【人生逆転】Webマーケティングは学歴不要!必須スキル獲得方法を紹介

6期生
カバンを持って歩くスーツの男性

Webマーケティング業界に転職したい、Webマーケティングのスキルを身につけてフリーランスになりたいと考えている人には、

  • Webマーケターに学歴は必要?
  • 学歴よりも重要視されるものは何?

と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。結論から先に言うと、「Webマーケティングに学歴は関係ありません」。数字で評価されるWebマーケティング業界では、学歴よりもスキルや実績が重要視されます。

学歴がない人でも、人生逆転できるチャンスがWebマーケティング業界にはあるのです。この記事ではその理由と、実際にスキルを身につけ、実績を残すにはどうすれば良いのかを徹底的に解説します。

学歴に自信がない人も、ぜひWebマーケティング業界にトライしてみてください。

Webマーケティングに学歴は不要!

スキルを中心としたマップ

まずは「なぜWebマーケティング業界において学歴が必要でないのか」について、業界のリアルな実情を交えて解説します。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

理由① 学歴では評価ができない

近年のAIやSNSの急速な変化を見てもわかるように、Webマーケティングに関するセオリーや手法も1〜2年で大きく変化します。そのため、Webマーケティングは大学で学ぶことはできません。

学歴があるからといってWebマーケティングの評価に繋がることはないのです。極端な例をあげると…

  • 高卒でフリーランス(ブロガー)として活動し、4年間で累計1500万円を稼いだ22歳
  • 大卒未経験で入社し、これからスキルを身につける必要がある22歳

この同年齢の二人では、明らかに高卒ブロガーの方がWebマーケターとして実力を備えていますし、採用されるのは明白でしょう。このように、Webマーケティングスキルの有無は学歴では評価できないのです。

理由② 業界全体が人材不足

そもそも、Webマーケティング業界は比較的新しい分野であり、常に人材不足の状態が続いています。株式会社BLAMが2020年に行った調査によると、9割以上のマーケターが自社の人材不足を感じていることがわかっています。

Webマーケティング業界の人材不足を示す図

複業・副業マッチングサービス「KAIKOKU(カイコク)」を運営するBLAMは、マーケティング業務に携わる100人を対象にマーケティング人材に関する調査を実施した。その結果、98%のマーケターが自社の人材不足を感じていることが分かった。

そのなかでも、特に「マーケティング戦略設計」(51%)担当者の不足が顕著だった。業種別に見ても、事業会社(48.4%)、代理店(57.1%)と半数近くの業種が不足していると回答しており、業種を問わず、中・長期的な戦略を構築できるマーケターの育成が課題となっている。

引用元:【マーケティング人材に関する調査】9割以上のマーケターが社内の人材不足を実感

また、日本においてIT系の人材不足は以前より課題となっており、経済産業省の調査によると2030年には最大79万人にも及ぶとされています。

Webマーケティング業界の人材不足将来予想

ITエンジニアにおいては、東南アジア諸国を中心としたIT先進国からの外国人雇用を推進する動きも見られます。しかしWebマーケティングは日本語を使用し、「日本人」に対してマーケティングを行うことがほとんどです。

そのため外国人に置き換えられる業務が少なく、今後も人材不足が続くと予想されます。高学歴・低学歴以前に、全体数が圧倒的に足りていないのです。

理由③ 範囲が広い

上記の人材不足に加え、業務範囲も非常に広いのがWebマーケティングの特徴です。Webマーケティングには主に、

  • SEO
  • 広告運用
  • SNS運用
  • LPO

などがありますが、このうち一つでも身につけることができれば、十分仕事として成立します。そしてそれぞれ専門性が高く、全てをこなせるマーケターは非常に稀です。

また、YouTubeやTikTokなど、新たなサービスが次々に登場するWeb業界において、業務の範囲は常に広がり続けています。つまりこれらに対応できる人材の新たな需要が増え続けているのです。

理由④ 実務でしか得られない実戦での力が必要

変化の早いWebマーケティング業界においては、座学よりも流行や時代の流れに乗った柔軟なアウトプットが求められます。そのアウトプットを元にPDCAを回し、改善していくのです。

このサイクルは実務でしか経験ができないので、現場で実戦を積んでこそ知識・スキルは身についていきます。

【高卒OK】Webマーケティングの求人は学歴不問多数

スーツでグッドサインをする男性

転職サイトにおける学歴不問の求人数を比較してまとめると、学歴不問の求人が多数あることがよくわかります。上記のように人材不足であることも加味すれば、学歴がなくても転職できる可能性は大いにあります。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

Webマーケティング業界の求人状況

下の表は複数の転職サイトにて、下記ので検索した際のそれぞれの求人数です。

  • 「Webマーケティング」
  • 「Webマーケティング」x「学歴不問」
  • 「Webマーケティング」x「未経験可」
転職サイト名 Webマーケティング 学歴不問 未経験可
Green 2万3718 1万3729 (57.9%) 1840 (7.8%)
doda 1417 810 (57.2%) 61 (4.3%)
マイナビ 211 151 (71.6%) 119 (56.4%)

※2021年11月現在

IT系に強いGreenにおいては2万を超える求人数があり、内半数以上が学歴不問の求人となっています。

そのほかの求人サイトも同様に、学歴不問の求人数が未経験可の求人数を大きく上回っており、学歴よりも経験が重視される傾向にあるといえます。

Webマーケターは狙い目!

Webマーケターに学歴は必要ない上、非常に人材不足の業界であり、学歴不問の求人も多く出ていることがわかったと思います。つまり、「学歴のない人にとってWebマーケターは狙い目」といえます。

学歴不要!Webマーケティングでフリーランスにも

複数の本

Webマーケターであれば会社員のみでなく、独立してフリーランスという選択肢も可能です。先述したように、Webマーケティング担当の人材を自社で確保することは、企業にとって非常に難しい状況になっています。

そのため、Webマーケティング業務をフリーランスに依頼する企業が多くなっているのです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

フリーランスのメリット

フリーランスのメリットはなんといっても、ワークライフバランスを自分でコントロールできる点です。フリーランスのWebマーケターにとってはコロナ以前からリモートワークが普及しており、場所や時間にとらわれない自由な働き方が可能な業界でした。

プライベートの時間も大切にしたい人にとって、フリーランスでのリモートワークは特におすすめです。

会社員とフリーランスの違い(年収)

Webマーケターの一般的な年収は421万円ほどと言われています。

会社員とフリーランスの年収差

対して、フリーランスの案件の相場は50~70万円/月ほどです。つまり年間で600~840万円ほどとなりますが、フリーランスの場合は税金や交通費などの経費を差し引いた額が年間の収入となります。

ただし、案件はスキルや実績に応じて変化するため、ITプロパートナーズを見ると月収90万円を超える案件も見られます。

自分のスキルとやる気次第で案件の単価は上がっていくので、会社員よりも自分の頑張りが収入に繋がりやすいでしょう。

Webマーケティングに必要なのは学歴よりもスキルや経験

パソコンに向かう男性

学歴のない人がWebマーケターとして勝ち組になるには、これからどのような点をアピールすべきか解説します。一つでも多くアピールできる材料を増やすことで、採用や案件獲得に繋がるでしょう。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

実績

言わずもがな、実績は最も評価に繋がりやすい指標です。むしろ結果が数字で出るWeb業界においては、他の業界よりも重要視されます。

これには会社員やフリーランスとしての実務経験ではなくとも、ブログの運営やSNSでの情報発信も有効です。

個人ブログでも多くのアクセスを集め少額でも利益を出せれば、実際にスキルがあることを証明できるので、効果的なアピール材料になります。

Webマーケティングスキル

上記のように数字を残すためには、スキルも重要です。自分にどのようなスキルがあり、それを使ってどのように貢献できるかのアピールが求められます。

Webマーケティングのスキルとはいっても、先述したようにその範囲は広くさまざまなスキルがありますので、まずは一つでも、プロとして仕事ができるものを身につけましょう。

資格

Webマーケティング未経験の人にとっては、実績やスキルのアピールは難易度が高いことが予想されます。

そこで、Webマーケティングに関わる資格を取得しておくことにより、Webマーケターとしての基礎知識や、ITリテラシーの高さを証明できます。

また、資格は転職の際にも本気度を表す材料になるので、未経験者の場合は特におすすめです。

その他経験値

たとえばあなたが家電量販店に勤めたことがあるなら、家電メーカーのWebマーケターとして採用されやすいでしょう。

同レベルのマーケターがいたとすると、依頼する側はより業界に理解のある方にお願いしたいと考えるのが普通です。

また、他者がしていないような独自の経験をアピールできればプラスに作用することでしょう。

”前職がタクシー運転手であることについて聞かれましたが、そこについてはタクシー運転手だからこそ潜り抜けてきた修羅場についてお伝えしました。全くWebマーケティングとは関係ない職歴の方も、前職での経験をポジティブに捉えられればハンデにはならないと思います。”
【卒業生インタビュー】タクシー運転手→Webマーケター英賀さん(男性・30歳)

学歴が関係ない業界だからこそ、あなたの経験は全て武器になります。

学歴なし・未経験からのWebマーケティングスキル獲得方法

「学ぶことをやめないで」と表示されたパソコン

学歴なし・未経験から、Webマーケティングのスキルを身につける方法を紹介します。ぜひ実践し、Webマーケターへの一歩を踏み出してみてください。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

独学するならまずはブログ運営から

ブログ運営をすることで、Webマーケティングを手軽に実践しながら学べます。年間2〜3万円ほどの低コストで始められるうえ、集客に成功すれば収益化も可能です。

経験・スキル・実績の3つを一気に手に入れることができれば、自分のポートフォリオサイトとして非常に強力なアピール材料になります。

そうなれば企業への内定やフリーランスとしての案件獲得も時間の問題でしょう。

最短距離でスキルを身につけるにはスクール受講がおすすめ

何から始めればいいか分からない人や、少しでも早く実践的な力を身につけたい人にはスクールの受講がおすすめです。

こちらでは現役マーケターの方々から直接学ぶことができるため、本やネット上からは得られない、リアルで最新の情報をいち早くインプットできます。

網羅性の高いカリキュラムは体系的に理解できるよう用意され、未経験者でもWebマーケターとしての基礎をしっかりと作れます。また、講義でインプットした内容を実践形式でアウトプットすることにより、独学よりも圧倒的に早くスキルが身につきます。

Webマーケティングに興味をもった人は無料相談も可能ですので、まずは一度お問い合わせください。3ヶ月で人生逆転できるチャンスです。

\未経験・初心者から3ヶ月でプロのWebマーケター!/

この記事を書いた人
山崎岳
山崎岳
スポーツ用品の営業マンとして入社後、BtoCのEC事業とSNSを立ち上げ運営。個々のスキルに依存したBtoBでの営業活動に限界を感じ、「より多くのユーザーに有益な情報を直接届けたい」と考え、Webマーケティングに興味を持つ。WEBMARKSのWebマーケター養成スクール6期生として副業案件獲得に向けて誠意邁進中。
このライターの記事を見る
TOP