大切にしているのがユーザビリティです。ユーザーのニーズに合った内容のサイトを上位表示することで、顧客満足度をあげることに重点を置いています。過去には、ブラックハットと言われる方法を用いて、意図的にニーズに合わないサイトを上位表示をさせるような手法が流行した時期がありました。

しかし実際にはユーザーには必要ないサイトばかりが検索上位に出てしまうため、検索エンジンやインターネットそのものに対する信頼を失うことになってしまいました。これを受けて、Googleはブラックハットの上位表示はユーザビリティに反するとして、ブラックハットを回避するよう常にアルゴリズムを変更し続けてきました。

その努力はGoogleが掲げる10の事実に見ることができます。Googleで上位表示されるためには、ユーザーのためになるサイトかどうかが大きく影響することになります。このように独自のアルゴリズムを築いてきたからこそ、Googleが他の検索サイトに対して優位性を発揮してきたといえます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

初心者からWebマーケティングを始めるのは難しい?

初心者からWebマーケティングを始めるのは難しい?

Webマーケティング業界について少しわかったものの、本当に初心者から始められるの?と不安な方も多いと思います。実際に初心者からいきなりWebマーケティングを始めるのはそう簡単ではないといえるでしょう。

それでも初心者からWebマーケターになることは可能です。初心者からWebマーケティングを始める難しさと、必要なスキルやツールについて解説していきます。

準備するのはパソコン1台

手元にパソコン1台あるだけで、その日から仕事することが可能であるのもWebマーケティングの仕事を始めやすい理由のひとつです。実務もパソコン1台でほとんど完結しますし、オンライン会議が定着しつつある今対面しなければ進められない仕事も少なくなってきているといえます。

まずは、パソコンとネット環境を用意することでWebマーケティングを学ぶ準備は完了です。その次に、どのようにマーケティングを学ぶのかを決めて実践していくのがマーケターになる近道でしょう。

地方でも都心でも、場所に関係なく始められるのもWeb関連の仕事の良いところです。

士業などの専門職より難易度は低い

行政書士・税理士・弁護士などの士業に就くのは大変難易度が高いとされています。
それは士業の資格試験に合格するための学習時間からもわかります。

資格の種類 必要勉強時間の目安 合格率
弁護士(予備試験) 6,000時間 3%
弁護士(法科大学院) 6,000時間 40%
公認会計士 3,000時間 10%
司法書士 3,000時間 3%
弁理士 3,000時間 7%
税理士 2,500時間 10%
不動産鑑定士 2,000時間 10%
国家公務員総合職 2,000時間 6%
米国公認会計士 1,500時間 35%
社会保険労務士 1,000時間 7%
TOEIC800点 1,000時間
日商簿記1級 800時間 10%
行政書士 600時間 7%
宅地建物取引士 400時間 15%
日商簿記2級 250時間 30%

通常、これらの士業に就くためには膨大な時間を割かなければなりません。難関資格であればあるほど勉強時間も必要になります。弁護士などであれば、数年単位で毎日勉強を続けることになるでしょう。

しかし、Webマーケティングはスクールで勉強しても長くて半年、早ければ2〜3ヶ月でプロのマーケターとして働けるスキルが身につくのです。その上、マーケターは企業の事業戦略やKPIなど上流の職務となるため、企業の根幹部分に携わることも可能です。これだけコストパフォーマンスが抜群の資格は他にないともいえるでしょう。

Webマーケティングの関連資格

Webマーケターとして初心者が実務に就く際、採用担当者への実力アピールとなるのがWebマーケティングに関連する資格です。できればWebマーケティングスクールと並行して資格取得するのをおすすめします。

実績のないうちは、自分のお守り代わりに資格を取得してぜひ仕事を獲得するのに活かしていきましょう。

【Webマーケティング関連資格】

  • Web解析士
  • データ解析士
  • GAIQ(Googleアナリティクス個人認定資格)
  • Webアナリスト
  • IMA検定

初心者からでもWebマーケターになれる

結論から言うと、初心者からでもプロのWebマーケターになることは可能です。士業よりも時間をかけずに「プロ」として活躍ができ、パソコン1台ですぐに学習が始められ、なおかつ企業の中枢に関わる事業戦略などマーケターならではの業務につくことで年収アップも狙えます。

もちろんその分責任も大きな仕事ではありますが、場所を選ばず、それだけ裁量のある業務に関われるような仕事と言うのは限られています。Webマーケティングにやりがいを感じられそうであれば、やってみる価値は十分あるといえるでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングの学び方

整理された机の上

Webマーケティング業界で働くためにスキルを身につけよう!と決意した方にとって、次に考えなければならないのが「どうやってスキルを身につけるか?」です。スキルを身につける方法は、「独学」か「スクールに通う」かの大きく分けて二択になります。

自分に合った学習方法で、Webマーケティングの基礎をしっかりと身につけましょう。

【独学】自分で学習を進められる方向け

独学の最大のメリットはコストがかからない点です。数十万円のスクール費用を払う必要がありません。さらに自分の好きなペースで、好きな時間に好きな場所で学習をはじめられます。その代わり独学で学習をはじめる場合には、高い学習意欲が必要です。

参考書や動画を見ながら、自分なりにかみ砕いて内容を理解し、学習を進めていくことになります。知り合いにプロのマーケターが入れば疑問が出た時に聞く事もできますが、そうでない場合は質問する相手を見つけるのが難しいでしょう。独学での学習中に疑問が出てきた時は、Twitterや知恵袋を利用して回答を得るようにしましょう。

わからなくてつまづいた時、フォローが無い状況を打開できそうな方には独学がお勧めです。

【スクール】不安を解消しながら学習したい方向け

Webマーケティングスクールは、「何から始めたら良いのかわからない」「独学でスキルを身につけるのに不安がある」方におすすめです。Webマーケティングスクールは、通う人の大半が初心者であることも珍しくなく、同じようにこれから学習を始める人と知り合うことができます。

受講者同士で質問し合ったり、お互い励まし合いながら学習できるのはスクールの大きなメリットです。また、Webマーケティングスクールに通うことで、他の受講者の学習姿勢や先輩の活躍を見て、刺激をもらえるのも良さのひとつです。

Webマーケティングスクールでは綿密に練られたカリキュラムがあり、計画立てて学習を進めることができます。スクールによっては学習というより実践を重視した課題を出すところもあります。

スケジュールを自分で組んで学習を進めるのが苦手な方は、スクールを利用するのがおすすめです。Webマーケティングの学習に不安を感じている方には、独学より圧倒的にスクールを利用することをおすすめします。

細かいフォローを受けながら、不安を少しずつ解消していきましょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

おすすめのWebマーケティングスクール5選

おすすめのWebマーケティングスクール5選

「Webマーケティングスクールに通いたいけど、どこが良いのか選べない」とお悩みの方におすすめのWebマーケティングスクールをご紹介します。

Webマーケティングスクールで学習できる内容や学習時間、課題などはスクールによって異なるため、「無理なく学習が進められそうか」「自分のやりたい内容と合っているか」をしっかり確認してから選びましょう。

WEBMARKS

WEBMARKS

特徴:SEOに特化したSEOマーケターの養成スクール
SEOに特化したスクールは珍しく、学習内容も実践的
直接プロのマーケターからスキルを教わることができる
料金:498,000円(フリーランスコース・3ヶ月の場合)
期間:3ヶ月
参照元:WEBMARKS(ウェブマークス)

BMPマーケティング講座

BMPマーケティング講座

特徴:グループワークを必要としないスマホコンテンツでの学習が可能
全200時間・週18時間でプロのWebマーケターになることができる
料金:327,800円
期間:2ヶ月〜3ヶ月
参照元:BMPマーケティング講座

マケキャンbyDMM.com

マケキャンbyDMM.com

特徴:平日=オンライン動画学習、週末=現役マーケターの講義やグループワークで学べる
広告運用の基礎〜実践ワークまでしっかり学べる
料金:690,800円(3ヶ月・転職コースの場合・入会金含む)
期間:3ヶ月
参照元:マケキャン by DMM.com

テックアカデミーWEBマーケティングコース

テックアカデミーWEBマーケティングコース

特徴:基礎〜広告運用までオンラインで学べ、受講費用も比較的安い
週2回メンターのマンツーマンメンタリングで手厚くサポート
料金:174,900円(4週間プランの場合)
期間:1ヶ月
参照元:TechAcademy・WEBマーケティングコース

デジプロ

デジプロ

特徴:実践的で実際の広告運用方法などを学習、即戦力として使える知識やスキルを習得
通学して教室で学ぶことができるマーケティングスクール
料金:363,000円(2ヶ月・通学プランの場合・入学金含む)
期間:2ヶ月
参照元:デジプロ

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

【結論】自分に合った働き方を見つけるべし

【結論】自分に合った働き方を見つけるべし

様々なメリット・デメリットを比較してみましたが、最終的にどの道を選択するか決めるのは他の誰でもなく自分自身です。自分に合わない働き方をしてしまえば、どの仕事であろうと長続きさせるのは難しいでしょう。

そのようなギャップが起こらないように自分に合った働き方を見つけることが大切です。週何日・何時間働くのか、通勤かリモートワークか、都心で働くか地方で働くかなど自分の理想の働き方について書き出してみるのも良いでしょう。

まずは、理想に合った働き方とは何かを考えてみるのが大切です。

適性を知ることが大切

Webマーケティングには広告運用のように短期間で大きな成果を求められるものと、SEOマーケティングのようにある程度長い期間かけてじっくり成果を出すものがあります。自分の適性がどちらにあるのか考えるのは、とても大切なことです。

短期間で成果を出し続けるのが苦手な人にとって、常に数字に追われるプレッシャーに耐えることは大変なストレスとなってしまいます。そのようなギャップに苦しむ前に、自分の適性に合った働き方を探しましょう。

働き方の具体的なイメージを持とう

「どのように働くか」というイメージが具体的であればあるほど、行動も具体的になっていきます。例えば、働く場所は「都会」か「地方」か?働く時間は「週2日・1日4時間」なのか、「週5日・1日8時間」なのか?「通勤」するのか「リモートワーク」なのか?

それに合わせて、探す仕事内容のイメージも具体化できていきます。学習してスキルを身に付けるにつれて、さらにイメージが具体的になっていくことと思います。あとで方向修正をするのはとても大変ですので、できる限り最初にイメージを膨らませてゴールからの逆算をすることをおすすめします。

合わなかったらやめるという選択肢もアリ

極論ではありますが、Webマーケティングをやってみて合わなければやめる、というのもひとつの選択肢です。Webマーケティングの能力は今後さらに社会で重要になっていく見込みなので、学習すること自体は無駄にはならないでしょう。

個人事業主として何か商品を販売されている場合は、自社サイトの改善にも役立ちます。企業に勤める社員の方であれば、自社で運用するオウンドメディアの改善ができるようになります。副業でマーケターとして収入を得ることも可能です。

広告運用をやってみたけどハードすぎて合わなかったという場合は、SEOマーケターに転向するのも良いでしょう。

初心者にはSEOマーケターがおすすめ

Webマーケティングを知らない初心者の方が、Webマーケターを目指すのであればSEOマーケターがおすすめです。短期で成果を出し続ける広告運用の世界は、スキルとメンタルが非常に鍛えられますが、プレッシャーで毎日ストレスを抱えやすくなってしまうかもしれません。

それに比較してSEOマーケターは、ある程度長期の案件が多く、じっくりとサイト改善と向き合うことになります。転職しようと思ってWebマーケティングを始めようとしている方の多くは、現職の環境を変えたくて試行錯誤している中で、Webマーケティングに辿り着いたのだと思います。

そうであれば、あえてハードな広告運用の世界に身をおく必要はありません。時間や場所に縛られず、安定して仕事を続けたいと考えているのであれば、SEOマーケターを目指すのが良いでしょう。

当然、向き不向きはあるため「広告運用で実績を積み、数年後に独立したい」などの明確な目標がある方には、広告運用をおすすめします。どちらの場合でも、まずは自分が本当に望んでいる働き方・キャリアプランが何なのかを軸に考えてみてください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

ABOUT US

WEBMARKSに興味を持っていただけた方はこちらをご覧ください。SEOマーケティングスクールだけでなく、SEO対策でお困りの企業様からのお問合せもお待ちしております。

WEBMARKSについて

ABOUT US

WEBMARKS会社概要

お問合せメールフォーム

WEBMARKSお問合せメールフォーム

TOP