【事実】Webマーケティング辞めたいと思われてる4つの理由

6期生
暗い部屋に置かれたパソコンやマグカップ
  • Webマーケティングの仕事内容
  • Webマーケティングを辞めたいと思ったこと
  • SEOマーケターがおすすめ

Webマーケターを辞めたいと思う理由はさまざまですが、主な理由は努力したけど成果がなかなか表れないことのようです。しかしWebマーケティングは市場での需要が高まっているため、将来性があります。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングのイメージ画像

Web上でのマーケティング活動を指します。代表的に挙げられる活動は3つあり「Web広告運用」「SEO」「Webサイトの改善」などがあります。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Web広告運用

Webサイト、SNS、スマホアプリなどに広告配信を行った結果を分析し、次のPDCAを回すための施策立案を行うことが仕事内容です。

SEO

SEO=Search Engine Optimaization の略称で「検索エンジン最適化」という意味であり、検索エンジンで上位表示させる技術です。上位表示をさせるために様々な施策を提案し、現状有効な手段としてコンテンツSEOが主流となっています。

コンテンツSEOとは良質な記事をサイトに投稿することにより、Webサイトへのアクセス増加を目的としています。

Webサイトのデータの解析と改善

Webサイトのデータ解析ツールを使いデータを解析し改善を行う仕事内容です。検索エンジンや広告を通して、Webサイトに訪れたユーザーがどのような経路でサイトにアクセスしたのかなどを分析してWebサイトの改善を行っていきます。

Webマーケティングを辞めたいと思う理由

話し合う男性2人

ここではWebマーケティングを辞めたいと思う、代表的な辞めたい理由を4つ紹介したいと思います。主な理由は4つです。

  • 成果が数字で明確に現れる
  • 苦労したのに成果が身につかない
  • 人間関係が合わない
  • 常に勉強が必要

それぞれを説明していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

成果が数字で明確に現れる

Webマーケティングは数字を取り扱うため、営業と同じような側面を持っています。売上や成果が見えることにより自分の成果がわかるため、場合によってはクライアントから責められ、辞めたいと思うケースもあるようです。

苦労したのに成果が身につかない

Webマーケティング業界には正解が存在しません。散々努力した結果、全く成果が出ないことがあります。そのため努力と成果が出ず落ち込み、辞めたい人が多くいるそうです。

人間関係が合わない

他のの職種でも共通していることですが、人間関係が合わないことがあります。たとえばなかなか結果が出ず、上司やクライアントに責められ辞めたいという気持ちが生まれるようです。

常に勉強が必要

Webマーケティング業界は常に変化をしているため、昨日まで当たり前だった知識が使えないという事態が生まれます。そのため常日頃勉強をし、柔軟に新しい知識を取り入れ対応するという姿勢が求められます。

ただでさえ仕事で忙しいのに勉強までしないといけないのは嫌だという理由で、辞めたいという人もいるようです。

Webマーケティングを辞めたいと思ったけれど続けられてる理由

パソコンでアクセス解析する男性

ここまでWebマーケティング辞めたいと思うことを4つ紹介してきました。確かに「辞めたい」と思ってる人もいますが、それと同時に「辞めたい」と一度は思ったものの、続けられてる人が多数いるようです。その主な理由は2つです。

  • Webマーケティング業界には将来性がある
  • 多様な業界で経験を積むことができる

それぞれを説明していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング業界は将来性がある

現在ネット広告市場の増加とマーケターが不足しています。今後さらにニーズが高まり市場価値が上がっていくと予想されます。Webマーケティング職は、将来的に重宝される職業になると想定されます。

多様な業界で経験を積むことができる

ネット広告市場の拡大と同時に、今までITとは疎遠であった業界もIT必須の時代になりつつあります。そのためどの業界でも選ぶことが可能であり、自分の見識を広げることができ、飽きることはないです。

Webマーケティングに向いている人

アクセス解析が表示されたパソコン

Webマーケティングに向いてる人は、以下の要素が当てはまります。

  • Webマーケティングが好きな人
  • 変化に柔軟に対応できる人
  • 独立志向がある人

それぞれを説明していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティングが好きな人

どの職業でも共通していることですが、やはりその職業が好きな人が向いています。Webマーケティングの場合は成果が出すことができれば目に見える数字で結果が出ますのでそこで喜びを見出す人が多いようです。

変化に柔軟に対応できる人

新しいもの、変化に興味ある人が向いています。Webマーケティング業界は常に変化しています。そのため昨日まで使えた知識が全く使えないということがあります。

よってその変化に適応するために常に新しい知識をインプットしアウトプットする姿勢が求められます。

独立志向がある人

Webマーケティングは独立やフリーランスになりやすい仕事です。Webマーケティングは技術職です。そのためスキルと知識を身につけてしまえば独立可能です。一人で黙々と作業をしたい人に向いています。

SEOマーケターがおすすめ

SEOの図

個人的にはWebマーケターの中でも「SEOマーケター」がおすすめです。理由は費用が関わってくるためです。

  • 広告系のWebマーケターは数字にシビアでしんどい
  • SEOマーケターは広告ほど数字にシビアではない

それでは順に説明します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

広告は数字にシビアでしんどい

広告は費用がかかってきます。費用相場は月当たりで20万から50万円程度。莫大な費用がかかってくるため成果が出ないとクライアントとの関係が悪くなることがしばしばあります。

SEOは広告ほど数字にシビアではない

SEOの費用は無料です。そのため広告ほどクライアントからのプレッシャーが強くありません。さらに広告と比べると即効性(順位に反映される速さ)が遅いため、広告ほど時間に追われることはありません。

未経験からSEOマーケターになる方法

右肩上がりのグラフ

未経験からSEOマーケターになる方法は基本的に以下の2つです。

  • Webマーケティング会社に就職する
  • Webマーケティングスクールに入校する

それぞれ順に説明していきます。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング会社に就職する

新卒の方はWebマーケティング会社に入ることをおすすめします。そこでスキル知識を身につけ、独立しフリーランスとして活躍することもできます。また副業としてブログサイトを運営するのもおすすめです。

Webマーケティングスクールに入校する

Webマーケティングスクールに通うことも一つの手です。独学で本から勉強するにも限度があるため学校に通うほうが効率が良いです。僕は現在SEO特化のWEBMARKSにて勉強中です。興味のある方はぜひ問い合わせてください。

まとめ

Webマーケティング業界にも様々なデメリットが存在します。成果が数字で明確に表れるのは、Webマーケティング業界ならではの特色の一つといえるでしょう。

しかしフリーランスが可能な業種であるため、人間関係に煩わしく感じる人にはおすすめの職業です。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

この記事を書いた人
外山淳一
外山淳一
現在倉庫にて勤務→空いた時間を利用しブログ運営を始める→SEOの重要性を知る→A8にてWEBMARKSのセルフバック広告を発見→応募したところ見事に落とされる→WEBMARKSに興味がわきWEBMARKSに入校する→現在WEBMAKSにてSEOを勉強中
このライターの記事を見る
TOP