Webマーケティングにおける資格とは【おすすめの資格・内容4つ】

Webマーケティングスクール

Webマーケティングとは?

壁にマッピングされた図

Webマーケティングとは、オンラインショップのWebサイトに消費者を集客したり、より商品やサービスの購入を促したりする活動のことを指します。
つまりWebサイトでの集客力アップ、販売力アップを目的として行なうのが「Webマーケティング」です。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングは独学で学べるのか?

結論から言うと、Webbマーケティングは独学でも学べます。

Webマーケティングは個人で稼げるスキルのため、フリーランスで月20〜30万円といったお金を稼ぐことも十分可能です。

それでは、Webマーケティングには資格が必要なのでしょうか?

Webマーケティングに資格は必要か?

マグカップと「知識」と書かれた本

近年、デジタル化の進行やコロナウイルスによる在宅ワークの普及により「Webマーケティング」が注目されています。そこでWebマーケティングには資格が必要なのか、必要な資格の種類、取得のメリットなどを紹介します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングには資格が必要か?

資格は「取得しておいたほうが良い」と思われます。特に下記の項目に該当する人は特に、資格の取得をおすすめします。

  • スキルアップをしたい
  • 実務未経験
  • 転職したい

Webマーケティングは資格がなくても仕事できますが、取得しておくことで仕事の幅が広がり、将来的に役立つと考えられます。

Webマーケティングの案件を獲得しようとした場合、企業側のWebマーケターのスキルの判断材料は資格が主になります。そのため資格を取得し、経験・実績を積むことでより仕事の幅が広がるでしょう。

資格取得にはメリットがあるのか?

資格は取得しておいたほうが良いと説明しましたが、具体的には資格取得にどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット① 周りの人に能力があると理解してもらえる

資格と持っていると周りの人に「この人はWebマーケティングができる」と理解してもらえます。自分のスキルをきちんと把握できていない場合も、資格は大いに優位に働きます。

メリット② Webマーケティングの知識を深められる

Webマーケティングは資格がなくてもできる仕事です。しかし、資格を取得することで実務では得ることのできない知識が得られ、より知識とと実力の備わったWebマーケターになれるのです。

メリット③ レベルアップに必要な情報がわかりやすい

資格を取得すると自分のレベルがどれぐらいなのか分かり、上級の資格を取得するにはどのような知識が必要なのか理解できます。

Webマーケティングの資格の種類

Webマーケティングにおける資格の種類は、大きく分けて以下の3つがあります。

  • マーケティング全般に関する資格
  • アクセス解析に関する資格
  • 広告に関する資格

では、それぞれどのような内容なのでしょうか?

マーケティング全般に関する資格

マーケティング全般の知識は、以下のような仕事をするために必要です。

  • 市場調査の結果を集計し、分析する
  • 市場のニーズを踏まえた新商品や新サービスを企画する
  • 効果的に市場にアプローチするためのマーケティング戦略を考案する
  • 企画や戦略の効果を検証する

このような業務を行うためにも、基本的な知識を身につけておく必要があります。

アクセス解析に関する資格

アクセス解析とは、売上や問い合わせを増やすために、サイトを訪れるユーザーの特性や行動を分析することです。アクセス解析を行なうためには、大きく分けて以下の2つの知識が必要です。

  • データを分析して正しく解釈する統計の知識
  • アクセス解析ツールなどの機能や使い方の理解

データの分析が誤っていると誤った結論を出してしまう可能性が高いため、正しい知識が必要です。

広告に関する資格

広告には、以下のような知識が必要です。

  • 広告の種類による効果の違い
  • 広告の組み合わせによる効果の違い
  • 目的に合致する広告の選択

広告にはリスティング広告やディスプレイ広告などの種類があります。
どのような商品を、どのような人に知って欲しいのかによって、広告の選び方が変わってきます。そのため、Webマーケターには場合に応じて適切な広告を選べる知識も必要となるのです。

取得がおすすめの資格は?

パソコンを見ながらノートにメモを取る男性

上記を踏まえて、Webマーケティングにおいて取得をおすすめする資格を4つ紹介します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定は、マーケティングの幅広い知識を証明できる資格です。

基礎となるマーケティング知識を学ぶので、どのような業界でも役立ちます。自分が働く業種・業界が決まっていない人にもおすすめです。

詳しくは公式サイトを参考にしてください。

ウェブ解析士検定

「ウェブ解析士」の資格は、「成果につながる解析スキルや知識を持つ人材」を育成する認定資格として設立されました。

事前の講座を開催しており、通学のほかオンラインでも受講できるため、会場が近くになくても安心です。無料体験講座もあります。

資格は「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」の3つのレベルが用意されています。まず初めは「ウェブ解析士」の資格取得を目指しましょう。

詳しくは公式サイトを参考にしてください。

Googleアナリティクス検定

「Googleアナリティクス検定」はGoogleアナリティクスの知識を一通り学べる検定です。Google認定資格であり、世界共通のテストとなっています。

Google Analyticsの機能を理解しているのか、適切に使用することができるのか、といった習熟度を測るもので、自分の解析知識やスキルを伸ばしたい初心者にもおすすめです。

資格の有効期限は12ヶ月ですが、費用が無料なので、気軽に受験できるのが魅力です。

詳しくは公式サイトを参考にしてください。

Google AdWords認定資格

Google認定資格であり、世界共通のテストです。テストの内容は「Google 広告の基礎」の他に、検索広告、ディスプレイ広告、モバイル広告、動画広告、ショッピング広告の計6分野があります。

本認定資格を取得するには「Google 広告の基礎」理解度テストに加え、上記のいずれかの理解度テストに合格する必要があります。

詳しくは公式サイトを参考にしてください。

Webマーケティングを本格的に学ぶには?

「SEOが重視される理由」をGoogleで検索している様子

これまで資格の種類、資格取得のメリットなどを紹介してきましたが、資格とは別に本格的にWebマーケティングを学ぶにはどのとうにすべきなのでしょうか?

一番おすすめするのが「スクールを受講すること」です。資格も必要ですが学習したことを活かして稼ぐためには、その機会を自分で探す必要があります。

そのため資格だけで食べていけるようになることは、大変難しいです。短期間で学習と実践、機会を得てしっかり稼ぎたい人は、Webマーケティングスクール受講することをおすすめします。

Webマーケティングスクールでは下記のスキルが学べます。

  • ターゲットを設定し、理解する力
  • 仮説を立てる、考える力
  • 企画を立てる力
  • 実行する力、運用する力

Webマーケティングスクールでの学習は資格では得ることができない範囲までカバーしているためおすすめです。さらに一部のWebマーケティングスクールには、返金保証や転職保証、仕事紹介などの付加価値があります。ぜひ検討をしてみてはいかがでしょうか。

私が一番におすすめするのが「WEBMARKS」です。SEO対策を学びたい、フリーランスで稼ぎたい人におすすめのスクールといえます。

独学で学んでいくことは可能ですが、直接Webマーケターの人から学ぶことでWebマーケティングに必要な知識を最短で得ることができます。また毎週課題提出があるため、アウトプットすることができ実践的に学ぶこともできます。

この記事を書いた人
廣瀬真由
廣瀬真由
23歳からトレーニングを始め、25歳から本格的にトレーニングを始める。26歳から大会に初出場。22歳から事務員をしていたが、27歳の時に退職。現在はジムでトレーナーをしながらWEBMARKSで4期生としてWebマーケティングを学習中。
このライターの記事を見る
TOP