【必見】Webマーケティングのフリーランスは稼げる!必須情報を解説!

6期生

「Webマーケティングのフリーランスは稼げる!」と既に耳にしている人たちも少なくないでしょう。しかし、何の準備もせずにスタートするのは危険です。

確かにブルーオーシャンな分野かもしれませんが、知識を習得して進めて行かないと、今の時代はブルーオーシャンでも失敗してしまうことがよくあります。

こちらの記事では、Webマーケターになるための準備や仕事内容、案件の取り方までご紹介してます。失敗しない準備を整えるために、予備知識として参考にして下さい。

Webマーケティングフリーランスの仕事内容とは

日本にインターネットが登場後、20年以上が経過しております。企業においてもWeb活用が活発に行われ、社内でもWebマーケティング担当者を置かれることが多くなってきております。

しかし、Webマーケティングの担当になったものの、何を行えば良いのか分からず、社内にもWebの知識が豊富な人材がいないという声が多く聞かれております。

そんな中、企業がWebマーケティングに強い人材を確保するために、フリーランスの
Webマーケターを外部から探し仕事依頼を行うのです。

Webマーケティングはその名の通り、Webを有効活用し、マーケティング戦略を考え、実行し企業の売上アップに貢献するのが仕事となります。

主に以下が仕事内容となります。

  • SEO対策
  • 広告運用
  • コンテンツマーケティング
  • データ分析
  • SNS運用

フリーランスがWebマーケティングに必要なスキル

Webマーケティングのフリーランスが、仕事に取り組む上で必要なスキルがあります。是非こちらの記事を参考にスキルを身につけて下さい。

マーケティングの知識

Webマーケターになるためには、最低限のマーケティング知識をつけましょう。そもそもマーケティングとは、一言で言ってしまうと「売れるしくみをつくる」ということになります。

売れるしくみを実際に作るためには、「誰に」「どのような価値を」「どのように提供していくか」を戦略的に考え実行へ移す事が大切となります。まずは、マーケティングの定義を著名人や団体から理解しましょう。

企業及び他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を高めながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である

引用:日本マーケティング協会

組織と利害関係者にとって有益になるように、顧客に対して価値を創造・伝達・提供し、顧客との関係を管理したりするために行われる組織的な活動とその一連の過程である

引用:アメリカマーケティング協会

マーケティングと販売は、ほとんど正反対とも言える活動だ

引用:経営者フィリップ・コトラー

マーケティングの目的は、販売を不要にすることだ

引用:経営学者ピータードラッガー

基礎的なマーケティングの定義を理解し、マーケティングに関する初心者向けの書籍で
「マーケティンングとは何か?」についてインプットすることをおすすめします。

論理的思考力

論理的思考力とは、「物事の因果関係を筋道を立てて考える事のできる思考力」となります。Webマーケターにとって重要なスキルであり、論理的思考力ができないとWebマーケターとしてやっていくのが難しくなると言っても良いぐらいです。

Webマーケティングでは、アクセス解析データをもとに、ユーザー行動を理解し、論理的にWebサイトの成果について分析を行います。広告出稿についても、データをもとに、広告クリエイティブを筋道を立てて分析を行い、戦略的に改善をしていく必要があります。

論理的思考力は、Webマーケターにとって必須の能力ともいえるでしょう。

コミュニケーション能力

フリーランスのWebマーケターは、外部委託者としてさまざまな人材と接することとなります。

クライアント企業の担当者はもちろん、プロジェクトチームとして組まれた現場のエンジニア、デザイナー、ライター、カメラマンなど多くの人材と連携をとりながら、クライアントとの仕事を進めて行くことになります。

仕事を円滑に行っていくには、情報共有や意思の疎通をスムーズに行う事のできる力が必要です。そして、コミュニケーションを考える上で最も大切な事は「双方向である」という事を忘れてはいけません。

相手へ伝えるという事だけではなく、いかに上手に受け取れるかという観点も持っておくと、クライアントから喜ばれる存在として活躍できるでしょう。

マネジメント能力

Webマーケティングはチームで行うことが多いため、チームのマネジメントリーダーやマネージャーが存在します。Webマーケターの実績を積んでいくと、あなたもマネジメントを行う立場になるでしょう。それまでに、マネジメントの力を身につけることも重要になります。

プロジェクト全体の進捗管理や業務の振り分け、ときには部下の体調管理や精神面にも配慮が必要にもなるでしょう。

クライアントの売上を成長させるために、チームのメンバーをマネジメントし、統括リーダーとして率先してメンバーを引っ張っていける存在へと成長して行きましょう。

SEOの知識

SEO関係のサイトや本を見てても、難しい言葉が並べられていて、よく分からないという人もいるのではないでしょうか。SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、日本語にすると「検索エンジン最適化」という意味となります。

分かり易く言うと、Webサイトの内容をgoogleなどの検索エンジンに理解しやすく最適化し、Webサイトで伝えたい事をユーザーに理解しやすく届けられるように最適化することです。

検索エンジン最適化を行うとサイトが上位表示されユーザーの流入が増加することにより、クライアントの売上アップに繋がってゆきます。

したがって、検索エンジンがどのような仕組みになっているのか、どのような施策を行えば効果的に最適化されるのかを学ぶと売上に直結することが可能になるでしょう。

情報収集

Webマーケティングに関する情報は次々にアップデートされるため、早く情報をインプットする必要があります。そんな埋もれた情報の中から必要な情報や質の高い情報だけを収集する取捨選択のスキルが更に大事となります。

下記の収集方法を利用して、インプットしていきましょう。

  • Webマーケターのコミュニティーに積極的に参加する
  • 情報収集サイトを活用する
  • Webマーケティングスクールやセミナーに参加する
  • Googleアラートを利用する
  • Webデータ収集ツールを利用する

アクセス解析

アクセス解析とは、Webサイトに訪れたユーザーの行動や特性を分析した結果から、Webサイトの問題を探り、改善していく糸口を見つけだし、解決していくのが目的となります。

アクセス解析はWebサイトの課題によって、見るべき内容が変わってきます。まずは、どのような課題があるのかをあらい出し、その課題に合わせた解析を行います。

全ての領域を完璧に理解しないといけなわけではなく、よく起こる課題をしっかりと理解し学ぶ事が重要となってきます。

アクセス解析ツールは無数にありますが、特に利用されているツールを紹介します。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • Adobeアナリティクス
  • ヒートマップ

アクセス解析を学び解析スキルを身につけましょう。

その他

Webマーケティングのフリーランスに必要なスキルを簡単に説明してきましたが、その他にも、オフィスツール系スキル、ライティングスキル、広告運用スキル、SNS運用スキルなど多岐に渡ります。

情報収集でも説明させて頂いたように、取捨選択が重要となります。どの分野のWebマーケティングスキルを強みにし、クライアントに喜ばれる人材へ、どのようにスキルアップし成長して行くのかを考え学んで行きましょう。

Webマーケティングフリーランスの案件獲得方法

イヤホンを付けてオンラインで会話する男性

Webマーケティングを学んでる中で「どのように案件を獲得すれば良いのだろう?」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな悩みを解消するために、Webマーケティングをしっかりと学習した後、フリーランスとして仕事が少しでも早く獲得できるよう案件獲得方法をご紹介します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングとは、crowd(群衆)sourcing(調達)を合わせた造語になります。
仕事を発注したい企業や個人が、スキルをもっている人々(群衆)にインターネットを通じて、サービス、アイデア、コンテンツなどを取得(調達)する仕組みとなります。

よく利用されているクラウドソーシングについては、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラといったサービスがあります。

クラウドソーシングは、これからフリーランスをはじめる方の案件も多くWebマーケターとして実績を積み上げたいフリーランサーには、とても利用しやすいサービスといえます。

ただ、需要と供給のバランスが悪いこともあり、低価格なやりとりが行われている事も多く、案件単価については厳しい環境となるでしょう。初心者フリーランサーが経験の為に試してみるという考えも良いのではないでしょうか。

専門のエージェントを利用する

最もよく利用されている方法として、専門エージェントに登録し、仕事を探すというのがあります。Webマーケティングの案件を多く扱っている企業も多く、営業する手間も省けるのでストレスなく仕事を探すことが可能です。

サポート面も充実しているので、利用するのに大変おすすめの利用手段となるでしょう。無料登録を行えば、案件紹介についても無料で提供して頂けます。

案件単価についても、自ら営業で探した案件より報酬が高い場合もあり、高単価での仕事が多く見受けられます。ただし、実績が重要となりますので、できるだけ経験を積んだ後に利用するのがおすすめとなります。

下記におすすめ専門エージェントを紹介します。

  • ITプロパートナーズ
  • テクフリ
  • ランサーズエージェント
  • レバテック
  • ギークスジョブ

見込み客への直接営業

Webマーケティングフリーランスの人材が不足しているのもあり、需要と供給のバランスが良いので見込み客への直接営業も有効ではあります。しかし、方法としては精神的にも肉体的にも大変な活動となります。

営業経験があり、営業が得意な人にとっては自ら案件単価交渉ができるため、場合によっては高単価の案件を取れる場合もあります。

直接の営業先については、Web広告代理店へ連絡し、案件を卸してもらう方法がもっともポピュラーで有効な手段となるでしょう。

協業または知人経由で紹介してもらう

フリーランスにとって横のつながりはとても重要となります。

Webマーケティングを学んだスクールであったり、以前働いていた時に取引のあるクライアントであったり、フリーランス仲間を増やし、情報交換をすることで案件を増やすチャンスも巡ってくるのではないでしょうか。

SNSなどで発信する

twitterやinstegramなどのSNSを利用して情報発信するのも効果的な手段になります。
Webマーケティングの有益情報などを発信し、フォロワーを増やせばSNSでのあなたの実績がポートフォリオとなります。

経験少ないフリーランサーにとっては難しくなりますが、SNSのフォロワー数や発信内容は分かり易い指標となるので、Webマーケターの影響力を示す方法として効果的な手段となります。

Webマーケティングのフリーランス平均年収

お金と時間

フリーランスの平均年収というのは、誰しもが気になることではないでしょうか。Webマーケティングの仕事を対応できる人材が現状大変少ないのもあり、平均年収についてはどの業界よりも高額になっている状況ではあります。

ここからは、契約内容や作業期間も含めフリーランスの平均年収を紹介したいと思います。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

クライアントとの契約内容

フリーランスのWebマーケターのほとんどがクライアント企業と業務委託契約を結びます。エージェントとの取引の場合は、エージェント側の書式に沿って契約を交わすことになります。

トラブルに巻き込まれないように最低限の知識を身につけておくようにしましょう。自分自身で業務委託契約書を作成できる場合は作成することをおすすめします。

業務委託契約書について簡単にポイントを紹介します。

業務委託契約書のポイント

【報酬金の未払い】
自分の身は自分で守るためにも書き方のポイントを理解しておきましょう。

【契約の種類】
大きく分けて準委任契約と請負契約の2種類となります。準委任契約は作業工数に対して支払われる報酬となり、請負契約は仕事の完成によって支払われる報酬となります。

【仕事内容と役割領域】
役割についてはクライアントとの認識合わせを行い、しっかりと明記しておきましょう。

【報酬について】
報酬の支払い期日、交通費、備品の扱い、消費税、源泉徴収など報酬に関係してくる内容の明記は 理解しておきましょう。

【契約期間と解約条件】
契約期間は6ヶ月や1年などの契約が多いと思います。しっかりと明記しておきましょう。解約条件についても最悪なことも考え明記することをおすすめします。

【業務形態】
最近では、リモートでの業務も多くなっておりますが、出勤するケースも少なくありません。勤務地、時間、休日についても契約書に記載していることも重要となります。

【著作権】
通常著作権についてはクライアント側に移転するのですが、契約前に所有の著作権については必ず明記しておきましょう。

業務委託契約書はトラブルから自分を守る手段となります。これらのポイントをもとに更に深く学びトラブルのない契約を進めていきましょう。

仕事内容ごとにかかる期間

Webマーケティングの仕事は、Web集客とWebサイトの解析が主な内容となります。更にWeb集客の仕事は、SEO、SEM、SNS、Web広告となり、解析の仕事の場合は、動向分析、改善施策、サイト内施策となります。

仕事内容によりかかってくる期間が変わってきます。SEO、SEM、SNSの場合は、結果を判断するのには時間がかかるため、6ヶ月から1年の長期間な契約となることでしょう。

一方、Web広告については、短期間で結果が出てしまう事もあり、結果次第では3ヵ月の短期での契約になってしまう可能性もあります。

解析の仕事は、なかな結果に結びつく施策ではないので、他の仕事とセットでの依頼となり、請け負う他の仕事内容に依存するため期間は変動します。

できるだけ長期間契約の取れる仕事を請け負うのに最適なWebマーケティングの知識を学ぶという事も重要になるのではないでしょうか。

仕事内容ごとの相場と平均年収

Web集客とWebサイトの解析の仕事から、おおよその相場単価を簡単に紹介し、導き出せる平均年収を伝えたいと思います。

【Web広告】
広告費の15%~20%が一般的となります。固定で10万円~20万円の案件もあります。

【SNS運用】
月5万円~20万円と運用するSNSや工数により変動してきます。

【SEO】
月10万円~50万円と高単価なりますが、その分責任が重く求められます。

【SEM】
月30万円~150万円SEMはSEOとWeb広告両方の施策が必要な為、特に高単価となります。

【Web解析】
Web集客の仕事とセットとなり、Web解析実績も含め単価交渉をしましょう。

上記内容でだいたいの平均年収を導き出す場合、クライアントの管理できる限界が3社~5社となります。

するとWeb広告で固定の場合は平均年収600万円程、SNS運用の平均年収500万程、SEOの平均年収800万程、SEMの平均年収1000万円程。

全体の平均で考えると年収750万円程がフリーランスのWebマーケティンターの平均年収ではないでしょうか。

おすすめWebマーケティングのスクール5選

積み上げられた本

Webマーケティングの未経験から案件を獲得するには、Webマーケティングスクールで学ぶことも重要です。Webマーケティングの知識を生かし、就職やフリーランスとして活動するためにおすすめのスクール5選をご紹介します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

①Googleデジタルワークショップオンライン

Googleが無料で提供しているデジタルマーケティングを基礎から学べるサービスです。学びを進めていくことで、ITについての知識が身につき視野を広げる事ができるでしょう。

②ferret Webマーケティング講座

登録会員数37万人、月間430万PVを誇る国内最大級メディア「ferret」が運営する講座となります。Webマーケティングを「知る、学ぶ、実践する」をテーマに知識を習得し、ノウハウやツールの紹介、使い方などさまざまな情報も提供しております。

③WEBMARKSフリーランス・就職養成コース

実践豊富な現役Webマーケターから体系的に指導を受けることのできる、SEOに特化した講座です。フリーランス向け講座では、講座受講中に案件獲得されたりと、現役のWebマーケターから学ぶと今後フリーランスや就職への最短距離になるのではないでしょうか

④techAcademy Webマーケティングコース

週2回のパーソナルメンターによるマンツーマンの指導を行ってもらえるコースです。Webマーケティングの基礎とWeb広告運用を中心に学ぶ事ができる内容となっております。

マンツーマンの指導により、「わからない」「続かない」を解消し、挫折をなくし、確実に成長できるでしょう。

⑤デジプロWebマーケティングスクール

現役のWebマーケターから直接指導してもらえる、Web広告運用に特化したスクールになります。効果的な広告運用を重視したカリキュラムとなっており、実践で活用できる手法を身につけられる講座です。

未経験から直ぐにでもWeb広告代理店で働き活躍のできる講座内容となっております。

Webマーケティングフリーランスの今後

成功までのステップを示した図

結論からお伝えすると、Webマーケティングのフリーランスは将来性が高いです!これからの時代「個人」にとっては大変生きやすい時代になって行くこととなるでしょう。

インターネットの普及により、インフラが整い、大手企業が個人のフリーランスに仕事依頼がやり易くなっております。

もちろん、経費が多くかかってしまうWebマーケティング会社よりも、1人で活動しているフリーランスの方がクライアントにとって、コストが抑えられる上に、Webマーケティングの知識も豊富であれば、依頼したくなるのは当然ではないでしょうか。

更に、インターネット普及から20年以上ですが、殆どの企業ではWebマーケティングの知識が豊富な人材を確保できていないのが現状です。Webマーケティングのフリーランスとして活躍している現役マーケターも、まだまだ人材が少ない状態です。

需要に対して、供給が追いついてないというのがWebマーケティング業界なのです。現在、Webマーケティング業界は成長を続けております。

Web広告の現状を見れば分かるように、2019年Web広告費がテレビ広告費を上回り、2020年Web広告費が、2兆2290億円もの市場となっております。

今後、「新聞」「雑誌」「ラジオ」「テレビ」の4媒体全ての広告費を上回ると予想されております。このような状況を見ると、ブルーオーシャンな市場と考えて良いのではないでしょうか。

Webマーケティング業界未経験者のあなたも経験者のあなたも、Webマーケティングのスキルを成長させ学んでいくことの大切さを理解し、前進して行けば、おのずと納得のできる結果を実現できるでしょう。

 

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

この記事を書いた人
青山幸夫
青山幸夫
株式会社ipse代表 | 2014年輸入卸の婦人靴製造メーカーとして株式会社ipse設立→婦人靴以外の輸入物販も取扱し、OEM.ODM卸及び単品通販開始→Web広告運用内製化→WEBMARKSにてSEOスキルを学ぶ
このライターの記事を見る
TOP