Webマーケターの需要は今後なくなる?将来性のある業界を徹底解説

8期生
黒板に書かれた文字

「Webマーケターって、今後も需要あるの?」

「Webマーケティング業界の将来性が知りたい!」

そういった方のために、Webマーケターの需要は今後なくなるのかについて徹底解説していきます。この記事を読むと、Webマーケターの需要が高いだけでなく、なぜWebマーケティング業界の将来性が明るいといえるのかが分かります。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターの需要はなくなる?

ロボット

「Webマーケターの仕事はAIに奪われる」と噂されていますが、はたして本当にそうでしょうか?結論からお伝えすると、Webマーケティングの仕事はなくなりません。Webマーケティングの仕事は人間にしか扱えない領域があり、AIによる自動化が難しいためです。

もちろん業務の一部はAIに代替されていくでしょう。しかし、すべての仕事が置き換わる可能性は極めて低いといえます。今後はAIに任せる仕事とWebマーケターが担当する仕事に二分され、より効率的にWebマーケティングが行われていくことが予測されます。

AIによって奪われる仕事

AIの台頭によって奪われる仕事は、どのくらいあるのでしょうか?野村総合研究所によると「日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に」との発表がありました。

日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に

日本における約半数の仕事がAIに奪われると予想されていますが、マーケティングは、「AIによる代替可能性が低い100種の職業」に選ばれています。また、WILL ROBOTS TAKE MY JOB? では、「マーケティングマネージャーの仕事がAIに自動化されるリスクは4%」とされています。

つまり、Webマーケターは今後もなくならない職種といえます。AIによって多くの職業が淘汰されると騒がれているなか、朗報ではないでしょうか。

AIの得意分野

AIの得意分野は、「単純作業」や「大量のデータ処理」があります。AIは機械学習や深層学習という技術を使って膨大なデータを処理し、簡単な作業をすぐに終わらせることができます。

機械学習:AIがデータのルールやパターンを発見する技術
深層学習:人間の脳の神経経路をモデルにした学習技術

たとえば、「レジ打ち」は単純作業の1つです。ユニクロでは会計時間を短縮するために、一瞬で商品をスキャンできるセルフレジを採用し、業務効率化をはかっています。読みとりの速さはRFID(電波を用いてデータを非接触で読みとる)技術を使っているためで、大量のデータ処理ができるのがAIの強みです。

AIの得意分野

  • 単純作業
  • 大量のデータ処理

AIの苦手分野

AIの苦手分野は「クリエイティブ性」や「対人コミュニケーション」があります。AIはデータにないものは理解できず、感性を求められる分野は苦手です。たとえば、「企画立案」は白紙の状態からアイディアを生みだす仕事なので、膨大なデータから合理的に答えるAIには向いていません。

また、「相手の気持ちを汲んだコミュニケーション」もAIが苦手とする分野です。商談のような重要なケースでは、相手の気持ちを察しながら交渉する必要があるため、言葉の深い意味まで理解できないAIには向いていない領域です。

AIの苦手分野

  • クリエイティブ性が求められる分野
  • コミュニケーションが必要な分野

WebマーケティングとAIは親和性が高いですが、自動化の難しい分野があるため、Webマーケターの仕事は今後もなくならないといえます。AIを敵対視するのではなく、便利なツールとして味方につけ、賢く活用することがWebマーケティングのあるべき姿と言えるでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターの需要が高い理由7選

why?と書かれた付箋

なぜWebマーケターの需要は高いとされるのでしょうか?ここでは数ある理由から7つをご紹介します。

  • 3兆円に迫るインターネット広告費
  • 動画広告の2ケタ成長
  • ソーシャル広告の高い成長率
  • Googleの増収増益
  • 企業のデジタルシフト化
  • マーケターの9割以上が人材不足を実感
  • 6割が未経験からキャリアをスタート

インターネット広告費はSNSの普及により年々上がりつづけ、2021年には広告費全体の約4割を占めるまでに成長しました。また、インターネット市場の拡大により、どの企業もデジタル分野に注力し始めていますが、圧倒的に人材が不足している状況です。

それではWebマーケターの需要が高い理由を1つ1つ解説していきます。

1.3兆円に迫るインターネット広告費

日本の多くが「成熟産業」と言われるなか、Webマーケティング業界は急成長しています。その根拠が年々上がるインターネット広告費で、2021年には2兆7,052億円に達しました。

この総計は日本の広告費全体の39.8%にあたり、マスコミ4媒体(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ)広告費の総計を初めて上回っています。

「2021年インターネット広告媒体費」解説|電通報

インターネット広告費は、2017年の1兆2,206億円から2021年には2兆1,571億円と「4年間で約176%成長」し、著しく業界が伸びています。個人のインターネット利用率の高さからも、今後はさらにマスコミ4媒体との差は広がっていくことでしょう。

2.動画広告の2ケタ成長

動画市場は5G(通信回線の高速化)の恩恵もあり、2ケタ成長をつづけています。

国内動画広告の市場調査を発表|サイバーエージェント

2021年は動画コンテンツの合間に再生される「インストリーム広告」を中心に需要が大きく伸びました。Youtubeなどの動画を視聴しているときに、途中で流れる動画広告を見た方も多いでしょう。

要因はスマホ・タブレットの普及により動画を見るプラットフォームが増えたため、次々に企業が参入したことがあげられます。また、5Gの導入によりスマートフォンでも動画がスムーズに視聴できるようになったことで、スマートフォン向けの動画広告が増大したことも要因の1つです。

サイバーエージェント社によると、2025年には動画広告市場が1兆円規模になるとされており、今後の成長に大きな期待が寄せられています。

3.ソーシャル広告の高い成長率

SNSを活用したソーシャル広告は、インターネット広告のなかでも1番の成長率(前年比134.3%)を見せています。

2021年インターネット広告媒体費

2021年のソーシャル広告費は7,640億円と過去最高を更新しました。なかでも「SNS系」が3,168億円と最も市場が大きく、これはソーシャル広告全体の41.5%を占めています。ソーシャル広告は「バズる(拡散される)」可能性を秘めているため、費用対効果はインターネット広告のなかでも随一です。

また、TikTokなどの動画コンテンツでは利用者の年齢層に広がりがみえているので、これからも新たなマーケティングが生まれつづけるでしょう。国内のSNS普及率を考慮すると、今後もソーシャル広告に力を入れる企業が増えていくことが予想されます。

4.Googleの増収増益

Googleはいわずと知れた世界一の広告企業です。「ググる(Googleで検索する)」という言葉があるように、誰もが一度は耳にしたことがある企業ではないでしょうか。Googleの親会社であるアルファベットは、2022年4月26日に2022年1〜3月決算を発表し、売上高680億ドル(*約8兆6,323億円)と前年比123.0%増でした。

2021年通期の売上高は、前年比141.2%増の2,576億ドル(*約32兆6,911億円)と過去最高を更新しています。

*レート換算=2022年5月25日現在

Alphabet1Q決算

検索エンジンの約9割はGoogleのアルゴリズムを採用しているため、検索エンジン業界では一強状態です。「検索」は日常生活には欠かせないものですので、今後もなくなる可能性は低いといえるでしょう。

業界最大手のGoogleの売上が減少しない限り、広告を扱うWebマーケターの需要はつづくと考えられます。

5.企業のデジタルシフト化

近年では従来のアナログな手法にこだわっていては、消費者のニーズには応えられません。多くの企業が生き残りをかけてデジタルシフト化(アナログ業務をデジタル技術を活用して業務効率化をはかること)に注力し始めています。

以下は、デジタルシフトの具体例です。

デジタルシフト前 デジタルシフト後 代表例
スーパー 店頭 ネット AEON
給与明細 クラウド型 Smart HR
会議 対面 オンライン Zoom
スケジュール 手帳 アプリ Googleカレンダー
印鑑 押印 デジタル印鑑 Shachihata Cloud
カスタマーサポート 電話 チャットボット ChatPlus

DXは経済産業省の推進施策になっていることや、社会全体が急速にデジタル化していることを踏まえると、今後もこの流れが止まることはありません。デジタル事業の拡大により、Webマーケティングの活性化が期待されているため、Webマーケターにとっては追い風となっています。

6.マーケターの9割以上が人材不足を実感

マーケティング人材調査では、98%のマーケターが自社の人材不足を感じていることが分かりました。特に「マーケティング戦略設計」の需要が高く、業種をとわず、中・長期的に戦略を構築できるWebマーケターが求められています。

9割以上が社内の人材不足を実感

人材不足の原因の1つに、外国人マーケターの採用が難しいことがあげられます。マーケティングはその国の文化やマーケットに精通している必要があるため、海外の優秀なマーケターであっても異文化のニーズを的確に読むことは容易ではありません。

人材不足はすぐに解消される問題ではないため、これからWebマーケターを目指す方にとっては絶好のチャンスといえます。

7.6割が未経験からキャリアスタート

Hagakure社の調査によると、Webマーケターの60.3%が未経験からキャリアをスタートしていることが分かりました。経験者採用が多いイメージのWebマーケティング業界ですが、実際は未経験の方が半数以上を占めており、意外な結果だったのではないでしょうか。

Webマーケターの働き方

Webマーケターは汎用性の高いスキルが身につきやすく、未経験からでもフリーランスとして独立することが可能です。これは習得したスキルが業界をとわず活かせるためで、フリーランスとなった後でも案件獲得で困らないことが独立への後押しとなっています。

他業種と比べ、未経験からいち早くキャリアアップできるのはWebマーケターの魅力ではないでしょうか。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターの仕事内容

黄色いペンで書かれたメモ

Webマーケティングに興味をもつと「どういう仕事をするの?」と気になる方も多いでしょう。Webマーケターの業務は多岐にわたりますが、その内容は主に3つに分けられます。

  • 集客施策の提案と実行
  • アクセス解析を行う
  • 新規顧客とリピーターの獲得

仕事を数人で分業する場合もあれば、1人ですべてを受けもつ場合もあり、企業によって任せられる範囲はさまざまです。また、事業会社Webマーケターが担当するのか、支援会社Webマーケターが担当するのかでも受けもつ領域が異なります。

企業によって仕事内容が大きく変わるということを覚えておきましょう。以下の記事で、Webマーケターの仕事内容について詳しく解説しています。

事業会社Webマーケターの仕事内容

事業会社とは、支援会社からWebマーケティングのサポートを受ける会社のことです。たとえば、Webマーケティングスクールを運営するA社と、A社のWebプロモーションを担当するB社があるとします。

この場合、自社サービス(Webマーケティングスクール)を運営しているA社は事業会社、A社のWebプロモーションを担当しているB社は支援会社となります。

事業会社:Webマーケティングのサポートを受ける
支援会社:Webマーケティングのサポートを行う

事業会社は自社商品(サービス)を組織で運営するため、上流の「マーケティングの全体像を考える」ことから、下流の「施策を実行する」ことまで幅広く携わる機会が多いです。事業会社の特徴は、長期にわたって商品に関わるため、幅広いスキルが身につきやすいことがあげられます。

支援会社Webマーケターの仕事内容

支援会社とは、事業会社のWebマーケティングをサポートする会社のことです。先ほどの例だと、WebマーケティングスクールのWebプロモーションを行うB社が支援会社です。支援会社は事業会社の商品(サービス)を個人で支援するため、特定分野を任せられる場合がほとんどです。

支援会社の特徴は、特定領域のサポートが多く、専門的なスキルが身につきやすいことがあげられます。

事業会社:幅広いスキルが身につきやすい
支援会社:専門的なスキルが身につきやすい

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターに向いてる人

ONE WAYの看板

「Webマーケターに向いているか知りたい」という方のために、Webマーケターに向いている人の特徴を7つにまとめました。

  • 論理的思考(ロジカルシンキング)ができる
  • PDCA(改善サイクル)を回すことができる
  • 人の行動心理に興味がある
  • 数字やデータ分析が好き
  • 主体的に考えて行動できる
  • 地道な仕事にもコツコツ取りくめる
  • コミュニケーション能力がある

当てはまっていたでしょうか?もしすべての特徴に当てはまらなかったとしても、心配する必要はありません。多くの方が未経験からキャリアをスタートしており、実務経験を通してWebマーケターの資質を身につけているためです。

向き不向きよりも「Webマーケティングに興味がある」ということの方が重要です。好奇心さえあればWebマーケターの資質としては十分です。逆に言えば、「Webマーケティングに関心がない」という方は、Webマーケターとしての活躍は難しいと言えます。

Webマーケターの特徴についてより詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターの平均年収

丸められた紙幣

Webマーケターの平均年収は、一体いくらなのでしょうか?求人ボックスナビによると、Webマーケターの平均年収は約507万円となっています。サラリーマンの平均値が433万円(2020年国税庁調べ)ですので、平均年収よりも70万円ほど高いことが分かります。

求人ボックス 給料ナビ

なぜWebマーケターの年収が高いのかと言うと、売上に対して直接的に貢献できるためです。Webマーケターは主に集客を担当するため、施策に対しての成果が分かりやすく、評価につながりやすいことが高収入の要因となっています。

上記データはあくまで中央値ですので、若手の方でも高いパフォーマンスを発揮できれば年収800万円以上も期待できます。業種や会社によっても年収は変わりますが、専門スキルを身につけることで年収1,000万も夢ではありません。

また、スキルを習得したWebマーケターはヘッドハンティングの機会にも恵まれるため、転職ごとに年収が上がる可能性も秘めています。企業や職種によってどのくらい年収が変わるのか知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケターのキャリアプラン3選

CARERの順に並んだ積木

Webマーケティング業界のキャリアプランは、以下の3つです。

  • 事業会社でCMOを目指す
  • 支援会社で昇進する
  • 独立してフリーランスになる

どのキャリアプランも未経験からスタートでき、転職後にスキルを磨くことで十分なキャリアアップが可能です。それでは各キャリアプランについて解説していきます。

事業会社でCMOを目指す

Webマーケターの転職で1番多いパターンが「事業会社」への転職です。事業会社は長期にわたってキャリア開発できる環境のため、CMO(最高マーケティング責任者)を目指してスキルを磨きあげることがいいでしょう。

CMOに就くことで大幅に年収が上がることや、多くの企業からヘッドハンティングされる可能性もでてきます。特にスタートアップ企業やベンチャー企業からの需要が高く、企業の黎明期から携わることで、将来のユニコーン企業(評価額10億ドル以上、設立10年未満の企業)のCMOになることも夢ではありません。

会社設立が間もない企業はもちろん、社員数1,000人を超える事業会社でもWebマーケターが不足しているため、CMOになれるチャンスは大いにあります。未経験から事業会社への転職はハードルが上がりますが、就職することができれば一連のマーケティングに携われるため、幅広いスキルを習得することが可能です。

支援会社で昇進する

未経験からWebマーケターへの転職で1番多いのが「支援会社」への転職です。支援会社は成果主義の会社が多いため、年齢をとわず成果をだせば昇進できる風土があります。年功序列の風習が古くさいと感じている方にとっては、最適な環境といえるでしょう。

実際に未経験からWebマーケターとして入社し、数年で管理職や経営層まで昇進する方は大勢います。実力次第で昇進できるのは支援会社の魅力の1つです。また、支援会社は業界とわず事業会社のサポートをするため、さまざまな業界の知見を得られることも強みです。

長期にわたって特定の業界にいると偏った施策をしてしまいがちですが、支援会社マーケターは他業界の成功事例を蓄積できるので、異なった視点から施策の提案ができるようになります。

支援会社への転職は、3つのキャリアプランのなかで最もWebマーケターになりやすく、未経験から昇進を目指せるのが特徴です。

独立してフリーランスになる

企業で経験を積むと意識するのが「フリーランス」としての独立です。Webマーケターは会社員である必要がほとんどないため、スキルを身につけることで会社からの独立が容易にできます。

年収1,000万円を達成しているフリーランスWebマーケターは増えており、会社に隠しながら独立を画策している方は大勢います。フリーランスは会社に縛られないので、人間関係に悩む必要がなく、自由に仕事を選べることが特徴です。

未経験からフリーランスになる場合は、Webマーケティングスクールを活用してスキル習得することが独立への近道です。

  • 事業会社Webマーケター:長期キャリア開発が可能
  • 支援会社Webマーケター:実力次第で昇進が可能
  • フリーランスWebマーケター:年収1,000万円が可能

3つのキャリアに優劣はないため、今後どのようなキャリアを歩みたいか、価値観や目的に応じてプランを選択するといいでしょう。キャリアプランは以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

未経験から需要のあるWebマーケターになるには

階段を上る人の足元

未経験で企業から必要とされるWebマーケターになるには、スキルの棚卸しが重要です。理由は業界によって求められるスキルが異なるためで、企業にマッチした能力をアピールすることが重要になってきます。

Webマーケティング未経験者は自身にスキルがないと思う方が大半ですが、そんなことはありません。これまで培ってきた知識や経験はWeb業界でも活かすことができ、未経験でも市場価値を高めることができます。

ここでは未経験から需要のあるWebマーケターになる方法を2つご紹介します。

  • 転職エージェントに相談する
  • Webマーケティングスクールで学ぶ

どちらを選択しても転職活動は有利に進められますので、特徴を理解しながら状況に合わせて検討してみてください。

転職エージェントに相談する

「まず何をしていいか分からない」という場合は、転職エージェントに相談しましょう。転職エージェントは転職支援のプロなので、自身でも気づかないスキルの洗いだしが得意です。

おすすめは「マイナビエージェント」「リクルートエージェント」です。2社とも転職支援の実績が豊富で求人数が多いことが特徴です。

マイナビAGENT

引用:マイナビAGENT

リクルートエージェント

引用:RECRUIT AGENT

転職エージェントのメリットは、キャリアアドバイザーとの面談を通してスキルの棚卸しができることです。求職者の多くはスキルの洗いだしができず、企業から求められている条件に対して適切なアピールができません。

募集条件にマッチしなければ企業は採用しないため、面談を通してスキルの棚卸しができるのは大きな利点といえます。また、転職エージェントでは職務経歴書の添削を行なってもらえます。

企業ウケする職務経歴書の作成は採用への第一歩ですので、添削サポートがあるのは安心材料の1つではないでしょうか。

  • 面談を通してスキルの棚卸しができる
  • 職務経歴書の添削サポートがある

一方のデメリットは、担当者によってサービスの質が変わることです。転職エージェントでは専任の担当者がサポートしますが、「態度が高圧的」「偏った求人を紹介する」といったキャリアアドバイザーは少なからずいます。

担当を替えてもらうことは可能ですが、再度面談を行うなどタイムロスが発生してしまうでしょう。

  • 担当者によってサービスの質が変わる
  • 担当者替えによりタイムロスが発生する

転職エージェントはスキルの棚卸しができるのは大きなメリットですが、担当者によって当たり外れがあるため、初めから複数の転職エージェントに相談することをおすすめします。

Webマーケティングスクールで学ぶ

未経験からWebマーケターになるには、Webマーケティングスクールの受講が1番の近道です。スクールでは最短で実践スキルを身につけられるため、未経験から即戦力として活躍することができます。

特に、これからWebマーケティングに注力したいと考えている中小企業からの需要が高く、転職を有利に進められることがメリットです。もちろん未経験者枠の採用も多いですが、スクールでスキルを習得することによって、ほかの求職者よりも好条件でキャリアチェンジできる可能性は高くなります。

また、スクール受講後に、未経験からフリーランスになることも可能です。さまざまな選択肢が増えるのは大きなメリットといえます。

  • 実践スキルを最短で習得できる
  • ほかの求職者より有利に転職できる
  • 未経験からフリーランスも可能

一方のデメリットは、受講料が高い傾向にあることです。スクールでは現役Webマーケターが講師を務めるため、授業料が高額になりがちです。長期的に見ればコストパフォーマンスは高いのですが、初期費用の高さがネックとなる方は多いでしょう。

  • 受講料が高い

Webマーケティングスクールは受講料の高さが難点ですが、受講後は即戦力として期待できるため、ほかの求職者よりも有利に転職活動を進められます。WEBMARKSでは、完全未経験からWebマーケターになりたい方への無料相談を受け付けています。

Webマーケターに興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

需要のあるWebマーケターに転職しよう

2021年にインターネット広告費がマスコミ4媒体広告費の総額を上回ったことを皮切りに、今後はさらに市場の拡大が予測されています。Webマーケターの需要は高まる一方ですが、募集の数に対して供給が追いついていない状況です。

人材不足が叫ばれている今が狙い目ですので、このチャンスを逃さないようにしましょう。「未経験だけどWebマーケターになれるか知りたい」という方は、WEBMARKSの無料カウンセリングにお問い合わせください。

現役Webマーケターがどんなご質問にも丁寧にお答えします。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

TOP